山田昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 昌(やまだ まさ、1930年(昭和5年)5月12日 - )は、女優愛知県常滑市出身、知多市新舞子在住。劇団「劇座」代表。夫は俳優天野鎮雄

来歴[ソースを編集]

知多半島の常滑市で生まれ、19歳までそこで過ごした。1949年(昭和24年)にNHK名古屋放送劇団に入団。1985年(昭和60年)に劇団「劇座」の結成と付属俳優養成所の「名古屋劇塾」の設立に参加した。

NHKの『銀河テレビ小説』シリーズではNHK名古屋制作ドラマの主演女優を務め、そして、1989年(平成元年)から東海テレビが全国放送の2時間ドラマとして制作した『名古屋嫁入り物語』シリーズでは毎回植木等と共に花嫁の両親役を務め、名古屋弁女優として全国に知られるようになった。名古屋を舞台としたテレビドラマなどに多く出演する機会に恵まれたため、山田は汚くない言葉を選ぶよう心掛けた。必ずしも本来の名古屋弁ではないことは本人も承知しており、「放送用名古屋弁山田流家元」と名乗っている。

朗読劇「この子達の夏」を大森暁美長内美那子高田敏江柳川慶子山口果林のメンバーと共に、23年続けている。広島・長崎で原爆を落とされた時、何を思い何をしていたかその時の体験者・遺族の方々の話を忠実に伝承…二度と戦争をしてはいけない!と平和の大切さを訴えている。

主な出演作品[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

受賞歴[ソースを編集]

  • 1982年(昭和57年)名古屋市芸術賞特賞
  • 1992年(平成4年)愛知県芸術文化選奨
  • 1998年(平成10年)松原英治・若尾正也演劇賞

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]