朝吹登水子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

朝吹 登水子(あさぶき とみこ、1917年2月27日 - 2005年9月2日)は、日本フランス文学者随筆家

経歴[編集]

実業家朝吹常吉の長女として東京府(現・東京都)に生まれる。父方の祖父は三井系企業で活動した実業家・朝吹英二で、母方の祖父は長岡外史。長兄・朝吹英一は木琴の研究家、三兄・朝吹三吉もフランス文学者。2回結婚しており、2度目の夫は香水で有名なコティ社の研究所長・取締役を務めた調香師アルベール・アルゴーで、最初の夫との間の娘は翻訳家の朝吹由紀子。由紀子の夫は慶應義塾大学名誉教授で仏文学者の牛場暁夫、由紀子夫妻の息子(登水子の孫)は慶應義塾大学理工学部生命情報学科准教授の牛場潤一。兄・三吉の孫娘は第144回芥川龍之介賞を受賞した小説家朝吹真理子。また、血縁関係はないが長兄の妻・京の妹がシャンソン歌手石井好子であり、石井が1950年代に渡仏して以来姉妹同様の仲となり、娘の由紀子と共に深い親交があったことでも知られている。

女子学習院を中退ののち、1936年フランスに渡り、ブッフェモン女学校、パリ大学ソルボンヌに学んで1939年帰国。

戦後、1950年に再度渡仏、1955年フランソワーズ・サガンの『悲しみよこんにちは』の翻訳ベストセラーになり、以後、サガンの訳を多く手がけた。そのほか、ボーヴォワールの翻訳、サルトルとの交遊で知られた。また、自伝的小説『愛のむこう側』、パリや実家に関する随筆などでも知られている。

1958年第11回カンヌ国際映画祭で審査員を務めた。2000年にはフランス政府よりレジオンドヌール勲章シュヴァリエを叙勲された[1]

葬儀の喪主は孫の牛場潤一が務めた。88歳没。

著作[編集]

翻訳[編集]

  • 私は流行をつくる クリスチャン・ディオール 新潮社、1953
  • 悲しみよこんにちは F.サガン 新潮文庫、1955
  • ある微笑 サガン 新潮社、1956(のち新潮文庫)
  • 一年ののち サガン 新潮社、1958(のち新潮文庫)
  • パリの女 アンドレ・モーロア 紀伊国屋書店、1959
  • 私は演劇人である ジャン=ルイ・バロー 新潮社、1959
  • 女秘書の日記 エリザベット・トレヴォル 新潮社、1959
  • 娘時代--ある女の回想 ボーヴォワール 紀伊国屋書店、1961
  • ブラームスはお好き サガン 新潮文庫、1961(のち新潮文庫)
  • すばらしい雲 サガン 新潮社、1962(のち新潮文庫)
  • 女ざかり ボーヴォワール(二宮フサとの共訳)紀伊国屋書店、1963
  • 或る戦後 ボーヴォワール(二宮フサとの共訳)紀伊国屋書店、1965
  • 美しい映像 ボーヴォワール(三吉との共訳)人文書院、1967
  • 熱い恋 サガン 新潮社, 1967(のち新潮文庫)
  • 女性と知的創造 ボーヴォワール(三吉との共訳)人文書院、1967
  • 毒物 サガン 求竜堂、1969
  • 優しい関係 サガン 新潮社、1969(のち新潮文庫)
  • 危機の女 ボーヴォワール 人文書院、1969
  • 冷たい水の中の小さな太陽 サガン 新潮社、1970(のち新潮文庫)
  • 心の青あざ サガン 新潮社、1973(のち新潮文庫)
  • 失われた横顔  サガン 新潮社、1975(のち新潮文庫)
  • 絹の瞳 サガン 新潮社、1977(のち新潮文庫)
  • 乱れたベッド サガン 新潮社、1978(のち新潮文庫)
  • ボーヴォワールー自身を語る 三吉との共訳 人文書院、1980
  • 昼も夜も晴れて サガン 新潮社、1980
  • 青春の挫折 ボーヴォワール 三吉との共訳 人文書院、1981
  • 愛は遠い明日 サガン 新潮社、1982(のち新潮文庫)
  • 赤いワインに涙が… サガン 新潮社、1983(のち新潮文庫)
  • 愛の中のひとり サガン 新潮社、1986(のち新潮文庫)

著書[編集]

  • パリの男たち 講談社、1965
  • ボーヴォワールとサガン 読売新聞社、1967
  • おしゃべりフランス語(朝吹由紀子との共著)実業之日本社、1970
  • 愛のむこう側 新潮社、1977(のち新潮文庫)
  • 私の巴里・パリジェンヌ 文化出版局、1977
  • 私の巴里・アンティーク 文化出版局、1979
  • パリの男たち 人文書院、1979
  • 愛のデッサン PHP研究所、1979
  • パリ、その日その時 人文書院、1979
  • 描かれたパリ 講談社、1980
  • 私の巴里・ジュエリー 文化出版局、1981
  • ヨーロッパ通信 読売新聞社、1983
  • 私の軽井沢物語 文化出版局、1985
  • もうひとつの愛 読売新聞社、1987
  • ある家族の肖像--朝吹家の人々 明治・大正・昭和(編著)アトリエ出版社、1987
  • 私の巴里物語 文化出版局、1989
  • わが友サルトル、ボーヴォワール 読売新聞社、1991
  • サルトル、ボーヴォワールとの28日間-日本 同朋舎出版、1995
  • 私の東京物語 文化出版局、1998
  • 豊かに生きる 世界文化社、2002

脚注[編集]

  1. ^ 朝吹登水子”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 講談社. 2010年4月18日閲覧。