回天記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
回天記念館正面
地図

回天記念館(かいてんきねんかん)は、山口県周南市大津島にある旧回天搭乗訓練員の宿舎跡に立てられた記念館。1968年開館。

概要[編集]

回天は、太平洋戦争中に開発された、人間が搭乗する魚雷型の特攻兵器である。回天の搭乗員宿舎、訓練施設、組み立て施設は、戦後、アメリカ軍により破壊され、山の中腹にあった宿舎跡は、当初、馬島小学校が建てられ、1965年までは同小学校がここにあり、当時すでに校庭に慰霊の回天碑があり、毎年ここで慰霊祭が挙行されていた。小学校が、海のそばのもと回天の組立工場跡地を整地して、そこに新校舎ができ、そこに1966年に移転。

1962年(昭和37年)3月21日、東京都杉並区高円寺の根津会館における回天関係者の会合の席で、元回天特別攻撃隊司令官長井満によって回天顕彰会の設立が発議され、同年7月20日に発足した。同会は出光興産などの協力を得て、馬島小学校跡に回天記念館を創立、1968年11月20日に開館した。[1]。搭乗員の遺書、軍服、写真、遺書など約1,000点を展示。開館当初の館長は、高松工。敷地内に回天碑、鐘楼、復元した回天模型があり、入り口までのエントランスには、亡くなった搭乗員らの一人ひとりの名前を刻んだ墓碑が並んでいる。周囲は桜の木が多数。1995年にリニューアルされた[2]

運営は周南市で、条例上の名称は周南市回天記念館[3]

アクセス[編集]

  • 徳山駅みなと口から徳山港まで徒歩5分。徳山港から馬島港までフェリー44分、高速船18分(共に大津島巡航が運行)。馬島港から回天記念館まで徒歩10分。

脚注[編集]

  1. ^ 会報「特攻」第82号 (PDF)”. 特攻隊戦没者慰霊顕彰会. p. 9 (2010年2月). 2016年12月20日閲覧。
  2. ^ 「人間魚雷」の回天記念館 自治体の仲間 2006年9月号 Vol.394”. 日本自治体労働組合総連合 (2006年9月). 2015年4月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月31日閲覧。
  3. ^ 周南市回天記念館条例”. 周南市 (2013年6月13日). 2018年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度59分36秒 東経131度43分2.6秒 / 北緯33.99333度 東経131.717389度 / 33.99333; 131.717389