ギネ 産婦人科の女たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギネ 産婦人科の女たち
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2009年10月14日 - 12月9日(9回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 岩本仁志
久保田充
本間美由紀
原作 岡井崇ノーフォールト
脚本 大石静
プロデューサー 西憲彦
久保田充
渡邉浩仁(AXON)
出演者 藤原紀香
上地雄輔
松下由樹
オープニング leccaMy measure
エンディング RYTHEM「ツナイデテ」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は15分拡大(22:00 - 23:09)。
テンプレートを表示

ギネ 産婦人科の女たち』(ギネ さんふじんかのおんなたち)は、2009年10月14日から12月9日まで日本テレビの『水曜ドラマ』(毎週水曜日22:00 - 22:54・JST)で放送された日本のテレビドラマ。主演は藤原紀香。初回は22:00 - 23:09の15分拡大。

概要[編集]

深刻な危機にある日本の産婦人科の現状をテーマに、過酷な状況下で奮闘する産科医の姿を描いている。

原作は岡井崇の小説『ノーフォールト』。このドラマでは、原作者であり現役産婦人科医でもある岡井、及び所属する昭和大学病院の産婦人科医有志が手術シーンの医事指導を担当している。

ギネとは[編集]

医師の間で産婦人科医のことを業界用語で「ギネ」と呼んでいる、英語では産婦人科医のことを「Obstetrician&Gynecologist」と呼ぶことに由来している(正確には、Obstetricianは産科医、Gynecologistは婦人科医のことを指す)。

キャスト[編集]

聖修大学医学部附属病院[編集]

医師[編集]

柊 奈智
演 - 藤原紀香
聖修大学医学部附属病院・産科医。冷酷かつ無口で感情表現が乏しく、同僚医師のみならず妊産婦に対しても笑顔を見せたことがない。医師としての腕は高く、上司である君島からも高く評価されているが、患者を助けることに焦点を置きすぎて暴走することも多い。その為、病院長始め同僚の医師に問題児扱いされている。一人息子を育てるシングルマザーでもあり、柊隆弘は元夫。息子思いで、仕事が忙しく息子との時間がとれないことを気にする良き母親であり、息子に対しては優しい表情や笑顔を見せる。
玉木 聡
演 - 上地雄輔
新人産科医。実家は産婦人科医院。指導医は奈智だが、何も教えてくれず、話しかけてもろくに返事もしない彼女に不満を持つ。奈智が冷静さを失った直後から、医長の君島が指導医となる。喫煙者。助産師の木村明子と関係を持っていたが、えりなと付き合い始める。海外留学の話を機に婚約するが、自身の教授昇進と奈智の退職を天秤とした人事を病院長より言い渡された君島を心配し、支えとなり君島の元で学びたいと留学を辞め病院に残る意思をえりなに伝えるが意見が合わず、えりなと別れ婚約も解消し病院に残る。
嶋 えりな
演 - 本仮屋ユイカ
新人産科医。嶋院長の娘。真面目な性格で、現場で色々なことを学ぼうと積極的な姿勢を見せる。海外留学を希望している。玉木と付き合い始め海外留学の話を機に婚約するが、病院に残りたい玉木と意見が合わず、婚約解消し1人海外留学へと旅立つ。
桧口 涼子
演 - 板谷由夏
産科医。えりなの指導医。奈智とは対照的に明るく気さくな性格で、新人の聡やえりなにも優しく接する。精子研究を専門としており、研究目的に精子提供を求めて、玉木を始めとした同僚医師に声をかけている。自身の妊娠・出産年齢を気にしており、将来の妊娠・出産に備え20代の時の自身の卵子を凍結保存している。
藤木 敦士
演 - 近藤芳正
医局長。奈智の暴走に頭を悩ます。最終話で青森の大学病院の産婦人科教授となる。
須佐見 誠二郎
演 - 國村隼(スペシャルゲスト)
産婦人科主任教授。実は、顧問弁護士の瀬川一代と恋人関係にある。一代の妊娠発覚を機に結婚するが、一代に進行した卵巣がんが見付かる。精密検査の結果、一代のがんは手術して治療しても5年生存率は30%の診断。一代に生きていてほしいと、子供は諦め一刻も早く治療を始めるよう説得する。しかし、自身の治療より妊娠継続を強く希望する一代に説き伏せられまた、一代の意思を尊重し妊娠継続に賛同する。一代の看病に徹する為、教授職を退官する。
榎原 浩史
演 - 中村橋之助(特別出演)
婦人科医長。優しく穏やかであるが、奈智の暴走や言動に対しては厳しい顔を垣間見せる。君島始め同僚や部下よりの信頼は厚い。奈智が冷静さを失った直後、奈智の処遇に悩む君島を見かねて、自身が統括する婦人科教室に奈智を引き取り指導医となる。左利き。十八番の曲は「鬼のパンツ」で、よく口ずさんでる。君島の同期でもあり、奈智のことで頭を悩ます君島を影ながらに支える。須佐見の退官に伴う君島の教授昇進の話が出た際、迷う君島に自分が准教授となり支えになるからと教授昇進を受けるよう説得する。
君島 紀子
演 - 松下由樹
産科医長。奈智の直属の上司。奈智の暴走に常に頭を悩ます。奈智の産科医としての腕は認めているものの、妊婦や胎児の命を救うことに対してストイック過ぎる姿勢を苦々しく思っており、もっと周りのことも考えるよう厳しく注意する。産科医としての人生を選択し、自身の妊娠・出産を断念した。須佐見が一代の看病の為に教授職を退官した際、嶋病院長より奈智の退職を条件に准教授を飛び越しての教授昇進を持ち掛けられ返答に悩むが、最終的には奈智を退職させずに教授に昇進する。

