ハンドク!!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンドク!!!』は、TBS系列で2001年10月10日 - 12月12日まで放送されていたテレビドラマである。平均視聴率12.6%。

近代的な医療システムを持っているSMH(杉田玄百記念病院)を舞台に4人の研修医狭間一番(長瀬智也)、小島道子(内山理名)、如月恵(真中瞳)、高野誠(佐々木蔵之介)の青春と成長を描く。“ハンドク”とは、半人前のドクターの略。

登場人物[編集]

SMHの研修医(ハンドク)たち[編集]

狭間 一番 - 長瀬智也TOKIO
あることがきっかけで医者を目指すようになった元池袋のギャング。ブラックジャックと浅香唯に憧れている。SMHの医療に真っ向から衝突しては騒動ばかり起こすトラブルメーカーだが、医療に対して人一倍強い信念を持つ熱い半人前ドクター。毎々新聞とねり東店に下宿をしている。SMHの面々からは「バカイチ」と呼ばれている。
小島 道子 - 内山理名
SMHの研修医。性格は真面目な優等生タイプで、小学校時代から学級委員や生徒会長などをやってきた。高校時代に、一子の提唱する医療システムに共感、憧れて医者になった。教師の母と二人暮し。子供の頃の虐待トラウマで極端な男嫌いであるが、狭間一番には心を開く。
如月 恵 - 真中瞳
SMHの研修医の一人で、才色兼備の帰国子女。キサラギ電気の社長令嬢で、何でも手に入り満たされて育った分、人生に手ごたえがないと感じている。性格はクールでニヒル。SMHの院長の新堂一子とは愛人関係であったが、その後結婚。一度は子供を下ろすことも考えたが、SMHで命の尊厳を知り、1児を出産する。
高野 誠 - 佐々木蔵之介
SMHの研修医。6浪して医学部に入り、現在31歳。実家が開業医でお金持ちのボンボン。高級外車や携帯電話を何台も保有し、ブランド品にも詳しい。一番には常にいじられており、トイレに顔を突っ込まされたり採血の練習台にされたりお金をせびられたりしている。

SMHの上司たち[編集]

新堂 一子 - 沢村一樹
SMHの医院長。病気を治すことには興味はあるが、人を救うことには興味がない。才能はあるが医療に対するモラルに欠けているとの理由で日本の医学界から追放された過去を持つが、アメリカでは心臓移植の分野で高く評価された。SMHの院長就任後は「神」と自称し、日本の医学界への復讐を企んでいる。
杉田 イネ - 野際陽子
SMHの理事長。SMHの医院長だった夫の死をきっかけにSMHを一新しようと新堂を招き病院の方針を一任して以来、決定権のほとんどを奪われ隠居状態。清濁併せ呑むタイプであるが、医療のあるべき姿を常に考えている。実は、問題児である一番の最高の理解者でもある。
高石 かつ枝 - 岡本麗
SMH第二外科病棟の婦長。美人だが独身。愚痴は多く人に厳しいが、組織に楯突く勇気はない。

SMHの外科医四天王[編集]

財前 八郎 - 半海一晃
狭間一番の研修を担当している外科医。外科医部長の座を虎視眈々と狙っているが、病院のシステムに馴染めないでいる。家族思いのマイホームパパで、5人の子供がいる。四天王で唯一の非・東大卒。
浪越 秀丸 - 矢島健一
小島道子の研修を担当している外科医。優等生タイプの道子の担当医であることに安堵している。
片桐 徳洲 - 佐藤二朗
如月恵の研修を担当している外科医。
山田・ベン・桂子・ケーシー - 今江冬子
高野誠の研修を担当している外科医。6浪した高野とは同年齢。

毎々新聞の人々[編集]

坂口 信幸(ノブ) - 二宮和也
一番のギャング時代の舎弟分。一番が下宿する毎々新聞とねり東店で新聞配達をしながら生計をたてている。理由はというと、取次店の店長の妻である美幸に惚れているからで、名前を呼ぶ時ですらド緊張してしまうほどベタ惚れしている。身寄りのない一番とは兄弟のような関係。
平川 美幸 - 堀つかさ
毎々新聞とねり東店店長の妻[1]で女子大生、一番のことが好きで「イッチ」と呼んでいる。
平川 竹男 - 保積ペペ
毎々新聞とねり東店の店長で、美幸の夫。

