金城一紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金城 一紀(かねしろ かずき、1968年10月29日 - )は、日本小説家脚本家である。埼玉県川口市出身[1]慶應義塾大学法学部卒業[2]

金城 一紀
(かねしろ かずき)
誕生 (1968-10-29) 1968年10月29日(52歳)
日本の旗 日本埼玉県川口市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本(朝鮮籍から韓国籍を経て日本に帰化)
活動期間 1998年 -
代表作GO』(2000年)
SP 警視庁警備部警護課第四係』シリーズ(2007年 - 2011年)
BORDER』 (2014年)
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』 (2017年)
主な受賞歴 小説現代新人賞(1998年)
直木三十五賞(2000年)
ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞(2014年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

来歴[編集]

中学校までは民族学校朝鮮学校)に通う。朝鮮籍から韓国籍に変えたのを機に日本の高等学校に通い[3]、さまざまなジャンルの本を読む日々を過ごした。

大学1年の時、小説家を志すが執筆には早いと判断、卒業後の数年間まで膨大な数の作品を見て勉強した[3]。同じく作家の本多孝好は、大学時代の同級生であり、本多の作品『dele』がドラマ化される際には、本多と共に脚本を担当した。

1998年、『レヴォリューションNO.3』で小説現代新人賞を受賞。2000年には、自身の生い立ちが元の半自伝小説『GO』を出版、直木賞を受賞。翌年『GO』は映画化、国内の映画賞を総なめにした。その後も、多くの作品が漫画化・映像化されており、『SP 警視庁警備部警護課第四係』などでは自ら書き下ろしの脚本を手がけている。

作風[編集]

作品の内容がリンクしていることが多い(ゾンビーズ・シリーズなどにおける「主人公以外の登場人物が別の作品では主人公である」や「SPEED」の舞台である永正大学が「SP」に登場したり等)。

また、金城自身の出自にまつわる問題(日韓問題)が取り入れられている作品もある。

受賞歴[編集]

書籍[編集]

単行本[編集]

ゾンビーズ・シリーズ[編集]

  • レボリューションNo.3(2001年10月 講談社/2005年4月 角川書店/2008年9月 角川文庫)
  • フライ,ダディ,フライ(2003年1月 講談社/2005年5月 角川書店/2009年4月 角川文庫)
  • SPEED(2005年7月 角川書店/2011年6月 角川文庫)
  • レボリューションNo.0(2011年2月 角川書店/2013年6月 角川文庫)

ノンシリーズ[編集]

シナリオ集[編集]

  • SP 警視庁警備部警護課第四係(2008年3月 扶桑社/2010年10月 角川文庫)

小説原作[編集]

  • BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係(2014年2月 角川文庫)- 著者:古川春秋
  • CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(2017年3月 角川文庫)- 著者:周木律

漫画原作[編集]

映像作品[編集]

テレビドラマ[編集]

実写映画[編集]

  • (2003年)原作
  • フライ,ダディ,フライ(2005年)原作・脚本
  • フライ,ダディ,フライ(2007年/韓国)原作
  • SP THE MOTION PICTURE(2010年 - 2011年)原案・脚本
  • 劇場版 奥様は、取り扱い注意(2021年)原案

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Moto's Wire | 03 | 金城一紀
  2. ^ 【本のはなし】作家の読書道>第6回:金城 一紀さん” (日本語). WEB本の雑誌. 本の雑誌社 (2001年9月). 2012年1月25日閲覧。
  3. ^ a b 榎本正樹 (2001年11月1日). “金城一紀ロングインタビュー” (日本語). ダ・ヴィンチ. メディアファクトリー. 2012年1月25日閲覧。
  4. ^ 「発表! 第81回ドラマアカデミー賞」『週刊ザテレビジョン関西版』第20巻33号(2014年8月22日号)、KADOKAWA、2014年8月22日、 22-26頁。

外部リンク[編集]