麿赤兒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まろ あかじ
麿 赤兒
本名 大森 宏
生年月日 (1943-02-23) 1943年2月23日(79歳)
出生地 日本の旗 日本石川県金沢市
身長 170 cm
職業 俳優舞踏家演出家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1964年 -
活動内容 1964年 - 1970年状況劇場に在籍
1972年大駱駝艦結成
配偶者 小林(旧姓) 桃枝
著名な家族 大森立嗣(長男)
大森南朋(次男)
小野ゆり子(義娘)
所属劇団 大駱駝艦
事務所 キャメルアーツ
公式サイト 大駱駝艦
 
受賞
文化庁長官賞(2006年)
舞踊評論家協会賞(2008年)
テンプレートを表示

麿 赤兒(まろ あかじ、本名:大森 宏[1]1943年2月23日 - )は、日本俳優舞踏家演出家暗黒舞踏集団・大駱駝艦主宰。所属事務所は同傘下の芸能事務所・キャメルアーツ。

父は海軍大佐大森潤一。長男は映画監督大森立嗣、次男は俳優の大森南朋

来歴・人物[編集]

石川県金沢市生まれ[1][2]。父親の潤一は大日本帝国海軍の軍人(中佐)で、第一航空艦隊参謀としてテニアン島に赴任。1944年昭和19年)7月から始まるテニアンの戦いに参加して、翌8月2日、角田覚治司令長官らと手榴弾自決した(死後特進して大佐)。また母親、裕子が夫の戦死をきっかけに精神を病んだため小学5年生の時に奈良県桜井市三輪山麓に住むおじ夫婦に預けられる。

奈良県立畝傍高等学校卒業、早稲田大学第一文学部哲学科中退。中高時代は演劇部に所属、木下順二チェーホフの短編などを公演した[3]山本安英に共感して劇団『ぶどうの会』に参加するが、劇団上部の政治的な議論に嫌気がさして劇団を離れる[4]。その後舞踏家の土方巽に師事した[1]

1964年(昭和39年)6月、唐十郎の劇団・状況劇場に参加し、唐が提唱する「特権的肉体論」を体現する役者として活動した[5]1970年(昭和45年)、劇団を退団[4][6]1972年(昭和47年)には独自で舞踏集団・大駱駝艦を旗揚げ、主宰する[4][7]。海外公演も積極的に行い、舞踏を「BUTOH」として広めている。

1974年(昭和49年)、1987年(昭和62年)、1996年(平成8年)、1999年(平成11年)、2008年(平成20年)に舞踊評論家協会賞を、2006年(平成18年)に文化庁長官表彰を受賞、2018年(平成30年)に第1回種田山頭火賞を受賞[8]、2021年に文化庁芸術祭賞大賞受賞[9]。2006年に日本アウトドアジャーナリスト協会顧問[10]、安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター客員教授[11]も務める。

舞台や舞踏での活躍のほか、映画やテレビドラマにも多数出演している。状況劇団時代から映画に出演しており、大和屋竺監督の『毛の生えた拳銃』では、僚友の大久保鷹とともに出演して殺し屋を演じ[2]若松孝二監督の『金瓶梅』では花和尚魯智深役で助演。中平康監督の『闇の中の魑魅魍魎』では主役の絵師金蔵を演じた。以後も脇役で活躍し、鈴木清順監督の「大正浪漫三部作」(『ツィゴイネルワイゼン』『陽炎座』『夢二』)には全作に出演しており、クエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル Vol.1』ではやくざの親分役で出演した。ほか、阪本順治監督の『どついたるねん』、新藤兼人監督の『午後の遺言状』、北野武監督の『菊次郎の夏』などに出演。長男の立嗣が監督を務めている『まほろ駅前多田便利軒』シリーズにも常連出演しており、次男の南朋と親子共演している。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

短編映画[編集]

  • ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-「Kuu」(2018年6月) - オン 役

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

インターネットドラマ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

  • 『ハイパーアングルポーズ集SP 怪人』(創美社、2011年8月)
  • 『怪男児 麿赤兒がゆく 憂き世 戯れて候ふ』(朝日新聞出版、2011年10月)
    • 『完本 麿赤兒自伝 憂き世 戯れて候ふ』(中公文庫、2017年8月)
    巻末に息子・大森立嗣、大森南朋との鼎談を収録

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 麿赤兒KINENOTE”. 2013年8月22日閲覧。
  2. ^ a b 『日本映画俳優全集・男優篇』、キネマ旬報社、1979年、p.546
  3. ^ (語る 人生の贈りもの)麿赤兒:4 中高は演劇部、好き勝手やった:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年8月26日閲覧。
  4. ^ a b c 鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談|がんサポート 騒乱の60年代を疾風のように駆け抜けた世界的舞踏家が胃がんになって考えたこと
  5. ^ 麿赤児コトバンク、2015年3月2日閲覧
  6. ^ OB・OGインタビュー 麿赤兒さん”. 早稲田ウィークリー (2004年5月15日). 2012年11月11日閲覧。
  7. ^ 大駱駝艦がであうブラジル、世界がであう舞踏”. をちこちMagazine (2011年3月1日). 2012年11月11日閲覧。
  8. ^ 第一回種田山頭火賞受賞 麿赤兒さんより喜びの声!春陽堂書店
  9. ^ 令和3年度(第76回)文化庁芸術祭賞受賞一覧
  10. ^ 事務局”. 日本アウトドアジャーナリスト協会 (2010年11月29日). 2012年11月11日閲覧。
  11. ^ 第1回 市民公開講座”. 安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター. 2012年11月11日閲覧。
  12. ^ a b “「猫忍」映画&ドラマ版、佐藤江梨子や柄本明ら8名の追加キャストが発表”. 映画ナタリー. (2016年12月8日). http://natalie.mu/eiga/news/212403 2016年12月8日閲覧。 
  13. ^ “渡部篤郎、深キョンと9年ぶり共演で初の親子役 曲者ぞろいの“泥棒一家”が解禁”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2136643/full/ 2019年6月1日閲覧。 
  14. ^ "「星新一の不思議な不思議な短編ドラマ」放送のおしらせ". ドラマトピックス. 日本放送協会. 18 February 2022. 2022年2月18日閲覧
  15. ^ “司馬遼太郎「関ヶ原」映画化追加キャスト発表 東出昌大ら豪華俳優陣がずらり”. 映画.com. (2017年1月18日). http://eiga.com/news/20170118/10/ 2017年1月18日閲覧。 
  16. ^ 2000年の大河ドラマ葵 徳川三代』でも島津義弘を演じた。
  17. ^ Koki,主演ホラー「牛首村」に萩原利久、高橋文哉、芋生悠、大谷凜香、莉子ら9名”. 映画ナタリー (2021年8月9日). 2021年8月9日閲覧。
  18. ^ Koki,主演ホラー「牛首村」は2月18日に公開、少女がたたずむポスター解禁”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年12月3日). 2021年12月3日閲覧。
  19. ^ 映画『牛首村』公式サイト > キャスト・スタッフ”. 映画『牛首村』公式サイト. 東映株式会社. 2021年12月18日閲覧。
  20. ^ “山田涼介主演「鋼の錬金術師」完結編は2部作、スカー役・新田真剣佑ら新キャストも発表”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年3月2日). https://natalie.mu/eiga/news/467665 2022年3月2日閲覧。 
  21. ^ “「エレクトラ」で白石加代子と高畑充希が母娘に!父は麿赤兒、弟に村上虹郎”. ステージナタリー. (2016年6月24日). http://natalie.mu/stage/news/191981 2016年6月24日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]