震度0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
震度0
著者 横山秀夫
発行日 2005年7月15日
発行元 朝日新聞社
ジャンル ミステリー
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 410
コード ISBN 978-4-022-50041-0
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

震度0』(しんどゼロ)は、横山秀夫による日本小説2007年WOWOWドラマWで映像化された。

内容[編集]

1995年1月17日阪神・淡路大震災が発生した。同じくして、某県警察署では警務課長である不破の失踪事件が起きた。上司で野心家の冬木は、県警最高幹部6人で捜索を協議する中、叩き上げの藤巻は、警務課内だけで事件を解決しようとする冬木より先に真相をつかもうとしていた。やがて不破が若い女性と会っていたこと、失踪に4年前の県議選や逃亡中の殺人犯と関係がありそうなことなどが分かってくる。出世、退職後の天下り先など、6人の男達の思惑が絡み合う中、不破の失踪は思いがけない方向へ転がり始める。

登場人物[編集]

冬木優一
県警のナンバー2で人事を預かる警務部長。知的だが野心家で警察庁長官を目指すキャリア。

テレビドラマ[編集]

WOWOWのオリジナルドラマ製作プロジェクト・ドラマWの作品として製作された。主演は上川隆也、監督は水谷俊之。横山の別の著作『ルパンの消息』も同じ主演・監督で2008年に映像化されている。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]