永遠の時効

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永遠の時効」(えいえんのじこう)は、『小説すばる』(集英社)2006年3月号に掲載された、横山秀夫による日本の短編推理小説。『第三の時効』と同じ「F県警強行犯係」シリーズ。アンソロジーには収録されているが[注 1]、著者名義の単行本には未収録である。

2014年6月25日中村俊介主演でテレビドラマ化された。

テレビドラマ[編集]

横山秀夫特別企画 永遠の時効」として、2014年6月25日にテレビ東京水曜ミステリー9」にて放送された。同枠で横山の作品が映像化されるのは初めてである[1]TBSテレビでテレビドラマ化された『第三の時効』と同じく、舞台は山梨県警察となっている。

キャスト[編集]

山梨県警察
その他

スタッフ[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『名探偵の奇跡―最新ベスト・ミステリー』(2007年9月 光文社カッパ・ノベルス〉)に収められている。

外部リンク[編集]