anego

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
anego
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 吉野洋
南雲聖一
佐久間紀佳
佐藤東弥
原作 林真理子
脚本 中園ミホ
出演者 篠原涼子
赤西仁
戸田菜穂
市川実和子
山口紗弥加
山口馬木也
升毅
ともさかりえ
加藤雅也
音声 ステレオ放送
連続ドラマ
放送時間 水曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2005年4月20日 - 6月22日(10回)
プロデューサー 櫨山裕子
内山雅博
オープニング QUEENWE WILL ROCK YOU
エンディング 北出菜奈KISS or KISS
外部リンク 公式サイト
スペシャル
放送時間 水曜日21:00 - 23:09(129分)
放送期間 2005年12月28日(1回)

特記事項:
初回・最終回は15分拡大(22:00 - 23:09)。
テンプレートを表示

anego』(アネゴ)は、2005年4月20日から6月22日まで毎週水曜日22:00 - 22:54に、日本テレビ系の「水曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は篠原涼子

2005年12月28日にはスペシャルが放送された[1]

原作は林真理子の同名小説

概要[編集]

30代の独身美人OLの人生観(結婚、仕事、家事など)についての悩みを抱えつつ生きる女性たちの生き方を描いている。

ドラマ版は、主人公・野田奈央子とイケメン新入社員・黒沢明彦の心の声をテロップ表記していたり、テンポのよいストーリー展開が好評であった。平均視聴率は15.7%、最高視聴率は最終回の17.5%。

連続ドラマ放送終了後に公式サイトに続編希望の声が殺到した為、スペシャルドラマが2005年12月28日21:00 - 23:09に放送された。

ザテレビジョンドラマアカデミー賞』(2005年春クール)で、同クール『タイガー&ドラゴン』(TBS系)には届かぬものの、作品賞で2位を受賞。主演の篠原涼子は、心の声とマッチした表情や嫌味のない自然体なアネゴを見事演じ、読者票・TV記者賞・審査員票総てで1位を取り、最優秀主演女優賞を受賞した。また、黒沢役の赤西仁は微妙な表情の変化を視線の動きで見せるなど繊細な演技が評価され、読者票で1位に選ばれた。

日テレでは、2006年4月27日(木)から毎週月曜日 - 木曜日の『Dパラダイス』枠にて(15:55 - 16:53)再放送された(大阪、栃木、群馬、茨城、東京、神奈川、埼玉、千葉、山梨県のみ)。また、日テレおよびテレビ信州では2007年11月1日(木)から11月12日(月)に毎週月曜日 - 金曜日の『ドラバラZONE』枠(第1部13:55 - 14:55、第2部14:55 - 15:50)にて再放送された。

キャスト[編集]

東済商事 経営戦略部[編集]

野田 奈央子(のだ なおこ)〈32〉
演 - 篠原涼子
東済商事経営戦略部で働く入社10年目の一般職OL。1972年(原作では1971年)6月1日生まれ。
仕事振りは優秀で、阪口からの信頼も厚く、部署の女性社員たちのまとめ役。元々後輩たちの相談にも積極的に乗っており、面倒見が良い。黒沢に命名されてから、いつしか周囲はアネゴと呼ぶように。結婚への夢を持ち続けており、未だ独身だったが…。
黒沢 明彦(くろさわ あきひこ)〈22〉
演 - 赤西仁(当時:KAT-TUN
東済商事経営戦略部に配属された新入社員(アネゴの名付け親)。通称アッキー。1983年(原作では1982年)3月26日生まれ。
奈央子を慕い、それが恋心に変わり、付き合い始める。最終回ではモンゴルへ転勤になった。大学時代はラグビー部に所属していた。
加藤 博美(かとう ひろみ)〈31〉
演 - 戸田菜穂
東済商事経営戦略部所属のOL(阪口とは不倫関係)。奈央子の1年後輩で唯一の相談相手。奈央子に惚れている黒沢にいち早く気付くなど、鋭い観察力の持ち主。
立花 渡(たちばな わたる)〈29〉
演 - 山口馬木也
明彦と同時期に経営戦略部に異動してきたイケメン社員。かつて繊維部に在籍していたこともあり、女子社員からの人気が高い。付き合い始めた加奈のことで明彦に愚痴をこぼしている。
阪口 司(さかぐち つかさ)〈49〉
演 - 升毅
経営戦略部部長(出世街道まっしぐらのエリート)。奈央子のことを信頼しており、派遣社員たちをうまくまとめるよう、日々期待を寄せている。実は加藤とは不倫関係。

「ギャルズ」契約・派遣社員[編集]

長谷川 真名美(はせがわ まなみ)〈27〉
演 - 市川実和子
東済商事経営戦略部の契約社員。奈央子を慕い、相談に乗ってもらっている。
早乙女 加奈(さおとめ かな)〈24〉
演 - 山口紗弥加
東済商事経営戦略部の派遣社員。少しひねくれている性格。
中野 沙希(なかの さき)〈24〉
演 - 小西美帆
同じく派遣社員。普段は気弱で大人しいが、キレると豹変する。

