天国のスープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

天国のスープ』(てんごくのすーぷ)は、ノンフィクション作家の松田美智子による長編小説である。2007年に、文藝春秋から刊行された。2008年10月にはWOWOWの「ドラマW」で映像化された。

概要[編集]

特許事務所で働くOLの結子は、姉が残した一枚の絵を手掛かりに「幻のスープ」を求めて、毎日レストランを訪ねて歩いていた。ある日、スープの評判に期待を膨らませ、亮介が働くレストランを訪れる。

テレビドラマ[編集]

2008年10月19日に、WOWOWの「ドラマW」で放送された。平成20年度文化庁芸術祭参加作品。

キャスト[編集]

特許事務所で働くOL。
レストラン「マルミット」の雇われシェフ。
結子の姉。
結子の母。
レストラン「マルミット」のマダム。
レストラン「マルミット」のオーナー。
結子の同僚。
亮介の元妻。
ビストロの店長。
亮介の義父。

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]