出口のない海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
出口のない海
監督 佐々部清
脚本 山田洋次
冨川元文
原作 横山秀夫
製作 久松猛朗
製作総指揮 迫本淳一
出演者 市川海老蔵
音楽 加羽沢美濃
主題歌 竹内まりや返信
撮影 柳島克己
編集 川瀬功
制作会社 松竹
製作会社 「出口のない海」フィルムパートナーズ
配給 松竹
公開 日本の旗 2006年9月16日
上映時間 121分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 7億3760万円[1]
テンプレートを表示

出口のない海』(でぐちのないうみ)は、横山秀夫の同名小説を原作とした、日本映画作品。太平洋戦争時、回天特別攻撃隊で出撃した若者の姿を描く。監督佐々部清2006年9月16日に公開された。画角はビスタビジョン、音響はドルビーデジタル

戦闘場面をほとんど描かずに主人公らの繰り広げるドラマをメインとする。

ストーリー[編集]

甲子園の優勝投手・並木浩二は、大学進学後に肩を痛めて自慢の速球が投げられなくなり、「魔球」と名付けた新しい変化球の完成に復活をかける。しかし、太平洋戦争勃発。並木をとりまく状況は日ごとに激しさを増していく。日本軍は、ガダルカナル島をめぐる日米の攻防戦に敗れてから、敗戦への坂を一気に転がり落ちていった。

昭和18年10月、ついに学生の徴兵猶予が取り消され、並木は学徒出陣する。愛する家族や友、そして恋人と別れて海軍に志願する並木。そこには彼と同じく、大切な人たちを守るために戦うことを決意した若者たちがいた。日本の敗色が日に日に濃厚になっていくなか、海軍は“回天”を兵器として採用する。敵艦に体当たりして自らの命と引き換えに戦果を得る、定員1名の回天に搭乗して究極の任務につくことを、並木を始め多くの若者たちが自ら望むのだった。けれども彼らの胸に迷いや怒り、悲しみが微塵もないわけではない。若者たちを乗せた潜水艦は海へと潜り、そして遂に出撃の時が訪れる。

登場人物[編集]

スタッフ[編集]

原作本との相違点[編集]

  • 物語が、現代(2006年)ではなく並木が初出撃したときのイ号潜水艦が攻撃される場面から始まる。
  • 並木が故障した経緯が記されていない。
  • 沖田が超がつくほどの脇役になっている。変わって原作本ではかなりの脇役であった伊藤が格上げされている。
  • ボレロのマスター、剛原、小畑の影が原作と比べて非常に薄い。
  • 原作の最初と最後の剛原と北の重要な会話シーンがない。
  • 原作では並木達の所属は“A大学”で、“明治大学”では無い。

備考[編集]

  • 映画公式サイトでは、主人公の並木浩二が白い詰襟(夏服としての軍服)を着ているシーンがあるが、本編では浩二が白い詰襟軍服を着ているシーンは存在しない。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ちなみに、山口放送はテレビ朝日系列ではなく日本テレビ系列である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「2006年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2007年平成19年)2月下旬号、キネマ旬報社2007年、 184頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]