三島由紀夫賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三島由紀夫賞(みしまゆきおしょう)は、作家・三島由紀夫の業績を記念し新潮社の新潮文芸振興会が主催する文学賞[1]。略称は「三島賞」。新潮社は新潮社文学賞(1954-1967年)、日本文学大賞(1969-1987年)を主催してきたが、それに代わるものとして、三島没後17年の1987年(昭和62年)9月1日に創設され[1]、翌1988年(昭和63年)に選考・授与が開始された[2]

三島由紀夫は新潮社と付き合いが深く、『愛の渇き』『潮騒』をはじめ、書き下ろし小説を何冊も出し、晩年は『豊饒の海』四部作を雑誌『新潮』に連載した。没後は新潮社から全集が出され、小説と戯曲の多くが新潮文庫に収録された。新潮社が芥川賞直木賞と同種のカテゴリーを要求しつつ新しい才能を求めるべく打ち出したのが、三島由紀夫賞と山本周五郎賞である。

選考[編集]

対象は小説評論詩歌戯曲の「文学の前途を拓く新鋭の作品一篇に授与する」としている[1][3]。2013年(平成25年)時点では、候補作・受賞作のほとんどは小説作品である。

選考会は5月中旬頃(前年の4月1日から選考年の3月31日までの発表作品が選考対象)。受賞作家には、記念品および副賞100万円が授与される。選考委員は任期制で4年ごとに入れ替わることになっているが、実は再任が可能である。このため、宮本輝は20年も選考することになり、同一人物が長期間審査する批判を免れることはなかった。東浩紀の『存在論的、郵便的 ジャック・デリダについて』は、「評論ではなく論文である」という選考委員の指摘から受賞にいたることがなかったが、『クォンタム・ファミリーズ』は「小説」であったため受賞が可能であった。

芥川賞に比べ、純文学以外のジャンル出身作家からの受賞がある(舞城王太郎古川日出男など)。また、中堅作家、大家が受賞することがある(矢作俊彦蓮實重彦など)。芥川賞のような取りこぼしをできるかぎり回避する努力が当初は見られたものの、落選した多和田葉子クライスト賞を受賞し[4]、受賞者の蓮實重彦がいしいしんじを推したことで、三島賞も「とりこぼし」が批判されつづけている。

受賞作[編集]

第1期[編集]

選考委員:江藤淳大江健三郎筒井康隆中上健次宮本輝

第1回1988年

第2回1989年

第3回1990年

第4回1991年

第2期[編集]

選考委員:石原慎太郎、江藤淳、高橋源一郎、筒井康隆、宮本輝(中上健次は1992年死去)

第5回1992年

  • 受賞作:なし
  • 候補作:伊井直行『雷山からの下山』、小林恭二『瓶の中の旅愁』、魚住陽子『公園』、野中柊『アンダーソン家のヨメ』、盛田隆二『サウダージ』、鷺沢萠『ほんとうの夏』、多和田葉子『三人関係』
    • 解説:唯一の受賞なし。ただし、ノミネートされた作家が他の国内文学賞や国際文学賞を受賞したことにより、取りこぼしが批判された。

第6回1993年

第7回1994年

第8回1995年

第3期[編集]

選考委員:青野聰、石原慎太郎、江藤淳(第10回は欠席。第10回まで)、筒井康隆、宮本輝

第9回1996年

第10回1997年

第11回1998年

  • 受賞作:小林恭二『カブキの日』(『群像』1998年4月号)
  • 候補作:飯嶋和一『神無き月十番目の夜』、見沢知廉『調律の帝国』、角田光代『草の巣』、町田康『夫婦茶碗』、リービ英雄『国民のうた』
    • 解説:珍しく、全会一致で受賞が決定。

第12回1999年

  • 受賞作:鈴木清剛『ロックンロールミシン』(河出書房新社)、堀江敏幸『おぱらばん』(青土社)
  • 候補作:東浩紀『存在論的、郵便的 ジャック・デリダについて』(サントリー学芸賞受賞)、大塚銀悦『久遠』、辻征夫『ぼくたちの(俎板のような)拳銃』、赤坂真理『ヴァニーユ』
    • 解説:筒井は東の『存在論的、郵便的』を絶賛するが、他の委員から「難解過ぎて分からない」「学術書を文学賞の候補に入れるのはおかしい」と拒否された。ジャック・デリダの存在を知らない委員がいたことが筒井により暴露された。

第4期[編集]

選考委員:島田雅彦、高樹のぶ子、筒井康隆、福田和也、宮本輝

第13回2000年

  • 受賞作:星野智幸『目覚めよと人魚は歌う』(『新潮』2000年4月号)
  • 候補作:角田光代『東京ゲスト・ハウス』、デビット・ゾペティ『アレグリア』、伊井直行『服部さんの幸福な日』、宮沢章夫『サーチエンジン・システムクラッシュ』

