この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

朝吹真理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝吹 真理子
(あさぶき まりこ)
誕生 1984年12月19日(31歳)
日本の旗 東京都
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 修士文学
慶應義塾大学2011年
最終学歴 慶應義塾大学大学院国文科修了
活動期間 2009年 -
ジャンル 小説
代表作 『きことわ』(2010年)
主な受賞歴 ドゥマゴ文学賞(2010年)
芥川龍之介賞(2011年)
デビュー作 『流跡』(2009年)
親族 朝吹英二高祖父
長岡外史(高祖父)
久原房之助(高祖父)
朝吹常吉曾祖父
石井光次郎(曾祖父)
朝吹三吉祖父
朝吹登水子大叔母
石井好子(大叔母)
朝吹亮二
公式サイト 朝吹真理子|新潮社
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

朝吹 真理子(あさぶき まりこ、1984年12月19日 - )は、日本小説家

経歴

東京都出身。慶應義塾大学大学院文学研究科国文学専攻修士課程修了。近世歌舞伎を専攻し、修士論文のテーマは鶴屋南北[1]

吉増剛造を囲む会にてスピーチしたところ、それを聞いていた編集者から小説を書くよう熱心に勧められた[2]。それをきっかけに、小説家としてのデビュー作「流跡」を『新潮2009年10月号に発表、2010年堀江敏幸の選考で第20回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。2011年、「きことわ」(『新潮』9月号)で、第144回芥川龍之介賞(平成22年度下半期)受賞[3]

大学院で修士号を取得したあとは、博士課程には進学せず、専業の作家として活動している。

人物

趣味
小学生時代からやっている将棋とチェスが趣味。将棋については、特に名人戦や竜王戦のテレビ中継をよく見ていて、執筆の合間ではなく一日中かじりつくように見ているとのこと。さらに、受賞作の『きことわ』には「棋譜が音楽になってる。E4からはじまってステイルメイトで終わる」と、チェスの話が書かれている。
将棋の実戦や詰め将棋は苦手なため、実際に指すことはほとんどない[4]。しかし『将棋世界』を愛読し、『囲碁・将棋ジャーナル』などの将棋関連番組も視聴しており、東急将棋まつりにも足を運ぶ[4]
広義の実験音楽を含め、広範なジャンルのコンテンポラリーな音楽を嗜む。文芸誌における日記やエッセイでも、クラシックやジャズの他に、ブライアン・イーノ池田亮司などの電子音楽や、スーサイド裸のラリーズなどのノイジーなロックなど、多岐にわたる趣向を披瀝している。芥川賞受賞作『きことわ』にはマニュエル・ゲッチングの『E2-E4』が登場した。
写真
2011年、写真家篠山紀信の個展のためモデルを務めた。しかし、篠山が作品を「情事」と命名しようとしたことに難色を示したため、最終的に「Untitled」と命名されることとなった[5]。そのような経緯もあり、篠山とはその後疎遠となる。篠山の個展で自身が被写体となった写真が展示されても、その会場を訪れることはなかったとされる[5]。当時の状況について、篠山は「それ以来絶交状態」[5]だったと語っている。しかし、この件は写真について深く考えるきっかけとなった。2012年に篠山と再会して対談した際、「あれ以来写真は一体誰に属するものなのか、自分だけど自分でないような。自分から違うところに存在している作品、についてずっと考えていた」[5]と述べている。
嗜好
「好きなアイドル俳優はいましたか?」[2]と質問された際、十五代目片岡仁左衛門二代目中村小山三の両名の名を挙げている[2]。特に、中村小山三については、『東海道四谷怪談』の宅悦女房を高く評価している[2]

家族・親族

詩人仏文学者朝吹亮二祖父朝吹三吉曾祖父実業家朝吹常吉衆議院議長などを歴任した石井光次郎高祖父実業家朝吹英二陸軍軍人長岡外史立憲政友会正統派総裁などを歴任した久原房之助翻訳家朝吹登水子シャンソン歌手石井好子大叔母にあたる。

そのほかにも、縁戚関係のある人物として、牛場暁夫義従叔父)や野依良治などがいるが、ここでは親族に限定して記載した。

受賞歴

作品一覧

単著

  • 流跡(2010年10月 新潮社 / 2014年6月 新潮文庫
    • 【初出】『新潮』2009年10月号
  • きことわ(2011年1月 新潮社 / 2013年8月 新潮文庫)
    • 【初出】『新潮』2010年9月号
    • 第144回芥川龍之介賞(平成22年度下半期)受賞作品[6]

単行本未収録作品

  • 家路(『群像』2010年4月号)

アンソロジー

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 読売:平成22年11月7日:15面「著者来店」
  2. ^ a b c d 朝吹真理子「文学の名門に生まれたゆえの苦悩――文学少女? いいえ、私は『野蛮』でした」『文藝春秋』89巻3号、文藝春秋2011年3月1日、380頁。
  3. ^ 芥川賞は朝吹さんと西村さん、直木賞は道尾さんと木内さん 産経新聞 2011年1月17日閲覧
  4. ^ a b 朝吹真理子「文学の名門に生まれたゆえの苦悩――文学少女? いいえ、私は『野蛮』でした」『文藝春秋』89巻3号、文藝春秋2011年3月1日、382頁。
  5. ^ a b c d 篠山紀信「この人の月間日記――オレの写真の力は芸術を越えた――若手女優に裸の美女。落合監督にスカイツリー。今日も『写真力』全開で撮影に臨む」『文藝春秋』90巻14号、文藝春秋2012年11月1日、382頁。
  6. ^ 第144回 平成22年下期 西村賢太・朝吹真理子

外部リンク