大駱駝艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大駱駝艦(だいらくだかん)は、日本舞踏集団。

概要[編集]

1972年麿赤兒を中心に結成。1980年前後、北方舞踏派背火山海塾白虎社ダンス・ラブマシーンなどに分派する。1982年、『海印の馬』でアメリカン・ダンス・フェスティバル、アヴィニヨン・フェスティバルに参加、アメリカ舞踏への関心が高まる。「この世に生を受けたことことこそ大いなる才能」とする天賦典式をその様式に具現し、忘れ去られた身振り、手振りを多く取り込み、再構築するパフォーマンスで注目を集める。2013年現在で、60を超える作品を上演。常に若手舞踏手育成に注力し、麿赤兒の基本的な考えである「一人一派」を実践する。吉祥寺を拠点に、スタジオ「壺中天(こちゅうてん)」にて、メンバーによる種々のユニット作品を上演。壺中天公演と称して国内外で公演を続けるなど活躍する[1]

特に、男性数名と女性数名で構成される集団ユニット「ゴールデンズ」が行う、ほぼ全裸で体中に金粉を塗って踊る「金粉ショー」はその特異さで注目を集め、「高円寺びっくり大道芸」などにも出演し、各地で公演を行っている[1][1]2015年の途中から女性はトップレスでなくビスチェ(上着)着用に)。

その他、一般人を対象にしたワークショップ「無尽塾(むじんじゅく)」を主催し、夏季には、長野県白馬村において合宿を行っている[1]

略歴[編集]

  • 1972年、麿赤兒を主宰とし創設[1]
  • 1974年、舞踊批評家協会賞受賞[1]
  • 1982年、舞踏カンパニーとしては、初めてアメリカ、フランスで公演を行い、鮮烈な印象を与え、「Butoh」を浸透させる[1]
  • 1987年、舞踊批評家協会賞受賞[1]
  • 1996年、舞踊批評家協会賞受賞[1]
  • 1999年、舞踊批評家協会賞受賞[1]
  • 2007年、舞踊批評家協会賞受賞[1]

主な公演[編集]

  • 『Dance 桃杏マシン』1972年
  • 『陽物神譚』
  • 『皇大睾丸』
  • 『男肉物語』
  • 『嵐』
  • 『海印の馬』1982年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j GOLDENNEWS「【写真ニュース】高円寺びっくり大道芸2013、大駱駝艦「金粉ショー」」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「大駱駝艦」は、舞台芸術に関連した書きかけ項目ですが、内容が不十分です加筆・訂正必要ですPortal:舞台芸術)。項目削除の対象である場合もあります。