彼女の人生は間違いじゃない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
彼女の人生は間違いじゃない
著者 廣木隆一
発行日 2015年8月7日
発行元 河出書房新社
日本の旗日本
言語 日本語
形態 単行本
ページ数 155ページ
コード ISBN 978-4-30-902400-4
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

彼女の人生は間違いじゃない』(かのじょのじんせいはまちがいじゃない)は、廣木隆一による2015年の小説である。廣木が、自身の監督により2017年に映画化。

あらすじ[編集]

東日本大震災後、恋人とうまく付き合えなくなったみゆき。仮設住宅で父と二人で暮らす彼女は、役所勤めのかたわら、東京でデリヘルを始める。フクシマの今を描く、映画監督廣木隆一の初小説。

書誌情報[編集]

映画[編集]

彼女の人生は間違いじゃない
監督 廣木隆一
脚本 加藤正人
原作 廣木隆一
出演者 瀧内公美
光石研
高良健吾
柄本時生
篠原篤
蓮佛美沙子
主題歌 meg「時の雨」
制作会社 ダブル・フィールド
アルチンボルド
ザフール
製作会社 「彼女の人生は間違いじゃない」製作委員会
配給 ギャガ(GAGA)
公開 日本の旗2017年7月15日
上映時間 119分
テンプレートを表示

廣木隆一監督が、自身のメガホンにより映画化。

仮設住宅で父と2人で暮らすみゆきは市役所に勤務しながら、週末は高速バス渋谷に向かい、デリヘルのアルバイトをしている。父には東京の英会話教室に通っていると嘘をついている彼女は、月曜になるとまたいつもの市役所勤めの日常へと戻っていく。福島と渋谷、ふたつの都市を行き来する日々の繰り返しから何かを求め続けるみゆき、彼女を取り巻く未来の見えない日々を送る者たちが、もがきながらも光を探し続ける姿が描かれる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 廣木隆一
  • 原作 - 廣木隆一『彼女の人生は間違いじゃない』 (河出書房新社)
  • 脚本 - 加藤正人
  • 主題歌 - meg「時の雨」(作詞:lili-an/作編曲:山崎泰之)
  • 提供 - ギャンビットギャガ
  • 配給 - ギャガ
  • 製作プロダクション - ダブル・フィールド、アルチンボルド、ザフール
  • 製作 - 「彼女の人生は間違いじゃない」製作委員会(ギャンビット、ギャガ)

外部リンク[編集]