沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる
ジャンル 青年漫画ラブコメディ
漫画
作者 空えぐみ
出版社 新潮社
掲載サイト くらげバンチ
レーベル バンチコミックス
発表期間 2020年1月10日 -
巻数 既刊4巻(2022年1月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる』(おきなわですきになったこがほうげんすぎてツラすぎる)は、空えぐみによる日本漫画作品。元々は2019年5月31日に作者のTwitterにて「沖縄で好きになった子が方言すぎて何言ってるかわからない話。」のタイトルで公開され[1]、その後新潮社のウェブコミックサイト「くらげバンチ」にて、2020年1月10日から連載中[2]。略称は「沖ツラ[3][4]

三角関係を軸に、沖縄あるあるが盛り込まれた作品となっている[3][5]

作中の方言は沖縄県出身の譜久村帆高が監修している[6][7]

あらすじ[編集]

東京から沖縄の学校に転入した主人公・中村照秋(なかむら てるあき)は、同級生となった喜屋武飛夏(きゃん ひな)に好意を寄せているが、彼女が話すうちなーぐち(沖縄方言)が分からず、彼女の友人である比嘉夏菜(ひが かな)にいつも助けられていた。ところが夏菜は照秋に片想い中であった。

登場人物[編集]

反響・評価[編集]

ニコニコ静画」の青年ランキングでは1位を獲得するなど20代〜30代からの人気を集め、2020年7月9日に発売された単行本1巻はすぐに重版がかかった[6]。また1巻の発売に際し、書泉や沖縄県内の本屋20店舗では複製原画が展示された[8][9]

2021年、第7回沖縄書店大賞で沖縄部門の準大賞を受賞し、漫画として同賞初の受賞作となった[10][11]。那覇市のジュンク堂書店では『ONE PIECE』や『進撃の巨人』といった人気漫画を超える売り上げを誇っている[3][12]

制作背景[編集]

作者の空は上京後に沖縄出身の漫画家と知り合い、話を聞くうちに沖縄に興味を持つようになったという[3][13]。そこで沖縄を題材にした漫画を描こうと思い立ち、2018年に沖縄のうるま市に移住[3][13]。沖縄を題材にした理由については、祖父が沖縄出身で、自分のルーツに惹かれたためとも語っている[3][5][13]

話を作るにあたって、まずヒロインをうちなーぐちを話す子、主人公を県外からの転校生に決めた。そうすると通訳者が必要になったため、もう1人のヒロインとして登場させることにし、三角関係になるようにと設定を組み立てていった[3]

作中のネタは作者の実体験がもとになっており[13]、日々地域の人たちと交流する中でヒントを得て描いているという[3]

書誌情報[編集]

  • 空えぐみ『沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる』新潮社〈バンチコミックス〉、既刊4巻(2022年1月8日現在)
    1. 2020年7月9日発売[14]ISBN 978-4-10-772296-6
    2. 2021年2月9日発売[15]ISBN 978-4-10-772359-8
    3. 2021年8月6日発売[16]ISBN 978-4-10-772410-6
    4. 2022年1月8日発売[17]ISBN 978-4-10-772460-1

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 空えぐみ [@egumisky] (2019年5月31日). "沖縄で好きになった子が方言すぎて何言ってるかわからない話。" (ツイート). Twitterより2021年9月15日閲覧
  2. ^ 南の島で異文化恋愛する新連載「沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる」」『コミックナタリー』、2021年1月10日。2021年9月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 沖縄で大ヒットのマンガ ついにワンピースの売上を超える 作者が教える人気の背景とは?」『沖縄タイムスプラス』、2021年6月28日。2021年8月27日閲覧。
  4. ^ 空えぐみ [@egumisky] (2021年9月14日). "なんと!コミックシーモア電子コミック大賞2022男性部門エントリー『沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる』がエントリーされたようです!!" (ツイート). Twitterより2021年9月15日閲覧
  5. ^ a b ウチナーグチで沖縄あるある✕振り回される県外男子=ラブコメに 作者は沖縄にルーツ 漫画「沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる」」『沖縄タイムスプラス』、2021年6月8日。2021年9月15日閲覧。
  6. ^ a b 宮城久緒「漫画で描く「沖縄あるある」…作者に直撃「沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる」『女性自身』、2020年8月4日。2021年9月12日閲覧。
  7. ^ 第1話 好きな人は、うちなーぐち” (日本語). くらげバンチ (2020年1月10日). 2021年9月15日閲覧。
  8. ^ “うちなーぐち”がわからない、沖縄で恋した少年の異文化ラブコメ1巻」『コミックナタリー』、2020年7月9日。2021年9月15日閲覧。
  9. ^ 『沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる』第1巻7月9日発売!” (日本語). くらげバンチ (2020年7月7日). 2021年9月15日閲覧。
  10. ^ 沖縄書店大賞決まる 上間陽子さん「海をあげる」など3作品 準大賞は空えぐみさん」『琉球新報』、2021年4月27日。2021年9月12日閲覧。
  11. ^ 「好きになった子が方言すぎてツラすぎる」コミックが準大賞に 書店大賞の沖縄部門で」『沖縄タイムスプラス』、2021年4月27日。2021年9月12日閲覧。
  12. ^ デイリー新潮取材班「沖縄で『ワンピース』より売れたラブコメ漫画とは? バナナの収穫で血まみれ…作者が語る「沖縄あるある」」『デイリー新潮』、2021年8月6日。2021年9月15日閲覧。
  13. ^ a b c d 沖縄で大ヒットのマンガ ついにワンピースの売上を超える 作者が教える人気の背景とは?”. 内閣府. 2021年9月15日閲覧。
  14. ^ 沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる 1巻”. 新潮社. 2021年9月12日閲覧。
  15. ^ 沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる 2巻”. 新潮社. 2021年9月12日閲覧。
  16. ^ 沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる 3巻”. 新潮社. 2021年9月12日閲覧。
  17. ^ 沖縄で好きになった子が方言すぎてツラすぎる 4巻”. 新潮社. 2022年1月8日閲覧。

外部リンク[編集]