灰原薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

灰原 薬(はいばら やく)は日本漫画家。女性。

経歴[編集]

元々は同人作家として和泉八雲名義で活動。2006年に「コミックZERO-SUM」(一迅社)にて『とかげ』でデビュー。それ以前に「ウルトラジャンプ(集英社)」で読み切り作品を何作か描いていた。ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、週刊ビッグコミックスピリッツ創刊30周年記念作品として、2007年フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』のコミカライズを務めた。2017年、『応天の門』で第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞。

エピソード[編集]

  • 動物好きでジャンガリアンハムスターの「もちおくん」を飼っている。また、作中に動物が出てくることも多い。
  • いくえみ綾のファンであり、担当経由でサインを貰ったことがある。
  • twitterをやっているようだが、「あんなリアルタイムのさぼり現行犯ツールはつけられない」と思ってブログに載せるのは断念したとのこと。

作風[編集]

  • モノクロ稿はすべてアナログ。カラー稿はデータかアナログで行う。
  • 下書きを別の薄い紙に描いてから原稿用紙にトレースし、ペン入れをしている。
  • ストーリーの内容は、全体的にシリアスな要素が多い。特にオムニバスでは狂気と偏愛に満ちた無常観、寂寥感を与えるモノローグが多く見られる。

作品[編集]

オリジナル作品[編集]

  • ヴァニラ(『ウルトラジャンプ』2002年12月号、集英社)
  • 浅草奇景(『ウルトラジャンプ』2003年5月号・11月号、集英社)
  • CHOCOLATE DEVIL(『ウルトラジャンプ』2004年7月号・9月号、集英社)
  • ツノツキ(『ウルトラジャンプ』2005年4月号、集英社)
  • とかげ(『コミックZERO-SUM』2006年3月号 - 2007年10月号、一迅社、全3巻)
  • 回游の森(『マンガ・エロティクス・エフ』Vol.54 - Vol.60、太田出版、全1巻)
  • 応天の門(『月刊コミック@バンチ』2013年12月号 - 、新潮社、既刊14巻)

コミカライズ作品[編集]

イラストなど[編集]

  • ゼロサムオリジナルアンソロジーシリーズArcana vol.2 賊・怪盗(一迅社、2007年1月)
  • 戦国BASARA2 VISUAL&SOUND BOOK(メディアワークス、2007年4月)
  • 戦国BASARA2 Cool&The Gang(著:安曽了電撃文庫(メディアワークス)、2007年6月)
  • 戦国BASARA2 VISUAL&SOUND BOOK2(メディアワークス、2007年9月)
  • 戦国BASARA2 VISUAL&SOUND BOOK3(メディアワークス、2007年12月)
  • ゼロサムオリジナルアンソロジーシリーズArcana vol.8 執事2(一迅社、2008年7月)
  • 少年メイド(エンドカード、2016年)
  • カカノムモノ(著:浅葉なつ新潮文庫nex、2017年 - 2019年、全3巻)
  • 新・水滸後伝 上下巻(著:田中芳樹、講談社、2018年)

外部リンク[編集]

  • 89g - 本人のサイト。