山城むつみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山城 むつみ(やましろ-、男性、1960年9月24日-)は日本の文芸評論家。本名は山城康治。筆名のむつみは妻の名。東海大学文学部文芸創作学科教授。

来歴[編集]

大阪府生まれ。

奈良県立郡山高等学校卒業。

大阪外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。大阪外国語大学の学生時代には法橋和彦から教えを受けた。

1992年に「小林批評のクリティカル・ポイント」(『群像』1992年12月号)で第35回群像新人文学賞評論部門受賞。第1回瞠目反・文学賞(選考委員は島田雅彦筒井康隆渡部直己)候補に選ばれるが受賞を逃す。受賞作は奥泉光『ノヴァーリスの引用』。

1995年3月、太田出版より『文学のプログラム』刊行。同年5月に第8回三島由紀夫賞候補となるも落選。受賞作は山本昌代『緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道』。同年の第23回平林たい子文学賞にも選出されるが落選。同賞は川村湊『南洋・樺太の日本文学』が受賞。

群像』1996年10月号の企画「私の選ぶ戦後文学ベスト3」で椎名麟三『重き流れのなかに』、野間宏『暗い絵』、森有正『経験と思想』を選出。

2001年下期、布施英利とともに『文學界』にて「新人小説合評」を担当。

文學界』2004年2月号より不定期連載「ドストエフスキー」を開始。以後、「ドストエフスキー〔2〕」(2004年7月号)、「ドストエフスキー〔3〕」(2005年12月号)、「ドストエフスキー〔4〕」(2007年3月号)、「ドストエフスキー〔4〕承前」(2007年4月号)と続ける。2008年より掲載誌を『群像』に変更し2010年7月号で完結(「ドストエフスキー『白痴』について」(2008年8月号)、「ドストエフスキー『未成年』の切り返し」(2009年4月号)、「カラマーゾフのこどもたち」(2010年7月号))。7年以上に及んだ連載は同年11月に単行本化され、翌年11月に第65回毎日出版文化賞を受賞した。

2015年、「小林秀雄とその戦争の時」で第6回鮎川信夫賞候補になるも落選。受賞作は岸田将幸『亀裂のオントロギー』、阿部嘉昭『換喩詩学』。

著作[編集]

  • 『文学のプログラム』(太田出版、1995/講談社文芸文庫、2009)         
  • 『転形期と思考』(講談社、1999)
  • 『ドストエフスキー』(講談社、2010/講談社文芸文庫、2015) 
  • 『連続する問題』(幻戯書房、2013)
  • 『小林秀雄とその戦争の時-『ドストエフスキイの文学』の空白』(新潮社、2014)

共著[編集]

  • 『文学は<人間学>だ。』佐藤泰正共著 笠間書院、2013 

評価[編集]

  • 評論家の佐々木敦は『文藝年鑑 2014』(日本文藝家協会編集 新潮社、2014年6月)に寄稿した「文芸評論」の項目において「大澤信亮は「文芸批評」の歴史(的正統)性に極めて意識的な書き手だが、彼が先行世代で最も親近感を抱いている評論家は、疑いなく山城むつみであろう」と書いている。

論文[編集]

外部リンク[編集]