第14回2001年

第15回2002年

  • 受賞作:小野正嗣『にぎやかな湾に背負われた船』(朝日新聞社、『小説トリッパー』2001年秋号)
  • 候補作:横田創『裸のカフェ』(『群像』2001年8月号)、舞城王太郎『熊の場所』(『群像』2001年9月号)、阿部和重『ニッポニアニッポン』、平出隆『猫の客』、綿矢りさインストール』(河出書房新社 文藝賞受賞作)
    • 解説:受賞作には福田和也一人だけが×を付けたが、他の選考委員の〇により受賞が決定。福田は「この作品にだけは受賞はないと思っていたが、受賞した以上今後の活躍に期待する」と述べた。

第16回2003年

  • 受賞作:舞城王太郎阿修羅ガール』(新潮社)
  • 候補作:嶽本野ばら『エミリー』、有吉玉青『キャベツの新生活』、黒田晶『世界がはじまる朝』、佐藤智加『壊れるほど近くにある心臓』、野中柊『ジャンピング・ベイビー』(『新潮』2003年4月号)
    • 解説:覆面作家・舞城は公の場に出たくないため、授賞式を欠席。島田は「失礼だ」と不快感を示す。宮本輝ただひとりだけが×を付けたが、他の選考委員の〇により受賞が決定。筒井康隆ほかの委員が文学賞受賞者の低年齢化に苦言を呈した。

第5期[編集]

選考委員:第4期と同じ

第17回2004年

  • 受賞作:矢作俊彦『ららら科學の子』(文藝春秋、『文學界』連載)
  • 候補作:いしいしんじ『プラネタリウムのふたご』、安達千夏『おはなしの日』(『すばる』2003年12月号)、嶽本野ばら『ロリヰタ。』、鹿島田真希『白バラ四姉妹殺人事件』(『新潮』2004年3月号)
    • 解説:「レベルが違う」「近代日本文学の傑作」と賞賛され、矢作が満場一致で受賞。「新人賞である筈の三島賞に、なぜベテランの矢作が候補に挙がるのか」との疑問も出た。受賞の記者会見で矢作は「文学に新人やベテランとの区分は、特に重要ではない」と答える。

第18回2005年

第19回2006年

  • 受賞作:古川日出男『LOVE』(祥伝社
  • 候補作:いしいしんじ 『ポーの話』、西村賢太『どうで死ぬ身の一踊り』、宮崎誉子『少女@ロボット』、前田司郎『恋愛の解体と北区の滅亡』(『群像』2006年3月号)
    • 解説:筒井は「見せかけの新しさ」と古川を批判し、「もっとも面白く読めた」といしいを推した。福田は「退屈の一言」といしいを最も低く評価、「頭一つ抜けている」と前田を推した。その前田には福田以外、全員が×をつけた。票が割れ、最後に福田、島田、宮本が古川を推し受賞。前田は戯曲の世界で華麗なデビューを飾ったことで、取りこぼしが選考委員や取材者からも批判された。

第20回2007年

  • 受賞作:佐藤友哉(最年少受賞)『1000の小説とバックベアード』(新潮社)
  • 候補作:西川美和ゆれる』(自作脚本を小説化したもの)、本谷有希子『生きてるだけで、愛。』、柴崎友香『また会う日まで』、いしいしんじ『みずうみ』
    • 解説:宮本輝を除く4人の選考委員が票を入れ受賞決定。宮本は「文字だけで書かれたドタバタコミック」と酷評。メフィスト賞出身の作家としては舞城王太郎以来二人目。

第6期[編集]

選考委員:小川洋子川上弘美辻原登平野啓一郎町田康

第21回2008年

  • 受賞作:田中慎弥『切れた鎖』(新潮社)
  • 候補作:本谷有希子『遭難、』、藤谷治『いつか棺桶はやってくる』、日和聡子『おのごろじま』、前田司郎『誰かが手を、握っているような気がしてならない』、黒川創『かもめの日』(読売文学賞受賞)

第22回2009年

第23回2010年

第24回2011年

第7期[編集]

選考委員:川上弘美、高村薫、辻原登、平野啓一郎、町田康

第25回2012年

  • 受賞作:青木淳悟『私のいない高校』(講談社)
  • 候補作:福永信『一一一一一』、木村友祐『イサの氾濫』、いしいしんじ『ある一日』、村田沙耶香『タダイマトビラ』、柴崎友香『わたしがいなかった街で』

第26回2013年

第27回2014年

第28回2015年

第8期[編集]

選考委員:第7期と同じ

第29回2016年

第30回2017年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『決定版 三島由紀夫全集第42巻・年譜・書誌』(新潮社、2005年)
  2. ^ 三島由紀夫賞・過去の受賞作品
  3. ^ 三島由紀夫賞規定
  4. ^ 選考委員の高橋源一郎ただ一人が評価した。三島賞・選評より。
  5. ^ 三島由紀夫賞に80歳の蓮實重彦さんの「伯爵夫人」
  6. ^ 三島賞に蓮実重彦さん、山本賞に湊かなえさん

参考文献[編集]

  • 『決定版 三島由紀夫全集第42巻・年譜・書誌』(新潮社、2005年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]