沢木家[編集]

沢木 絵里子(さわき えりこ)〈30〉
演 - ともさかりえ
奈央子の後輩。旧姓:鈴木。新人の頃に仕事でミスをしてしまい、泣いているところを慰められたことがきっかけで、奈央子を慕うようになる。現在は結婚しているが、他人との距離感をうまく取ることができず悩んでおり、偶然再会した奈央子を再び頼りにし、様々な相談を持ちかける。
沢木 翔一(さわき しょういち)〈39〉
演 - 加藤雅也
絵里子の夫。絵里子を通じて知り合った奈央子と不倫の恋に落ちてしまう。経営コンサルティング会社経営。

野田家[編集]

野田 茂太(のだ しげた)〈58〉
演 - ベンガル
奈央子の父。当初は奈央子より10歳も年下の明彦を恋人とは認めなかったが、最終的には2人の結婚を承諾するまでになる。無口で厳格。
野田 厚子(のだ あつこ)〈56〉
演 - 由紀さおり
奈央子の母。「女の幸せは結婚」と考えており、夫同様に奈央子には「早く結婚して欲しい」と願っている。しかし結婚よりも仕事を選んでいる奈央子を応援するなど、一番の理解者でもある。少々天然でマイペースで社交的で楽天的な女性。

その他[編集]

数子
演 - 杉山彩子
奈央子の友達。
英子
演 - 植松真美
奈央子の友達。

ゲスト[編集]

第1話
宮本 浩一(みやもと こういち)
演 - 田中実
東済商事北京支店から東京に帰任したばかり。婚約中にもかかわらず、それを隠して合コンに顔を出し、2度目のデートで真名美に手を出した。実は入社直後の博美もヤリ逃げされた経験がある、女癖の悪い男。
第2話
溝口 敏行(みぞぐち としゆき)
演 - 金山一彦
フリーライター。
第4話
斉藤 恭一(さいとう きょういち)
演 - 神保悟志(第5話にも出演)
奈央子の見合い相手(エリート官僚)。
第5話
水沢 加世(みずさわ かよ)
演 - 板谷由夏
斉藤の元交際相手。最終的にヨリを戻す。
第7話
鈴木 里子
演 - 大川栄子
沢木絵里子の母。
第9話
河田 沙知子(かわた さちこ)
演 - 大塚寧々
翔一と愛人関係にある女性。
最終話
チカ
演 - 水川あさみ
奈央子の同居人。
坂口 百合子
演 - 木村理恵
阪口司の妻。
スペシャル
望月 幾也
演 - 吉田栄作
奈央子と語学教室で出会い交際。医師。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

連続ドラマ[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 2005年4月20日 合コンの掟…夫に短し彼氏に長し! 30路の男選びは涙モノ 吉野洋 15.5%
第2話 2005年4月27日 アネゴの正義…いい女は幸せになれない 13.8%
第3話 2005年5月04日 年下の男…人生青春デートは涙の味 南雲聖一 14.3%
第4話 2005年5月11日 結婚の条件…男を選ぶ直感と愛する才能 15.7%
第5話 2005年5月18日 プロポーズ…つのる思い・憧れの妻の座 佐久間紀佳 16.1%
第6話 2005年5月25日 甘い生活…悲願の昇進試験! 師は年下男 吉野洋 17.4%
第7話 2005年6月01日 傷心…決意の誕生日、小心者にサヨナラ 15.4%
第8話 2005年6月08日 運命の男…三度目の奇跡は偶然?禁断の恋 佐藤東弥 15.8%
第9話 2005年6月15日 罪と罰…友を裏切り笑顔失い幸せ追うの? 佐久間紀佳 14.3%
最終話 2005年6月22日 一歩前に…アネゴ的ケジメ&新たな幸せへの序章…涙の別れ 吉野洋 17.5%
平均視聴率 15.7%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

スペシャル[編集]

放送日 サブタイトル 演出 視聴率
2005年12月28日 今年の見納め! 戦略部女子大忘年会でアネゴの恋と仕事を大反省会!
ところが新たな恋人出現…Drコパの風水で、2005年駆け込み結婚の結末は…
吉野洋 11.4%

関連商品[編集]

  • anego DVD-BOX(2006年2月22日発売、バップ
  • anego DVD Vol.1〜4(2006年2月22日発売、バップ)
  • anego オリジナル・サウンドトラック(2005年6月22日発売、SME Records

脚注[編集]

  1. ^ 篠原涼子が『anego』SPで赤西仁との再会に感激”. ORICON STYLE (2005年12月28日). 2016年1月1日閲覧。
  2. ^ KISS or KISS”. ORICON STYLE. 2016年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]

日本テレビ 水曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
87%
(2005年1月12日 - 3月16日)
anego
(2005年4月20日 - 6月22日)
おとなの夏休み
(2005年7月6日 - 9月7日)