月刊コミックバンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
月刊コミックバンチ
Monthly Comic @BUNCH
愛称・略称 バンチ
ジャンル 青年向けコミック誌
読者対象 男性
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 630円
出版社 新潮社
編集部名 月刊コミックバンチ編集部
編集長 榎谷純一[1]
刊行期間 2011年1月21日(3月号) - 刊行中
レーベル BUNCH COMICS(バンチ・コミックス)
ウェブサイト

https://www.comicbunch.com/

https://kuragebunch.com/
テンプレートを表示

月刊コミックバンチ』(げっかんコミックバンチ)は、新潮社が編集・発行している日本の月刊漫画雑誌2011年1月21日創刊。コアミックスの編集、新潮社の発行で2010年8月まで発行されていた『週刊コミックバンチ』の後継雑誌のひとつとして創刊し、2018年に『月刊コミック@バンチ』から『月刊コミックバンチ』に変更。本誌の創刊に際しては、外部の編集プロダクションでなく新潮社に編集部が置かれている。漫画とは別に1ページ、作者のエッセイや後書きなどを自由に描ける「MY PAGE」が必ず1作品ごとにある。単行本は「コミックバンチ」時代から引き続き、BUNCH COMICSレーベルで発行される。

増刊として、『ゴーゴーバンチ』が2013年10月に創刊。季刊として発行される。

2018年3月20日発売の2018年5月号で『月刊コミック@バンチ』が最終号となり[2]、同年4月20日発売の6月号から『月刊コミックバンチ』として新創刊[3]

くらげバンチ[編集]

2013年から「シビれるマンガ大集合!」と題し、ウェブコミックサイト『くらげバンチ』を立ち上げ。毎週金曜更新。最新作より1〜2話前が期間限定で無料公開されるほか、最新話や無料公開が終わった話は保有ポイント消費により閲覧が可能となる。

マスコットデザインは鈴木志保。主に新人育成を目的とし、「ゆっくりリラックス、でもけっこう刺激的」[4]である意図から、『くらげバンチ』と命名された。

人気作はBUNCH COMICSより順次単行本化もされているが、作品によっては途中から電子書籍のみの刊行となることもある。

連載作品[編集]

月刊コミックバンチ[編集]

2023年3月号(2023年1月20日発売)現在。

くらげバンチ[編集]

連載終了作品[編集]

『月刊コミック@バンチ』および『月刊コミックバンチ』および『くらげバンチ』の連載作品。※は『週刊コミックバンチ』から連載していた作品

映像化作品[編集]

アニメ化[編集]

テレビアニメ
作品 放送年 アニメーション制作 備考
BTOOOM! 2012年 マッドハウス
GANGSTA. 2015年 マングローブ
うどんの国の金色毛鞠 2016年 ライデンフィルム
少女終末旅行 2017年 WHITE FOX くらげバンチ連載
お前はまだグンマを知らない 2018年 旭プロダクション くらげバンチ連載
宇宙戦艦ティラミス 2018年(第1期、第2期) GONZO くらげバンチ連載
実験品家族 -クリーチャーズ・ファミリー・デイズ- 2018年 大火鳥動画
鹿楓堂よついろ日和 2018年 ZEXCS
劇場アニメ
作品 公開年 アニメーション制作 備考
ブルーサーマル -青凪大学体育会航空部- 2022年 テレコム・アニメーションフィルム
Webアニメ
作品 放送年 アニメーション制作 備考
極主夫道 2021年 J.C.STAFF くらげバンチ連載

実写化[編集]

作品 放送年 備考
お前はまだグンマを知らない 2017年(ドラマ、映画) くらげバンチ連載
極主夫道 2020年 くらげバンチ連載

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “恋愛マンガからダークファンタジーまで、26人の編集者が回答”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年1月31日). https://natalie.mu/comic/column/462518 2022年1月31日閲覧。 
  2. ^ @バンチが“@”を取って新装刊、最終号で「BTOOOM!」が足掛け9年の連載に幕 コミックナタリー 2018年3月20日
  3. ^ 神崎裕也描く、ニートとエリート刑事の入れ替わりサスペンスがバンチで開幕 コミックナタリー 2018年4月20日
  4. ^ くらげバンチとは?”. くらげバンチ. 2019年9月12日閲覧。
  5. ^ ヤマザキマリがネームと人物画、とり・みきが背景・仕上げを担当。

外部リンク[編集]