セブンティウイザン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セブンティウイザン
ジャンル 妊娠育児
漫画:セブンティウイザン
作者 タイム涼介
出版社 新潮社
掲載誌 くらげバンチ
コミックバンチweb
レーベル BUNCH COMICS
発表期間 2016年9月23日 - 2018年6月
巻数 全5巻
漫画:セブンティドリームズ
作者 タイム涼介
出版社 新潮社
掲載誌 月刊コミックバンチ
レーベル BUNCH COMICS
発表号 2018年11月号 - 連載中
発表期間 2018年9月21日 - 連載中
巻数 既刊1巻
テレビドラマ:70才、初めて産みます
セブンティウイザン。
原作 タイム涼介
脚本 本調有香
演出 渡辺一貴
制作 NHK
放送局 NHK BSプレミアム
放送期間 2020年4月以降 -
話数 8(予定)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画テレビドラマ
ポータル 漫画テレビ

セブンティウイザン』は、タイム涼介による日本漫画シリーズ。第1章『セブンティウィザン』がWEBコミックサイト『くらげバンチ』(新潮社)にて2016年9月23日から[1]2018年まで、「コミックバンチweb」(新潮社)に移籍して同年4月から6月まで連載[2][3][4]、新潮社BUNCH COMICSより刊行された。全5巻[5]超高齢出産を題材に、65歳の夫と70歳の妻の老夫婦が出産・育児に挑む姿を描く。第21回(2018年)文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品[6]

育児に加えて終活を題材とした第2章『セブンティドリームズ』が『月刊コミックバンチ』(新潮社)にて2018年11月号から連載中[7]、新潮社BUNCH COMICSより刊行されている。既刊1巻[8]

両作を原作として『70才、初めて産みますセブンティウイザン。』(ななじゅっさい はじめてうみますセブンティウイザン)と題しテレビドラマ化され、NHK BSプレミアムプレミアムドラマ」枠にて2020年4月以降に放送予定[9][10][11]

あらすじ[編集]

セブンティウイザン
定年退職した朝一は、大学病院で精密検査をした夕子から妊娠を告げられた。
 
セブンティドリームズ
3歳となったみらいは幼稚園へ通い始め、幸せな子育て生活を過ごすある日、朝一がガンを告げられた。

登場人物[編集]

江月朝一(えづき あさいち)〈65〉
喫煙者。 
江月夕子(えづき ゆうこ)〈70〉
大学で知り合った男と駆け落ちしたが失敗した。
江月 みらい(えづき みらい)
江月夫婦の一人娘。
鬼子母龍太郎
早慶大学病院の院長。教授。
オードリー
飼っていた犬。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

70才、初めて産みますセブンティウイザン。
原作 タイム涼介
『セブンティウイザン 70才の初産』
『セブンティドリームズ 70才からの希望』
脚本 本調有香
演出 渡辺一貴
出演者 小日向文世
竹下景子
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作統括 柴田直之
西村崇
三木和史
放送
放送チャンネル NHK BSプレミアム
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2020年4月以降
放送枠 プレミアムドラマ
回数 8(予定)
テンプレートを表示

70才、初めて産みますセブンティウイザン。』(ななじゅっさい はじめてうみますセブンティウイザン)と題して、NHK BSプレミアムプレミアムドラマ」枠にて2020年4月以降に放送予定。全8回(予定)[11][12]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - タイム涼介『セブンティウイザン 70才の初産』『セブンティドリームズ 70才からの希望』
  • 脚本 - 本調有香
  • 演出 - 渡辺一貴(NHKエンタープライズ
  • 制作統括 - 柴田直之(NHK)、西村崇(NHKエンタープライズ)、三木和史(ビデオプランニング)
NHK BSプレミアム プレミアムドラマ
前番組 番組名 次番組
-
70才、初めて産みますセブンティウイザン。
(2020年4月 - )
-

脚注[編集]

[ヘルプ]

書誌出典[編集]

  1. ^ セブンティウイザン 1巻”. 新潮社. 2019年10月19日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ “タイム涼介がWebで新連載、定年退職の日に70歳の妻から妊娠を告げられる”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年9月23日). https://natalie.mu/comic/news/202880 2019年11月19日閲覧。 
  2. ^ セブンティウイザンがやってくる!”. コミックバンチweb. 編集部ブログ. 新潮社 (2018年3月30日). 2019年11月19日閲覧。
  3. ^ 【お知らせ】『セブンティウイザン』移籍記念、一挙公開イベント開催!”. コミックバンチweb. ニュース. 新潮社 (2018年4月5日). 2019年11月19日閲覧。
  4. ^ @タイム涼介の2018年6月14日のツイート2019年11月19日閲覧。
  5. ^ “「セブンティウイザン」最新刊で第1章完結、超高齢出産夫婦の子供は幼稚園に”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年7月9日). https://natalie.mu/comic/news/290352 2019年11月19日閲覧。 
  6. ^ マンガ部門”. 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品. 第21回 2018年. 文化庁. 2019年11月19日閲覧。
  7. ^ “「セブンティウイザン」続編が始動、次号バンチで「白い巨塔」初のマンガ化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年9月21日). https://natalie.mu/comic/news/300514 2019年11月19日閲覧。 
  8. ^ “タイム涼介「セブンティウイザン」続編1巻、老夫婦の娘は幼稚園生に”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年5月9日). https://natalie.mu/comic/news/330701 2019年11月19日閲覧。 
  9. ^ “「セブンティウイザン」シリーズがTVドラマ化、夫婦役は小日向文世&竹下景子”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年10月17日). https://natalie.mu/comic/news/351869 2019年11月19日閲覧。 
  10. ^ “小日向文世&竹下景子演じる合計135歳の夫婦が新米パパママに!”. (2019年10月17日). https://thetv.jp/news/detail/209115/ 2019年10月19日閲覧。 
  11. ^ a b 小日向文世&竹下景子『70才、初めて産みますセブンティウイザン。』”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2019年10月17日). 2019年11月19日閲覧。
  12. ^ “小日向文世&竹下景子が新米パパママに『セブンティウイザン』ドラマ化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年10月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2146938/full/ 2019年11月19日閲覧。 

外部リンク[編集]