波 (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

(なみ)
''monthly magazine Nami''
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 株式会社新潮社
刊行期間 1967年1月 -
ウェブサイト http://www.shinchosha.co.jp/nami/

』(なみ、monthly magazine Nami[1])は、株式会社新潮社が発行する文芸雑誌、出版社PR誌

概要[編集]

1967年昭和42年)1月、全24ページ、定価10円の季刊誌として創刊された[2][3][4]1969年に隔月刊となり、1972年3月号より月刊誌となる[2]。「表紙の筆蹟」は、第5号に当たる1968年春季号の川端康成の書「風雨」からスタートする[2]。創刊号の執筆陣は、福田恆存小林秀雄福原麟太郎円地文子野間宏中島河太郎吉田秀和原卓也大江健三郎など[2]井上ひさし『私家版 日本語文法』、山口瞳居酒屋兆治』、櫻井よしこ『何があっても大丈夫』など、『波』に連載された作品でベストセラーとなったものは多い[2][5]2007年1月号より、レイアウトがリニューアルされ、全128ページとなる[2]2011年8月号で通巻500号を達成している[6]

判型はA5判[7]。雑誌コードは06823[8]。定期購読と書店での無料配布で展開している。自社刊行物の宣伝や書籍に関する情報が掲載されているほか、人気作家の連載小説エッセイなど読み応えのあるコンテンツが多い。本誌連載の後、ハードカバー化されて新潮社より刊行されるケースが多い。毎月27日に発売されている[9][10]

出版社が発行するPR誌には他に、『IN★POCKET』(講談社)、『図書』(岩波書店)、『青春と読書』(集英社)、『本の旅人』(KADOKAWA)、『asta*』(ポプラ社)などがある。

過去の連載作品[編集]

波 -E magazine Nami-[編集]

波 -E magazine Nami- は、『波』のデジタル版[11]。『波』に掲載された各種書籍刊行時の書評・エッセイ、インタビュー、対談などが、ウェブ上で無料で読むことができる[11]2012年5月号から掲載されている[11]。最新号の記事から順番に「書評・エッセイ」「インタビュー」「対談・鼎談」の項目ごとに掲載されているほか、月号ごとに見ることもできる[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]