催眠 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
催眠
HYPNOSIS[1]
監督 落合正幸
脚本 落合正幸
福田靖
出演者 稲垣吾郎
菅野美穂
音楽 蓜島邦明
主題歌 Saju「deep inside」
撮影 藤石修
製作会社 東宝TBS
配給 東宝
公開 日本の旗 1999年6月5日
上映時間 109分[注釈 1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 8億5000万円[2]
(1999年度邦画7位)[注釈 2]
テンプレートを表示

催眠』(さいみん)は、1999年に公開された日本映画松岡圭祐の小説『催眠シリーズ』の映画化。映画の続編として2000年TBSテレビドラマ版が放送された。

概要[編集]

やや理知的で催眠を真面目に考証した原作と異なり、異常な事件が起こるサスペンスホラー映画として製作される。 ヒロインの入絵由香は特に大幅に変更され映画『リング』シリーズの山村貞子のような描写も登場する。監督は世にも奇妙な物語シリーズなど多くのドラマを演出してきた落合正幸が担当しているが、ドラマ版では担当していない。

あらすじ[編集]

東京都内で奇妙な自殺による変死事件が多発する。死亡者はいずれも「緑の猿」という謎の言葉を残していた。刑事の櫻井孝典は心理カウンセラーの嵯峨敏也に捜査の協力を求める。捜査を続けていると、エセ催眠術師の実相寺則之に捕らわれた入絵由香という女性が「緑の猿」に怯えていることがわかる。 やがて、由香と事件の調査が進む内に嵯峨は自分が底知れない恐怖に襲われることになる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

  • 催眠 - TBSで放送されたテレビドラマ版

関連イベント[編集]

お化け屋敷

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 書籍『ゴジラ画報』では、「1時間52分」と記述している[1]
  2. ^ キネマ旬報では配給収入8億円、邦画9位となっている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b ゴジラ画報 1999, p. 227, 「催眠 サイミン」
  2. ^ 大高宏雄付録 日本映画1990-1999配収ベスト10」 『日本映画逆転のシナリオ』WAVE出版、2000年4月24日、251頁。ISBN 978-4-87290-073-6https://books.google.co.jp/books?id=JKFtAAAACAAJ&redir_esc=y&hl=ja 
  3. ^ 「1999年日本映画配給収入」『キネマ旬報2000年平成12年)2月下旬号、キネマ旬報社、2000年、 154頁。

参考文献[編集]

  • 『ゴジラ画報 東宝幻想映画半世紀の歩み』(第3版)竹書房、1999年12月24日 (原著1993年12月21日)。ISBN 4-8124-0581-5 

外部リンク[編集]