駐在刑事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
駐在刑事
著者 笹本稜平
発行日 2006年7月27日
発行元 講談社
ジャンル 警察小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 308
コード ISBN 4-06-213504-3
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

駐在刑事』(ちゅうざいけいじ)は、笹本稜平による日本推理小説のシリーズ。2014年寺島進主演でテレビドラマ化された。

取り調べ中に容疑者が自殺したことで、警視庁捜査一課から青梅署水根駐在所へ左遷された警察官が主人公の物語。

シリーズ一覧[編集]

登場人物[編集]

江波敦史(えなみ あつし)
青梅警察署水根駐在所所長(警部補)。
南村陽平(みなみむら ようへい)
警視庁捜査一課刑事(巡査部長、のち警部補)。
加倉井国広(かくらい くにひろ)
警視庁捜査一課管理官(警視)。
池原健市(いけはら けんいち)
池原旅館の主人。
池原孝夫(いけはら たかお)
池原旅館の跡取り息子。
内田遼子(うちだ りょうこ)
図書館司書 水根在住。
真紀(まき)
水根ストアの一人娘。

テレビドラマ[編集]

駐在刑事
ジャンル 刑事ドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
BSジャパン
監督 皆元洋之助
原作 笹本稜平
『駐在刑事』シリーズ
脚本 田子明弘
出演者 寺島進
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
第1 - 3作
(水曜ミステリー9〈第2期〉)
放送時間 水曜 21:00 - 22:48(108分)
放送期間 2014年4月2日 - 2015年9月16日(3回)
エンディング エンディングテーマを参照
外部リンク 水曜ミステリー9
第4作
(水曜エンタ・水曜ミステリー9)
放送時間 水曜 21:00 - 22:48(108分)
放送期間 2016年12月14日(1回)
エンディング エンディングテーマを参照
外部リンク 水曜エンタ・水曜ミステリー9
第5作
放送時間 金曜 20:00 - 21:48(108分)
放送期間 2017年10月13日(1回)
外部リンク 駐在刑事スペシャル
連続ドラマ
放送時間 金曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2018年10月19日 - 12月7日[1]
外部リンク 金曜8時のドラマ
テンプレートを表示

2014年からテレビ東京BSジャパン共同制作の2時間ドラマで放送されているシリーズ。主演は寺島進。番組宣伝では「奥多摩駐在刑事」と表記される場合もある。

第1作から第3作までは『水曜ミステリー9(第2期)』枠で、第4作は『水曜エンタ』枠の『水曜ミステリー9』で放送された。 第5作は『駐在刑事スペシャル』(2時間)として『金曜8時のドラマ』枠の時間帯を拡大して放送された。 2018年10月19日から12月7日まで『金曜8時のドラマ』枠(1時間)で連続ドラマ化された[1][2]

キャスト[編集]

警察関係者[編集]

江波敦史
演 - 寺島進[3][4]
経歴:警視庁捜査一課刑事 → 奥多摩警察署水根駐在所駐在員 階級は警部補。
以前は捜査一課の刑事だったが、永田キヨ殺人事件の重要参考人である中瀬由紀子を取り調べ中に死亡させてしまい[注 1]、その責任を負い水根駐在所に左遷される。当初は捜査一課への未練があったが、水根の町や住民と接するうちに気に入ってしまった。
駐在所で、愛犬「プール」(演:豆三郎[5])を飼っている。
加倉井国広
演 - 北村有起哉
警視庁捜査一課の管理官。警視。幼少期に加倉井家の特別養子になる。緒方の素性を知っている。
緒方綾乃
演 - 黒木瞳
経歴:警視庁捜査二課理事官(第5作[6]) → 警視庁奥多摩警察署署長 警視。(連続ドラマ[7]
警視庁捜査二課No.2の理事官を務め、その後連ドラ版で奥多摩署の署長として赴任。
実は死んだ中瀬由紀子の姉で江波を憎んでいたが、実際の黒幕が他に居ると気づき警察手帳を返上して姿をくらます。最終回で黒幕が大曾根だと知って発砲するが、江波が盾になった事で殺人を侵さずに済む。大曾根が自害して一連の事件が解決した後に自身も逮捕され服役した。
緒方ひかり(連続ドラマ)
演 - 山口まゆ
緒方綾乃の娘で高校生。実母は中瀬由紀子
軽部翔平(連続ドラマ)
演 - 佐藤寛太
警視庁のキャリアで奥多摩警察署署長補佐として赴任した新米刑事。実際の警察には署長補佐という役職は存在せず、署長の下は副署長である。最終回では緒方の後任として署長に就任した。
金沢公之
演 - 梨本謙次郎
経歴:警視庁奥多摩警察署刑事(第3作) → 警視庁捜査一課刑事(第4作・第5作、連続ドラマ)
輪島義男(連続ドラマ)
演 - 山口祥行
警視庁捜査一課刑事。
石川博康
演 - つまみ枝豆(第1作・第2作・第4作・第5作、連続ドラマ)
警視庁奥多摩警察署刑事。
南村陽平
演 - 鳥羽潤(第1作・第2作)、中尾明慶(第3作 - 第5作)
警視庁捜査一課刑事で江波の後輩。連ドラ版は登場せず。
署長
演 - 山上賢治(第2作・第4作)
警視庁奥多摩警察署署長。緒方の前任者。