その他[編集]

浅香 唯 - 浅香唯
狭間一番のあこがれの唯(浅香唯)ちゃんの夢を見ると毎回現れる。
森 まさみ - 氏家恵
SMH第二外科病棟の眼鏡をかけた看護婦。高野のストーカーをしている。
山口 ももこ - 田口理恵、桜田 じゅんな - 宮本麻弥
SMH第二外科病棟の美人看護婦。高野にたびたびナンパされるが態度は冷たい。
石山 - 佐藤康恵
新堂の秘書。
筑前 哲一郎 - 升毅
ジャーナリスト。SMHを取材しに来る。
筑前 正一郎 - 郭智博
筑前哲一郎の息子で、SMHに入院をしている。何かとハンドクたちに挑発的である。
小島 晴子 - 山口美也子
小島道子の母親。道子を虐待した父親にたびたび会っている。

ゲスト[編集]

第3話
西 亨 - 竜雷太(最終話)
書籍編集者。心臓に患いSMHに入院してきた。自分の命よりも仕事が大事だと考えている。
第4話
白木 愛 - 森口瑤子
ノブの初恋の女性、幼稚園の教員をしている。
児玉 - 田中要次
白木の恋人。十数年前にある事件に巻き込まれ、警察に追われている。
第5話
笈川 秀和 - でんでん(第7話)
毎々新聞とねり東店に突如やって来た、人柄のいい新しい従業員。昔はフランス料理のシェフをやっていたが、あることがきっかけで周囲の人々から避けられるようになりシェフを辞め様々な職場を転々としてきた。心臓疾患を抱えており、SMHに搬送される。
如月 建造 - 大杉漣(友情出演、第6 - 8話)
如月恵の父親。キサラギ電気の社長。
第6話
水留 みちる - 川﨑麻世
有名ファッションブランドのデザイナー。様々な業種に手を出した事で、ブランドの名が地に墜ちた。
水留 はな - 菅井きん
みちるの母。心臓疾患で倒れていたところ、偶然通勤中だった高野がSMHに搬送した。
第7話
南野 風 - 高橋一生
ノブの親友。脳にある腫瘍のため目が悪く、車椅子に乗っている。

スタッフ[編集]

  • 脚本上等!!! - 大石静
  • プロデュース上等!!! - 植田博樹
  • 演出上等!!! - 堤幸彦金子文紀
    • 毎回、タイトルバックで一部のスタッフの肩書きに「上等!!!」が付け加えられている(「撮影上等!!!」、「医療美術協力上等!!!」など)。演出補の平川雄一朗は「演出補中等(‥;)」と表記されている。
  • 主題歌 - TOKIODR

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
karte1 10月10日 半人前で上等だ!!! 大石静 堤幸彦 15.7%
karte2 10月17日 神の領域!!! 13.4%
karte3 10月24日 死という幸福 金子文紀 11.9%
karte4 10月31日 愛という名の病 11.8%
karte5 11月07日 心の病 堤幸彦 12.5%
karte6 11月14日 母の値段 12.4%
karte7 11月21日 生命のリレー 金子文紀 12.5%
karte8 11月28日 神の手 墜つ 堤幸彦 11.1%
karte9 12月05日 死ぬな!!! ノブ 12.0%
最終話 12月12日 一生一医者 12.6%
平均視聴率 12.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

エピソード[編集]

  • ドラマが最終話に近づいた頃、次週予告のときに次回視聴率が10%を割ると、堤幸彦が坊主になるという企画を発表した。実際は10%を割らなかったが最終話のエンドロール終了後に坊主頭の堤幸彦が一瞬登場した。

脚注[編集]

  1. ^ 最終話にて夫である平川が小島道子に対し「ワイフなんですよ、コイツ。」と言っているシーンがある。

関連項目[編集]

TBS 水曜22時枠
前番組 番組名 次番組
マリア
(2001年7月 - 9月)
ハンドク!!!
(2001年10月 - 12月)
プリティガール
(2002年1月 - 3月)