朝吹三吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

朝吹 三吉(あさぶき さんきち、1914年2月7日 - 2001年2月3日)は、日本フランス文学者

生涯[編集]

実業家朝吹常吉の三男として東京府(現・東京都)に生まれる。祖父は三井系企業の重役を歴任した朝吹英二慶應義塾幼稚舎から普通部を経て予科一年終了後、1933年フランスに渡る。ジャンソン・ド・サイイ高等中学、パリ大学に学び、1939年帰国。

1946年、慶應義塾大学文学部フランス文学科専任講師となり、のち法学部教授。1979年定年退職。その間、ユネスコパリ本部文化局次長を六年余り務めた。ジャン・ジュネ『泥棒日記』のほか、妹・朝吹登水子との共訳によるシモーヌ・ド・ボーヴォワールの翻訳で知られる。

妻は政治家で第54代衆議院議長石井光次郎の長女。妻の祖父が政治家で立憲政友会正統派の総裁を務めた久原房之助、妻の妹がシャンソン歌手の石井好子。次男・朝吹亮二は詩人、慶大法学部教授(フランス文学)。登水子の娘婿牛場暁夫は、フランス文学者で慶大名誉教授。小説家で第144回芥川龍之介賞を受賞した朝吹真理子は孫娘。

ノーベル化学賞を受賞した野依良治とは、親族関係である。

翻訳[編集]

  • 泥棒日記 ジャン・ジュネ 新潮社、1953、新潮文庫 改版1990 ほか様々な版で再刊
  • テーゼ アンドレ・ジッド 新潮文庫、1954
  • レ・マンダラン シモーヌ・ド・ボーヴォワール 新潮社、1966
  • 美しい映像 シモーヌ・ド・ボーヴォワール 登水子との共訳 人文書院、 1967
  • 女性と知的創造 シモーヌ・ド・ボーヴォワール 登水子との共訳 人文書院、1967
  • 老い シモーヌ・ド・ボーヴォワール 人文書院、1972
  • 決算のとき シモーヌ・ド・ボーヴォワール 二宮フサとの共訳 紀伊国屋書店、1973-74
  • ボーヴォワール―自身を語る 登水子との共訳 人文書院、1980
  • 青春の挫折 シモーヌ・ド・ボーヴォワール 登水子との共訳 人文書院、1981
  • 別れの儀式 シモーヌ・ド・ボーヴォワール 人文書院、1984
  • 女たちへの手紙 ジャン=ポール・サルトル 人文書院、1985
  • 私自身のための優しい回想 フランソワーズ・サガン 登水子との共訳 新潮社、1986、のち新潮文庫

文集[編集]

  • 文集朝吹三吉 新潮社、1994(非売品)

評伝[編集]

  • 石村博子 「孤高の名家 朝吹家を生きる 仏文学者・朝吹三吉の肖像」 角川書店、2013