パフォーマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パフォーマンスPerformance

表現[編集]

性能、才能[編集]

派手な行動、振る舞い[編集]

  • マイクパフォーマンス - プロレスなどの試合前後やインタビュー時に行われる選手によるトーク。
  • ゴールパフォーマンス - サッカーなどで得点を決めた後に行う演技。
  • 観客を意識した派手な主張、行動振る舞いの事をパフォーマンスと呼ぶことがある。マスコミに対する派手な言動を揶揄の意味を含めてこう呼ぶこともある。スタンドプレーとも。
  • 音楽演奏で「パフォーマンス」と強調される場合は、楽器を振りながら演奏したり、ダンスをしながら演奏するなど、派手な振る舞いを行う事である。(通常の音楽演奏もパフォーマンスと呼ぶため混乱の原因にもなる。)

パフォーマンス研究[編集]

パフォーマンス研究者の創始者であるリチャード・シェクナー英語版(Richard Schechner 1934-)は、パフォーマンスを"twice-behaved behavior"と定義づけ、「繰り返される振る舞い」としてモデル化している[1]。 髙橋雄一郎によれば、パフォーマンス研究における「パフォーマンス」は、「演技すること」や「芸能」「芸術」より幅広い意味で使われる[2]

作品[編集]

『パフォーマンス/青春の罠』(原題は《Performance》) - 1970年公開のイギリス映画。監督:ドナルド・キャメル、ニコラス・ローグ。ローリング・ストーンズヴォーカリストミック・ジャガーが主演した[3]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Schechner, Between Theater and Anthropology, p35-36
  2. ^ 髙橋雄一郎、『身体化される知:パフォーマンス研究』、せりか書房、2005
  3. ^ デジタル大辞泉プラス

関連項目[編集]