鴨川食堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鴨川食堂
著者 柏井壽
発行日 2013年11月25日
2014年8月26日(おかわり)
2016年1月4日(いつもの)
2017年1月6日(おまかせ)
2018年4月6日(はんなり)
発行元 小学館
ジャンル グルメミステリー
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
公式サイト www.shogakukan.co.jp
コード ISBN 9784093883344
ISBN 9784094061703文庫
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

鴨川食堂』(かもがわしょくどう)は、柏井壽2013年発表の小説

2016年1月10日から、NHKで8回シリーズでテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

京都市鴨川沿い、東本願寺にある小さな食堂には、店の看板が存在しない。この食堂は鴨川流とこいしという親子2人が店を切り盛りしている。そしてこの食堂では、もう一度食べたいと考えている人たちの食べ物をわずかな手がかりを基として作るというのが売りもので、利用客は料理・グルメ雑誌に掲載される「"食"捜します。」の一行広告のみを頼りにしてこの場所に行きつく[1]

登場人物[編集]

書籍情報[編集]

これまでに「鴨川食堂」と、続編が4冊(「鴨川食堂おかわり」「鴨川食堂いつもの」「鴨川食堂おまかせ」「鴨川食堂はんなり」)刊行されている(2018年4月現在)。

テレビドラマ[編集]

プレミアムドラマ 鴨川食堂
Kamo River Kyoto.jpg
ドラマの舞台・鴨川
ジャンル グルメミステリードラマ
放送時間 日曜22:00 - 22:49(49分)
放送期間 2016年1月10日 - 2月28日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK BSプレミアム
製作総指揮 篠原圭(NHK)
廣瀬哲雄ACC
演出 佐藤幹夫
油谷誠至
原作 柏井壽
『鴨川食堂』
『鴨川食堂おかわり』
脚本 池端俊策
葉山真理
洞澤美恵子
岩本真耶
プロデューサー 上原英和
諏訪正明
出演者 忽那汐里
字幕 字幕放送
エンディング カサリンチュ「風」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

NHK BSプレミアムプレミアムドラマ」にて、2016年1月10日から2月28日まで毎週日曜22:00 - 22:49に放送された。全8話。

毎回、冒頭に、

京都・東本願寺そばにある鴨川食堂には、暖簾も、看板もありません。

「思い出の食、捜します」という一行広告だけを頼りに、ようけだどりつかはります。

はて、今日の迷い人は、どなたさんですやろなぁ…

と、鴨川こいしによるナレーションが放送される。

キャスト[編集]

27歳。鴨川探偵事務所所長。普段は鴨川食堂で手伝いをしている。探偵業務は、「食探し」の依頼人の聞き込みをすること。

鴨川食堂の常連客であり、オーナー。

こいしの父。今は鴨川食堂の料理長だが、以前は刑事をしていた。こいしの聞き込みを参考に、実際に食探しをしている。

近所の寿司屋の大将。鴨川食堂の常連客。途中から流に弟子入りした。こいしに密かに想いを寄せている。実家は金沢にある。

流が刑事だった頃に殺人教唆容疑で逮捕した男。

  • 桜 八十吉 ‐ 麿赤児(第5話 ‐ )

掬子の父であり、こいしの祖父。

今は亡きこいしの母。流の妻。こいしが15歳の頃、家を出た。

ゲスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出
第1話 1月10日 母の肉じゃが 葉山真理 佐藤幹夫
第2話 1月17日 別れた夫のトンカツ
第3話 1月24日 祖父と食べたナポリタン 洞澤美恵子
第4話 1月31日 妻の鍋焼きうどん 油谷誠至
第5話 2月07日 おじいちゃんのハンバーグ 池端俊策
第6話 2月14日 初恋のビーフシチュー
第7話 2月21日 父親の海苔弁 岩本真耶
最終話 2月28日 金曜日のチャーハン 葉山真理 佐藤幹夫
NHK BSプレミアム プレミアムドラマ
前番組 番組名 次番組
44歳のチアリーダー!!
(2015年12月20日)
鴨川食堂
(2016年1月10日 - 2月28日)
嫌な女
(2016年3月6日 - 4月10日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小学館・鴨川食堂

外部リンク[編集]