奥多摩町の人々[編集]

内田遼子
演 - 笛木優子[8](第2作 - 第5作、連続ドラマ)
奥多摩水根図書館の司書で山岳ガイド。
池原美也子に誘われて「水根旅館」の休み処の女将も務める(連続ドラマ)。
池原孝夫
演 - 鈴之助[9]
山岳ガイド。
池原美也子
演 - 市毛良枝
老舗「水根旅館」の女将で孝夫の母親。
沢井真紀
演 - 小林星蘭[10]
水根ストアの娘。
沢井啓太郎(連続ドラマ)
演 - お宮の松
水根ストアの店主で真紀の父親。
沢井ふたば(連続ドラマ)
演 - 玉野るな
真紀の妹。
沢井宗助(連続ドラマ)
演 - 湯川颯
真紀の弟。
小宮山勇人(連続ドラマ)
演 - 眞島秀和
祖父の地盤を受け継ぎ奥多摩地区から国会議員に当選して国土交通副大臣を務め、地元の奥多摩にリニア新幹線工事にともなう残土処理場の建設を進めていた。
事務所で銃で頭部を撃ち抜かれた遺体で警備員に発見される[ep 1]。大曾根に命じられた葛城に殺害された。
葛城竜蔵(連続ドラマ)
演 - 本宮泰風
小宮山の私設秘書で大曾根の刺客。最後は岩淵に刺殺される。
荒木静香(連続ドラマ)
演 ‐ 村井麻友美
大曾根家の家政婦。
大曾根喜八郎(連続ドラマ)
演 - 伊東四朗(特別出演)
自然を愛して水根に移住した住人だが、政界のフィクサーという顔も持っている。最終回で毒を仰ぎ、自ら命を絶った。

永田キヨ殺人事件の関係者[編集]

中瀬由紀子
演 - 杉本彩
殺された永田キヨから金を借りていたホステスで、事件の重要参考人として加倉井国広が出頭させた。江波が取り調べを担当した際、休憩でタバコを吸った際に死亡した[注 1]。大曾根宅で家政婦をしていた。
中瀬時雄(連続ドラマ)
演 - 矢柴俊博
中瀬由紀子の再婚相手。娘のひかりに、幸せにしてやれなかったことを詫びてトランクルームの鍵を託した[ep 2]。その後、駐車していた車の中で、青酸化合物による中毒で死亡した状態で発見される[ep 1]
岩淵真一(連続ドラマ)
演 - 長谷川朝晴
中瀬由紀子が服毒自殺した事件を追うフリーのジャーナリスト。
重村和幸
演 - 本宮泰風(第1作・第2作)
元暴力団構成員で闇金融の取立屋。永田キヨから債務者たちへの取り立てを依頼される。
山崎正司
演 - 山口祥行(第1作・第2作)
重村の弟分で、江波が左遷されてから奥多摩で転落死体となって発見される。
永田キヨ
演 - 内田尋子[11](第1作・第2作)
闇金融の社長で、第1作の2か月前に何者かにより刺殺される。

ゲスト[編集]

