冨川元文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

冨川 元文(とみかわ もとふみ、1949年2月11日 - )は、愛知県出身の脚本家である。

略歴[編集]

多摩美術大学彫刻科卒業。小学校教師(墨田区立横川小学校。教え子に絵本作家の塚本やすしがいる。)をしていたが、1978年『親切』でNHKの第3回創作テレビドラマ脚本懸賞公募に入選して翌年ドラマ化され、32歳の時にフリーの脚本家となる。3年後の1982年に大河ドラマ峠の群像』の脚本に抜擢された。1991年、『二本の桜』『結婚しない女たちのために』で第10回向田邦子賞受賞。1994年、芸術選奨新人賞放送部門受賞。2001年文化庁新進芸術家在外研修員としてトルコに留学。

主な作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'88』 日本放送出版協会、1988年、116頁。 
  2. ^ 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'88』 日本放送出版協会、1988年、112頁。 
  3. ^ 日本放送協会放送文化研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'91』 日本放送出版協会、1991年、154頁。 
  4. ^ 日本放送協会放送文化研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'95』 日本放送出版協会、1995年、191頁。