柳島克己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

柳島 克巳(やなぎじま かつみ、1950年 - )は、日本撮影監督(カメラマン)。日本映画撮影監督協会(JSC)会員。所属フリー。

来歴・人物[編集]

岐阜県出身。東京写真専門学校卒業。もともとはスチール写真家志望であったが、当時通っていた学校の友人の勧めで三船プロダクション撮影部に入社し、1981年に退社。撮影助手時代はカメラを倒すなど最低の評価を下されていたという[1]。その後、仙元誠三らの下で撮影助手としてキャリアを重ね、1987年にドラマ『あぶない刑事』で撮影監督に昇進、1989年には『cfガール』で劇場作品デビュー。その後『その男、凶暴につき』、『HANA-BI』を除いた北野武監督作品の撮影を担当。

2002年、『GO』で第25回日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞、2004年、『座頭市』で第27回日本アカデミー賞を最優秀撮影賞を受賞。

2011年東京芸術大学大学院映像研究科(映画専攻)の教授に就任。

撮影現場ではスタッフなどから「ジミー」と呼ばれている。

主な撮影作品[編集]

映画[編集]

OV[編集]

テレビドラマ[編集]

受賞歴[編集]

  • 第12回(2002年度)東京スポーツ映画大賞・撮影賞
  • 第25回(2002年度)日本アカデミー賞・最優秀撮影賞
  • 第27回(2004年度)日本アカデミー賞・最優秀撮影賞
  • 第33回(2009年度)日本アカデミー賞・優秀撮影賞

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スタッフインタビュー | 日活 - 2013年3月18日閲覧。