2時間ドラマ[編集]
第1作「奥多摩渓谷 殺意の夜想曲」
第2作「奥多摩山荘・復讐の哀歌 過去から届いたメッセージ」
第3作「奥多摩渓谷 断罪の狂詩曲 過去からの脅迫者」
第4作「奥多摩渓谷に響く悲しき子守唄!」
第5作『駐在刑事スペシャル』
  • 山村正義(槍ヶ岳で遭難死した前サンレイ副社長) - 冨家規政
  • 山村由里(槙野の娘、山村の妻、アウトドア用品メーカー「サンレイ」社長秘書) - 国生さゆり[6]
  • 槙野喜一郎(サンレイ社長、慶践会病院入院患者) - 品川徹
  • 羽川雄一(サンレイ副社長) - 飯田基祐[32]
  • 三田和浩(浩樹の父、槍ヶ岳で遭難死した登山家) - 東根作寿英
  • 三田友美(浩樹の母、和浩の妻、花屋店員) - 紺野まひる
  • 三田浩樹(中野少年山岳会のメンバー) - 小林喜日[33]
  • 権藤則夫(サンレイ社員、レジャースポット「サンレイの森」の計画責任者) - 大浦龍宇一[32]
  • 清宮秋彦(木工職人) - お宮の松
  • 慶践会病院医師 - 加藤一裕
  • 慶践会病院看護師 - 重城サエ[34]
  • 江波敦史におんぶで自宅まで送ってもらったおばあちゃん - 小池澄子
連続ドラマ[編集]
第1話
  • 恩田ゆり子(水根診療所の看護師) - 瀧本美織
  • 松永吾郎(水根診療所の医師) - 松田悟志
  • 氷川康男(「八王子建設」現場監督) ‐ 西ノ園達大
  • 中西要(「八王子土木建設」作業員) - 松本実
  • 加山幸三(「八王子建設」作業員) ‐ 内村遥
  • 増子良次(「八王子建設」作業員) ‐山本龍二
第1話・第7話
第2話
  • 田所孝一(誘拐された息子の父親、半導体技術で特許を取った技術者) - マギー
  • 田所好美(誘拐された息子の母親) - 中原果南
  • 田所陽平(田所夫妻の息子) - 歸山竜成
  • 田所チヨ(陽平の祖母) - 吉田幸矢[35]
第3話
  • 神月沙代(奥多摩出身の女優、遼子の同級生) - 中島亜梨沙
  • 山上美智男(元高校教師、沙代の恩師) - 岩松了
  • 有馬保(沙代の担当マネージャー) - 笠原秀幸
  • 宮崎祐司(沙代の所属する芸能事務所社長) - 阪田マサノブ
  • 早川六郎(旅行会社社長、沙代の元夫) - 高杉瑞穂
第4話
第5話・第6話・第7話
  • 小田切司(警視庁刑事部長) - 升毅
第6話・第7話
第7話
  • 橋場秀一(警視庁捜査一課刑事、小田切の部下) - にわつとむ

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

2時間ドラマ[編集]

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督
水曜ミステリー9
1 2014年04月02日 奥多摩渓谷 殺意の夜想曲[46] 「駐在刑事」 石原武龍 皆元洋之助
2 2015年04月15日 奥多摩山荘・復讐の哀歌
過去から届いたメッセージ
「尾根を渡る風 駐在刑事」 石原武龍
早野円
3 09月16日 奥多摩渓谷 断罪の狂詩曲
過去からの脅迫者
「駐在刑事」
「尾根を渡る風 駐在刑事」
田子明弘
水曜エンタ
4 2016年12月14日 奥多摩渓谷に響く悲しき子守唄! 「駐在刑事」
「駐在刑事 尾根を渡る風」
田子明弘 皆元洋之助
ドラマ特別企画(金曜8時のドラマ枠拡大)
5 2017年10月13日 駐在刑事スペシャル 「駐在刑事」
「駐在刑事 尾根を渡る風」
田子明弘 皆元洋之助

連続ドラマ[編集]

主題歌:山崎まさよし「アイムホーム」

各話 放送日 サブタイトル[47] 脚本 監督 視聴率
第1話 2018年10月19日 奥多摩が舞台の人気シリーズ遂に連ドラ化
絶景の渓谷に変死体!? カーブする凶器⋯
22kmの林道を使った驚愕の山岳トリックに人情派の駐在が挑む
田子明弘 皆元洋之助 10.1%[48]
第2話 10月26日 奥多摩で凶悪誘拐!
死亡率75%の緊急事態 キャンプ場包囲せよ
小林義則 8.1%
第3話 11月02日 奥多摩の秘湯で完全犯罪!
隙間9㌢の窓…密室トリックを暴け
入江信吾 8.2%
第4話 11月09日 奥多摩で転落事件!
15m崖下に謎の花束…幻ルートの罠を暴け
田子明弘 鈴木統
第5話 11月23日 奥多摩で謎の毒殺!
住民90人で川を大捜索 奇跡の証拠はワナ!?
小林義則
第6話 11月30日 奥多摩署長が殺人!?
空白の117分! 駐在を襲う暴走トラック!
元村次宏  
最終話 12月07日 激流7万トンの殺人ダム!
11時55分の謎!? さらば…奥多摩駐在
小林義則  
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
テレビ東京 金曜8時のドラマ
前番組 番組名 次番組
警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜
THIRD SEASON
(2018年7月20日 - 9月14日)
駐在刑事
(2018年10月19日 - 12月7日)
記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜
(2019年1月18日 - <予定>)

脚注[編集]

  1. ^ a b 当初は服毒自殺をはかったと思われていたが、葛城が中瀬時雄をそそのかして毒を渡して殺害した
  2. ^ 2016年9月放送(テレビ東京)の「湊かなえサスペンス~望郷」以来のカメオ出演
  3. ^ 2018年10月以降はBSテレビ東京

