誘拐 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
百谷泉一郎 > 誘拐 (小説)
誘拐
著者 高木彬光
発行日 1961年
発行元 光文社
ジャンル 推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
前作 破戒裁判
次作 追跡
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

誘拐』(ゆうかい)は、高木彬光の長編推理小説。百谷泉一郎弁護士シリーズの代表作。雑誌『宝石1961年昭和36年)3月号から7月号にかけて連載され、8月に光文社より単行本化された。

概要[編集]

本作は、百谷泉一郎弁護士と明子夫人のシリーズとしては通算3作目にあたり、結婚後の物語としては2作目にあたる。ただし、2作目『破戒裁判』が書き下ろしで発表されたのは1961年の6月なので、両者の結婚後の描写が最初に掲載された作である[1]

本作の誕生にはかなりの苦渋と難航のあとが見られる。前年の秋から数か月、連載予告が掲載されていたが、果たせず、「愚作を書くつもりで初めては」という江戸川乱歩の励ましによって、ようやく筆をとることができた、という。その際に作者の念頭にあったのは、犯人を「彼」と記述するアイデアのみであった[2]

本作発表の前に、高木彬光は雅樹ちゃん誘拐殺人事件の審理を、初回をのぞいて毎回傍聴している。この事件は1960年5月16日に発生したもので、この種の捜査とマスコミ報道のありかたに大きな波紋を投げかけた。作品の「第一部」で「彼」が傍聴している裁判は、この事件をモチーフに描かれている[3]。そのため、本作は、誘拐事件を扱ったものであると同時に、法廷小説の側面も見せている。

あらすじ[編集]

戦史マニアの「彼」は、犯罪を計画していた。その参考となる事例として、木村事件という現実の「誘拐」事件があり、犯人逮捕によって失敗に終わったその事例から、「彼」は自分の犯罪への教訓を得ようと、毎回裁判傍聴に通うことにした。

期せずして、目黒区駒場町の井上家にて八歳の一人息子が誘拐される。井上家は金融業を経営しており、誘拐された子供は、井上雷蔵と、年の離れた後妻、妙子との息子、節夫であった。早速捜査本部が設置され、犯人からの電話の探知が行われるが、その中で井上家のさまざまな問題が発覚してゆく。犯人逮捕の最大のチャンスが、身代金引き渡しの瞬間とにらんだ捜査陣は、その瞬間を狙おうとするが、偶然に近いような僥倖が犯人に味方し、出し抜かれてしまう。

新進気鋭の弁護士、百谷泉一郎はあるきっかけで、この事件に関与するようになる。事件解決のために、泉一郎・明子夫妻のとった奇抜な手段とは、そして、誘拐事件の真相とは?

登場人物[編集]

  • 「彼」…戦史マニアで、犯罪を計画している。
  • 木村繁房(山本五郎)…30歳。誘拐事件を目論見、失敗して逮捕され、裁判にかけられている。
  • 井上雷蔵…67歳。「井上金融」という金融業を営んでいる。
  • 井上妙子…33歳。雷蔵の後妻。
  • 井上節夫…井上雷蔵・妙子の一人息子
  • 井上卓二…雷蔵の腹違いの弟。
  • 島崎光子…井上家の女中。妙子の妹。
  • 島崎もと子…妙子・光子の母親。
  • 広津保富…光子の婚約者。百谷の友人。
  • 河守良夫…「井上金融」の社員。
  • 谷岡友義…「井上金融」の社員。身代金運送役。
  • 朝比奈隆一…雷蔵の秘書。
  • 丸根(米村)欽司…雷蔵・卓二の再従兄弟。「井上金融」の金を横領して、解雇される。
  • 岡山敏雄…建築設計家。欽司の友人。
  • 丘たみ子…岡山敏雄の恋人の一人。犯人の罠にかかる。
  • 原浩一…画家。欽司の友人。妙子の友人でもある。
  • 浦上正太郎…「電話魔」。
  • 時田英子…雷蔵の愛人。
  • 水野志津子…雷蔵の愛人。
  • 森山敏孝…警視庁の捜査一課長。
  • 榎本詮三…警視庁の捜査一課の警部補。
  • 宮下刑事
  • 菊池刑事
  • 深谷刑事
  • 加田刑事
  • 須藤刑事
  • 加藤刑事
  • 矢田部刑事
  • 千葉刑事
  • 今井刑事
  • 百谷泉一郎…弁護士。運命論者。
  • 百谷明子…旧姓大平。兜町で「女将軍」の異名を持つ。愛称は「ペリ」。
  • 島源四郎…「東邦秘密探偵社」[4]の調査部長。
  • 丹下辰夫…弁護士。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同様の例としては、江戸川乱歩の『魔術師』が『講談倶楽部』誌連載中に、『黄金仮面』の連載が『キング』誌で始まり、後者の方に明智小五郎の開化アパートの住居の描写が先に掲載された、というのもある。
  2. ^ 角川文庫『誘拐』解説、1973年、文-夏樹静子
  3. ^ 光文社文庫『誘拐』解説、1994年、文-山前譲
  4. ^ 作品によっては、「東京秘密探偵社」になっている(『破戒裁判』など。初登場作『人蟻』や七作目『脅迫』では『誘拐』と同じ。)。