升毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ます たけし
升 毅
本名 升 毅
別名義 升 たけし
生年月日 (1955-12-09) 1955年12月9日(63歳)
出生地 日本の旗 日本・大阪府
身長 180 cm
血液型 O型
職業 俳優ナレーター
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1975年-
配偶者 あり
著名な家族 升ノゾミ(娘)[1]
ますあや(姪)[2]
所属劇団 NHK大阪放送劇団(過去)
劇団五期会(過去)
売名行為(1985年 - 1991年)
劇団MOTHER(1991年 - 2002年)
事務所 ケイファクトリー
公式サイト ケイファクトリー公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
沙粧妙子-最後の事件-
ショムニFINAL
仮面ライダーアギト
インディゴの夜
デカワンコ
35歳の高校生
素敵な選TAXI
あさが来た
映画
八重子のハミング
テンプレートを表示

升 毅(ます たけし、1955年12月9日 - )は、日本俳優ナレーター東京都出身。ケイファクトリー所属。劇団MOTHER主宰(2002年解散)。箕面自由学園卒業。近畿大学商経学部卒業。身長180cm、体重71kg。

略歴・人物[編集]

1955年、東京都に生まれる。大阪で小学校1年、2年1学期を過ごす。その後、小学2年生2学期に東京都中野区立若宮小学校に転入。半年間中野区に住むが、ひばりが丘団地(西東京市)に引っ越す。しかし、学校は転校したくなかったため電車通学をしていた。中野区立若宮小学校を卒業後、再び大阪へ引っ越す。その後、吹田市立高野台中学校、箕面自由学園中学校・高等学校高等科卒業、近畿大学商経学部卒業。

1975年NHK大阪放送劇団付属研究所に入所してデビュー[3]。その後、大阪に拠点を置く劇団五期会に所属。

1980年大阪演劇フェスティバルにて新人賞受賞

1985年立原啓裕牧野エミ(当時は牧野恵美)らと、「売名行為」 を結成。複数の作家によるオムニバス方式でコントを披露していた。1991年、「売名行為」を解散、新たに「劇団MOTHER」を結成し、2002年の解散まで主宰・座長を務めた。

生瀬勝久みやなおこ古田新太羽野晶紀山西惇らと『現代用語の基礎体力』『怒涛のくるくるシアター』『ムイミダス』『未確認飛行ぶっとい』等のバラエティ番組に出演した事で、関西圏で人気を獲得して東京に本格的に進出。

1995年、『沙粧妙子-最後の事件-』での猟奇的な演技で関東圏でも役者として成功。

東京都出身であるが、中学時代に大阪の学校に転校した[4][出典無効]。全国区になっても関西に愛着を持つ反面、滅多に関西では仕事はしない[注 1]

料理の腕はプロ級(『タモリ倶楽部』の料理系企画で頻繁に登場)。嫌いな食べ物は椎茸。

東京出身=巨人ファンという世間の考え方を嫌っているために、家族全員が巨人以外のセ球団のファンとなっており、自身は中日ドラゴンズのファン。

娘は劇団「黒色綺譚カナリア派」に所属する女優・升ノゾミ[1]。姪はモデルのますあやで、2015年オリックス・バファローズT-岡田と結婚した[2]

2017年、映画『八重子のハミング』で長編映画初主演[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

BSスカパー![編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 12人の入りたい奴ら(1997年)
  • 一郎ちゃんがいく。(1998年・2003年)
  • こどもの一生(1998年)
  • 止まれない12人(1998年)
  • 人間風車(2000年)
  • ロング・ディスタンス(2002年)
  • 検察側の証人(2002年)
  • 浪人街(2004年)
  • エドガーさんは行方不明(2004年)
  • 世界の中心で、愛をさけぶ(2005年)
  • 魔界転生(2006年)
  • 地獄八景・浮世百景(2007年)
  • ザ・ヒットパレード〜ショウと私を愛した夫〜(2007年)
  • ガブリエル・シャネル(2009年、2010年)
  • マイ・フェア・レディ(2010年)
  • ガブリエル・シャネル(2011年)
  • リーディングプレイ朗読劇「約束」(2012年)
  • 一郎ちゃんがいく。(2014年)
  • コルトガバメンツ(2014年)
  • カラフト伯父さん(2015年)
  • GS近松商店(2015年9月 - 10月、大阪 新歌舞伎座[13]
  • アルカナ・ファミリア シリーズ(2016年 - 2018年)

ネットドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし下述したとおり、『風のハルカ』『ヤ・ク・ソ・ク』『素敵な選TAXI』など、大阪の放送局が制作したドラマには出演しているが、収録は朝ドラなど一部を除きほとんどが関東圏で行われている[独自研究?]
  2. ^ はるき悦巳原作の中編漫画が原案のドラマ。太川陽介主演。NHK大阪製作。
  3. ^ タイトル中「ゲームの」に二重取り消し線が入るのが正式表記。

出典[編集]

  1. ^ a b わかぎゑふ脚本・演出 升毅主演『一郎ちゃんがいく。』が再演”. シアターガイド (2013年9月2日). 2014年2月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月25日閲覧。
  2. ^ a b T―岡田結婚!お相手は美女モデル・ますあや、俳優升毅のめい”. Sponich Annex (2015年3月25日). 2015年3月25日閲覧。
  3. ^ 一郎ちゃんがいく。”. G2プロデュース (2003年). 2014年1月25日閲覧。
  4. ^ 開運!なんでも鑑定団』より
  5. ^ a b “夫婦愛が胸を打つ、佐々部清監督作予告完成 主題歌は谷村新司「いい日旅立ち」”. 映画.com. (2016年9月4日). http://eiga.com/news/20160904/11/ 2016年9月5日閲覧。 
  6. ^ おもな登場人物(キャスト)”. BS時代劇 小吉の女房. 日本放送協会. 2019年1月31日閲覧。
  7. ^ 伊藤歩“異色刑事”役で民放連ドラ初主演 相棒は小池徹平”. ORICON (2015年6月5日). 2015年6月5日閲覧。
  8. ^ E-girls・石井杏奈が吹奏楽女子に ドラマ『仰げば尊し』キャスト発表”. ORICON (2016年6月11日). 2016年6月13日閲覧。
  9. ^ 真矢ミキ“黒蜥蜴”VS渡部篤郎“明智小五郎” 乱歩の名作ドラマ化”. ORICON STYLE (2015年11月20日). 2015年11月20日閲覧。
  10. ^ “WOWOW『沈まぬ太陽』第2部 長塚京三、陣内孝則ら豪華俳優陣が出演”. ORICON STYLE. (2016年5月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2071301/full/ 2016年5月8日閲覧。 
  11. ^ 中野裕太主演「もうしません!」秋公開、うだつの上がらないDJが映画作りに奮闘”. 映画ナタリー (2015年8月12日). 2015年10月1日閲覧。
  12. ^ “映画「ラストコップ」に吉沢亮、加藤雅也、升毅が出演、メイキング映像公開”. 映画ナタリー. (2017年3月3日). http://natalie.mu/eiga/news/223144 
  13. ^ 観月ありさ×鄭義信の舞台「GS近松商店」9月27日上演決定”. 映画.com (2015年5月4日). 2015年5月7日閲覧。
  14. ^ 踊る大宣伝会議(略)Season2”. ネスレシアター. 2015年10月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]