生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
生きて、ふたたび
保護司・深谷善輔
ジャンル テレビドラマ
久松真一
演出 藤井裕也(AX-ON)
初山恭洋
出演者 舘ひろし
蓮佛美沙子
真矢ミキ
浅丘ルリ子
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作統括 柴田直之(NHK編成局コンテンツ開発センター)
坂部康二(NHKエンタープライズ)
藤田裕一(ロビー・ピクチャーズ)
プロデューサー 小嶋克己
篠原圭(NHKエンタープライズ)
放送
放送チャンネルNHK BSプレミアム
NHK BS4K
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年11月28日 -(予定)
放送時間日曜 22:00 - 22:49
放送枠プレミアムドラマ
放送分49分
回数全8回(予定)
テンプレートを表示

生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔』(いきて ふたたび ほごし ふかやぜんすけ)は、2021年11月28日から毎週日曜 22時00分 - 22時49分にNHK BSプレミアムおよびNHK BS4Kの「プレミアムドラマ」で放送予定のテレビドラマ[1][2]。全8回(予定)[1][2]。主演は舘ひろし[1][2]

概要[編集]

保護司は罪を償い、社会に復帰しようとする人々の「生き直し」を助ける日本独自の制度。保護司法第1条では「保護司は、社会奉仕の精神をもって、犯罪をした者の改善及び更生を助けるとともに、犯罪の予防のため世論の啓発に努め、もって地域社会の浄化をはかり、個人及び公共の福祉に寄与することを、その使命とする」と定められており[3]保護観察官[注釈 1]と協力して保護観察や生活環境調整、犯罪予防活動などの活動を行う[4]

本作では高校の国語教師から保護司に転身した男性が、保護司として仮出所中の人々との交流を深めることによって自分自身の人生や全人格をかけた闘いに挑む姿を描く[1]。映画『64-ロクヨン- 前編』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した久松真一のオリジナル作品[1][2]

キャスト[編集]

深谷善輔
演 - 舘ひろし
長年勤めてきた高校の国語教師から転職した新米保護司。
深谷美晴
演 - 蓮佛美沙子[1][2]
深谷の娘。
小山香苗
演 - 真矢ミキ[1][2]
小山結子の娘。
小山結子
演 - 浅丘ルリ子[1][2]
娘を殺害した罪で服役していた女性。深谷が保護司を担当する。

スタッフ[編集]

  • 作 - 久松真一
  • 制作統括 - 柴田直之(NHK編成局コンテンツ開発センター)、坂部康二(NHKエンタープライズ)、藤田裕一(ロビー・ピクチャーズ)
  • プロデューサー - 小嶋克己、篠原圭(NHKエンタープライズ)
  • 演出 - 藤井裕也(AX-ON)、初山恭洋

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 演出
第1話 11月28日(予定)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 更生保護に関する専門知識に基づいて、保護観察の実施などに当たる国家公務員[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 主演・舘ひろし プレミアムドラマ「生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔」制作開始!”. NHKドラマ. ドラマトピックス (2021年5月12日). 2021年5月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g "舘ひろし、独立後初のドラマ主演 浅丘ルリ子と初共演「石原裕次郎さんとのご縁で」". ORICON NEWS. oricon ME. 12 May 2021. 2021年5月12日閲覧
  3. ^ 保護司とは”. 全国保護司連盟. 更生保護ネットワーク. 2021年5月12日閲覧。
  4. ^ a b 保護司ひとくちメモ”. 保護局. 法務省. 2021年5月12日閲覧。

外部リンク[編集]

NHK BSプレミアムNHK BS4K プレミアムドラマ
前番組 番組名 次番組
山女日記3
(2021年10月17日 - 11月21日)
生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔
(2021年11月28日 - 【予定】)
-