出展[編集]

  1. ^ a b “黒木瞳、寺島進主演ドラマ『駐在刑事』レギュラー出演”. ORICON NEWS. (2018年9月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2119336/full/ 2018年9月14日閲覧。 
  2. ^ “寺島進、初の地上波連ドラ主演 テレ東「駐在刑事」でオフィス北野“最後の仕事””. スポーツニッポン新聞社. (2018年8月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/11/kiji/20180810s00041000442000c.html 2018年8月11日閲覧。 
  3. ^ 寺島進 (2014年). “寺島進の「月刊 てらじま便り」第10回:「駐在刑事」に変身!撮影秘話の巻”. シネマトゥデイ. 2015年4月2日閲覧。
  4. ^ 地上波連続ドラマ初主演“寺島進、地上波連続ドラマ初主演 『駐在刑事』10月期“金8”で放送”. ORICON NEWS. (2018年8月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2117405/full/ 2018年10月20日閲覧。 
  5. ^ 豆三郎 - アニマルプロ株式会社
  6. ^ a b ゲスト主演“黒木瞳、「久しぶりに拳銃を持った」刑事役 寺島進主演『駐在刑事』ゲスト出演”. ORICON NEWS. (2017年9月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2097717/full/ 2017年10月1日閲覧。 
  7. ^ レギュラー出演“黒木瞳、寺島進主演ドラマ『駐在刑事』レギュラー出演”. ORICON NEWS. (2018年9月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2119336/full/ 2018年10月20日閲覧。 
  8. ^ プロフィール - オスカー電子カタログ
  9. ^ DATA - トライストーン・エンタテイメント
  10. ^ プロフィール - テアトルアカデミー
  11. ^ プロフィール - スターダス・21
  12. ^ 4月2日のドラマを観て下さい。 - 山崎未花ブログ 2014年3月31日
  13. ^ 鷲尾昇 - Twitter 2014年4月1日
  14. ^ プロフィール - オフィス北野
  15. ^ テレビ東京 水曜ミステリー9『駐在刑事2』 - 夛留見啓助オフィシャルブログ 2015年4月10日
  16. ^ プロフィール - エンズプロモーション
  17. ^ プロフィール - 黒板七郎 OFFICIAL SITE
  18. ^ 『駐在刑事2』出ます - 嶋田久作ブログ 2015年4月11日
  19. ^ プロフィール - スカイアイ・プロデュース(アーカイブ)
  20. ^ プロフィール - テアトルアカデミー
  21. ^ プロフィール - オフィス松田
  22. ^ プロフィール - グリーンメディア
  23. ^ プロフィール - グリーンメディア(アーカイブ)
  24. ^ 瀧マキ - Instagram
  25. ^ プロフィール - シュルーモデルエージェンシー
  26. ^ 出演情報です!「奥多摩駐在刑事4」 - 山村美智オフィシャルブログ 2016年12月14日
  27. ^ プロフィール - ステージ
  28. ^ タンタンとユンユン - 鈴木福オフィシャルブログ 2016年12月14日
  29. ^ 中山忍 - Twitter 2016年12月13日
  30. ^ 緒方有里沙 - Twitter 2016年12月14日
  31. ^ 緒方有里沙 - Twitter 2016年12月14日
  32. ^ a b “駐在さん”寺島進、黒木瞳と対立!? 「駐在刑事スペシャル」放送決定”. cinemacafe.net (2017年9月22日). 2017年10月28日閲覧。
  33. ^ プロフィール - クラージュキッズ
  34. ^ プロフィール - グリーンメディア
  35. ^ 宝井プロジェクト
  36. ^ allcinema:早野円
  37. ^ 協同組合映画監督教会:皆元洋之助
  38. ^ allcinema:皆元洋之助
  39. ^ allcinema:諸橋邦行
  40. ^ allcinema:橋本かおり
  41. ^ allcinema:中川順平
  42. ^ allcinema:山鹿達也
  43. ^ allcinema:濱谷晃一
  44. ^ テレビドラマデータベース:上川栄
  45. ^ allcinema:阿部真士
  46. ^ 寺島進演じる駐在所長・江波が巧妙な山岳トリックに挑む!『水曜ミステリー9』”. モデルプレス (2014年4月2日). 2015年4月2日閲覧。
  47. ^ 該当各日 『読売新聞』 テレビ欄
  48. ^ “駐在刑事:初回視聴率10.1%で“快挙”の好発進 寺島進の地上波連ドラ初主演作”. MANTAN WEB. (2018年10月22日). https://mantan-web.jp/article/20181022dog00m200038000c.html 2018年10月22日閲覧。 

参照話数[編集]

  1. ^ a b 連続ドラマ第6話
  2. ^ 連続ドラマ第5話

外部リンク[編集]