病院関係者[編集]

瀬川(須佐見) 一代
演 - 内田有紀
病院の顧問弁護士。かつてはヤクザだったため、背中に青い龍の刺青がある。病院の負担やリスクの軽減を重視しており、そのやり方を改めるよう奈智に迫る。実は、須佐見と恋人関係にあり妊娠の発覚を機に結婚するが、同時に進行した卵巣がんが見付かる。自身の命より子供の命を優先し妊娠継続を希望するが、一代に生きてもらいたい須佐見より中絶を勧められる。最終的には須佐見を説き伏せ、自分の意思を貫き出産する。 

徳本家[編集]

徳本 美和子
演 - 西田尚美
奈智の患者。帝王切開の手術を受けた後、血液が固まりにくい「フォン・ビルブランド病」という遺伝子異形による血液病のため、術後に容態が急変し、大量出血により死亡する。
徳本 慎一
演 - 八嶋智人
美和子の夫。桧口とは、高校時代の同級生。「おかずの徳本」を経営している。帝王切開により長男を出産した美和子が、術後に急死する。主治医である奈智と病院側より納得する説明が受けられず、また、奈智から主治医としての責任逃れと受け取れる発言を聞き、奈智と病院を相手に医療訴訟を起こす。
徳本 優美
演 - 吉田里琴
徳本家の長女。フォン・ビルブランド病を患っている。母親の死亡後より笑わなくなる。

その他[編集]

玉木にアプローチし関係を持ったが、玉木がえりなと付き合い始めた為振られる。

口調も振る舞いも男っぽい。

奈智の元夫。離婚後も奈智と息子のことを気にかける。母親である奈智が仕事に忙しい為、息子を心配し奈智に夜勤を辞めるよう忠告する。

奈智の一人息子。母親を尊敬している。

切迫早産で長く入院する妊婦。病院内の事情にも詳しい。

聖修大学医学部附属病院長。えりなの父親。問題を起こす奈智をお荷物扱いし、病院を辞めさせたいと考える。

ゲスト[編集]

第1話
第2話
第3話
第5話
第7話
第8話

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 2009年10月14日 誕生と死 岩本仁志 14.8%
第2話 2009年10月21日 緊急帝切 久保田充 11.6%
第3話 2009年10月28日 狂乱出産! 岩本仁志 11.1%
第4話 2009年11月04日 母体急変 久保田充 12.1%
第5話 2009年11月11日 過失の烙印 岩本仁志 12.2%
第6話 2009年11月18日 奈智の転機 久保田充 09.5%
第7話 2009年11月25日 逆転の法廷 本間美由紀 11.8%
第8話 2009年12月02日 ギネの資格 久保田充 09.5%
最終話 2009年12月09日 命…希望 岩本仁志 12.7%
平均視聴率 11.7%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

日本テレビ 水曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
赤鼻のセンセイ
(2009.7.8 - 2009.9.9)
ギネ 産婦人科の女たち
(2009.10.14 - 2009.12.9)
曲げられない女
(2010.1.13 - 2010.3.17)