最後の弁護人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

最後の弁護人』(さいごのべんごにん ―The Last Lawyer―)とは、2003年1月15日 - 3月19日にかけ日本テレビ系列で、水曜夜10時から放送されたテレビドラマ。初回のみ15分拡大。全10話。平均視聴率11.6%。

阿部寛が13年ぶりに連続ドラマの主演を務めたドラマである。

あらすじ[編集]

不良債権の取立てを行う銀行員の石田良子は事務所開設資金を返済していない有働弁護士事務所を訪れる。しかし、有働弁護士事務所は事務員を雇う余裕さえもなくかなり厳しい状態。有働は同じ弁護士の神崎から国選弁護人の仕事を斡旋してもらい、石田らと数々の事件を解決していく。

キャスト[編集]

レギュラー出演[編集]

有働和明:阿部寛(弁護士)
有働弁護士事務所の国選弁護士。貧乏で娘持ちである。ひねくれた性格で人の優しさを素直に受け止めずに皮肉ばかりをいうも、本当はそれが楽しくてしょうがない。事務所の家賃を滞納している。沢登とは裁判でいつも対面し、ライバルのような関係だが全勝している腕利きの敏腕弁護士。国選であるため弁護士費用も低く、貧乏の原因となっている。吉野という男の過去に携わったことがきっかけで妻を殺され、娘を傷つけられた経験があり恨んでいる。ちなみに彼の亡き妻は神崎美智子の妹である。人を裁いていいのは真実であるという意思を常に貫き通し、世界中の人間から恨まれてもいいが亡き妻からは軽蔑されたくないという強い意思があり、そのことが最終回で複雑な事態を招く。
石田良子:須藤理彩(事務員)
不良債権の取立人を行う銀行員の使いっぱしり、有働弁護士事務所の取立てに行ったときに有働と出会う、彼女自身も生活に困っているため有働弁護士事務所の助手の1人目となる、有働からは『ロバ』と呼ばれているも気にしていない。小さいころから弁護士に憧れ、合コンをしょっちゅう通っていたという。有働のことは尊敬しているようだが、貧乏という点ではあまり惹かれていない様子。しかし、有働の電話番号をウドと登録している上、金持ち弁護士の結婚の話も断ったことから、多少気があると思われる。証拠を見つけるのを手伝ったりと有働の助手として重要な役目を果たしている。助手ではあるが給料をもらっているかは不明(有働弁護士事務所の家賃を払えていないところからもらっていないものと思われる。)
赤倉俊哉:今井翼(事務員)
生年月日は昭和57年10月21日[1]。バイク乗りの不良で、バイクの修理工場に勤めていた。工場長に殺人の濡れ衣を着せられるも、有働の弁護によって無罪となり、彼を尊敬(?)し、助手の2人目となる。有働からは『(手長)サル』と呼ばれ、意見がよく一致して笑う一面も見られる。正義感あふれる男で、石田とともに有働の役に立とうと努力する。有働弁護士事務所の家賃の足しにとガソリンスタンドで必死に働いている。正社員の話を持ちかけられるも、有働弁護事務所の助手活動を続けるために話を断る。彼も給料をもらっているかは不明である。
沢登圭一郎:松重豊(検事)
有働と毎回裁判所で対決する目つきの悪い検事。有働のことを名前で呼ばず『国選弁護人』と吐き捨てる。裁判では毎回、有働が始めに『弁護側は無罪を主張します』と言い、沢登が『国選弁護人!!』とあきれた顔で物申すと、有働が『有働です』と返すやりとりが見られる。容疑者(犯罪者)を醜いものだと思っており、罪名などを裁判所で述べるとき、嫌味な言いかたをする。佐野とともに有働と対するも、ドラマ上全敗している。裁判所以外では滅多に登場しない。
佐野悠美:梅宮万紗子(検事)
沢登の助手の検事。同じく裁判所以外ではあまり登場しない。有働を敵視しており、裁判所では目を見開いたような目つきで有働を睨む様子が見られる。
柴田隆介:金田明夫(刑事)
有働の担当をしているまぶしそうな顔をして話す刑事。有働と話しているときは嫌味な発言をするが、有働を気遣っての発言で、有働もそれに気づいており、笑ってごまかされている。有働にいつも裁判で争点となる助言をしているため、笹本からは敵に塩を送りすぎじゃないですか?と言われている。有働の真実が人を裁くという考えに共感した行動のため、刑事でありながら弁護士よりな言動が見られる。
笹本弘:加藤厚成(刑事)
柴田と行動する寡黙な若手刑事。有働と柴田との関係を不思議な面持ちで見守る。
岡田智弘:白国秀樹(弁護士会職員)
日本弁護士会に勤めている職員。
花岡清十郎:大滝秀治(前科132犯の大泥棒)
有働弁護士事務所に居候している前科132犯の大泥棒。有働百合に説得され、足を洗って真っ当に生きているが生活力がないため居候している。そんな百合を有働と重ねて慕っていた。酒に酔いやすく酒癖も悪い。百合を殺した吉野を恨んでいる。
神崎美智子:浅野ゆう子(弁護士会職員・弁護士)
弁護士会で、それなりに高い地位につく職員、有働百合(旧姓:神崎)の姉である。有働との実力は伯仲でドラマ上対決することはないが、向き合って裁判所で互いに争ったことはある。妹を殺した吉野を憎んでおり、その原因を作った有働をあまり良い目で見ていない。百合は有働を常に愛していたということを知ってからは妹自身の意思であったことを知り、有働に徐々に心を開いていく。

他、セミ・レギュラーとして渡辺火山(裁判長)など

ゲスト出演[編集]

第1話(1月15日放送)
第2話(1月22日放送)
第3話(1月29日放送)
第4話(2月5日放送)
第5話(2月12日放送)
第6話(2月19日放送)・第7話(2月26日放送)
第8話(3月5日放送)
第9話(3月12日放送)
最終話(3月19日放送)

スタッフ[編集]

楽曲[編集]

主題歌
Baby don't cryhiro
エンディングテーマ
『嘘のない歌』MILKRUN

サブタイトル[編集]

各話 サブタイトル 視聴率
第1話 無罪か有罪か!?被告を信じ弱者を守る型破り熱血弁護人登場 13.6%
第2話 少年は何を見た!?命をかけた涙の目撃証言 11.9%
第3話 三つの事件と手首の包帯の謎涙の逆転裁判 11.6%
第4話 10秒の空白?裁判が暴く密室トリック! 9.6%
第5話 実母が子を殺した?日本中が敵の壮絶裁判 12.2%
第6話 私は殺される…裁判中に消えた証人の謎 8.9%
第7話 娘殺しの真犯人は!?証言台に落ちた父の涙 11.0%
第8話 愛人を殺された弁護士VS妻を殺された弁護士 12.3%
第9話 怨まれた弁護人…少年に恋人を殺された女 13.0%
最終話 涙の裁判!依頼人は我が妻殺しの憎き男 11.9%
平均視聴率11.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

脚注[編集]

  1. ^ 第一話の逮捕状から。


外部リンク[編集]

日本テレビ 水曜22時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
サイコドクター
(2002年10月9日 - 12月18日)
最後の弁護人
(2003年1月15日 - 3月19日)
新・夜逃げ屋本舗
(2003年4月16日 - 6月25日)