朝吹亮二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝吹 亮二
誕生 朝吹 亮二
(1952-04-30) 1952年4月30日(66歳)
日本の旗 東京都
職業 仏文学者詩人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学修士慶應義塾大学1979年
最終学歴 慶應義塾大学大学院文学研究科
博士課程単位取得退学
ジャンル
主な受賞歴 藤村記念歴程賞1987年
鮎川信夫賞詩集部門(2011年
福澤賞2016年
子供 朝吹真理子
親族 朝吹英二曾祖父
長岡外史(曾祖父)
久原房之助(曾祖父)
朝吹常吉祖父
石井光次郎(祖父)
朝吹三吉
朝吹登水子叔母
石井好子(叔母)
公式サイト プロフィール - 朝吹 亮二 / 法学部 法学部共通
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

朝吹 亮二(あさぶき りょうじ、1952年4月30日 - )は、日本フランス文学者詩人学位文学修士慶應義塾大学1979年)。慶應義塾大学法学部教授

概要[編集]

東京都出身。1975年慶應義塾大学文学部卒業、1979年慶應義塾大学大学院修士課程文学研究科修了、1982年慶應義塾大学大学院博士課程文学研究科単位取得退学。学位は、文学修士(修士、1979年取得)・フランス文学専攻。慶應義塾大学法学部教授。専門はフランス近・現代詩、シュルレアリスム

詩人としては、「opus」「密室論」「明るい箱」「現代詩文庫 朝吹亮二詩集」といった作品がある。1987年、詩集「opus」で第25回藤村記念歴程賞受賞。翌年、同作で第1回三島由紀夫賞候補。長らく詩作から離れていた時期もあるが、2008年松浦寿輝川上弘美とともに詩誌「水火」に参加して復活をみせた。2011年、16年ぶりの詩集「まばゆいばかりの」で第2回鮎川信夫賞受賞。2016年シュルレアリスムの創始者であるブルトンの詩を取り上げた「アンドレ・ブルトンの詩的世界」で福澤賞受賞。

曽祖父は実業家の朝吹英二と陸軍中将の長岡外史、元立憲政友会正統派総裁の久原房之助、祖父は実業家の朝吹常吉と元衆議院議長石井光次郎、父はフランス文学者の朝吹三吉。叔母に仏文学者の朝吹登水子シャンソン歌手石井好子がおり、ノーベル化学賞の野依良治は親族関係にある。また、娘に芥川賞作家の朝吹真理子がいる。

親族[編集]

そのほかにも、縁戚関係のある人物として牛場暁夫義従弟)などがいるが、ここでは親族に限定して記載した。

略歴[編集]

賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『終焉と王国 詩集』青銅社 1979
  • 『封印せよその額に』青銅社 1982
  • 『朝吹亮二詩集』思潮社(詩・生成) 1985
  • 『opus』思潮社 1987

(なおopusの読み方は「オーパス」「オピュス」など諸説あるが、本文には「オプス」と表記されている。)

  • 『密室論』七月堂 1989
  • 『朝吹亮二詩集』思潮社(現代詩文庫) 1992
  • 『An Anthology of Contemporary Japanese Poetry』Leith Morton著 Garland Publishing(英訳、アンソロジー) 1993
  • 『明るい箱』思潮社 1994
  • 『まばゆいばかりの』思潮社 2010
  • 『記号論』松浦寿輝共著 思潮社 1985

論文[編集]

  • 朝吹亮二
  • 瀧口修造におけるコラボレーションと集団的想像力』科学研究費補助金研究成果報告書、日本学術振興会、2012 
共著

共作[編集]

現代音楽家の高橋悠治は、1991年に朝吹の詩「水」「opus 76」に音楽を付けている。また1994年には高橋悠治と慶應義塾大学三田キャンパスでのイベント「誌をめぐるコラボレーション」にてライブパフォーマンスをしている。

人物[編集]

詩誌『水火』に、幼少期のフランスでの生活を思わせる記述がある。朗読パフォーマンスには否定的である。FacebookTwitterなどから、愛猫家としても知られている。趣味はギター製作。

外部リンク[編集]