橋健堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橋 健堂(はし けんどう、1822年文政5年)- 1881年明治14年)12月2日)は日本の漢学者書家加賀藩学問所「壮猶館教授

作家三島由紀夫曽祖父橋倭文重の祖父。

生涯[編集]

1822年(文政5年)、加賀国金沢(現石川県金沢市)で、加賀藩士の父・橋一巴(幸右衛門)と金沢出身の母との間に二男として生まれる。幼少より書を善くした。父・橋一巴(いっぱ)は漢学者、書家で、「鵠山」と号した。健堂の兄・往来(ゆきき)も漢学者、書家で、「石甫」「対蘭軒」と号した。

成人し、長町四番丁(城下西部)に「弘義塾」を開くとともに、石浦町(城下中央部)に「正善閣」を開いて習字を教える(後者の対象は女子である)。健堂は、多数の子弟を教育し、「生徒常に門に満つ」と称された。金沢の大村家の娘と結婚し、六女を儲ける。

1854年(安政元年)、加賀藩による「壮猶館」の開設に伴い、漢学教授となる。1867年(慶応3年)、卯辰山に漢学塾「集学所」を開き、平民教育にも力をそそぐ。この「集学所」は時間割を自由にして夜学の部が設けられ、現代の夜間校のはしりでもあった。 1870年(明治3年)、藩の文学訓導、筆翰教師となる。廃藩置県後の1873年(明治6年)、小学校三等出仕に補される。1875年(明治8年)、二等出仕に進み、1879年(明治12年)、木盃をもって顕彰される。

子がいずれも娘であったため、1873年(明治6年)に瀬川健三を三女・こうの婿養子とした。健堂の『蒙求』中心の漢学や庶民教育にかける熱意は、養子の健三に継承される。

1881年(明治14年)12月2日、59歳で没し、野田山に葬られる。

人物[編集]

健堂は、夜学女子教育の充実など、教育者として先駆的であった。また、「壮猶館」「集学所」など、その出処進退は藩の重要プロジェクトと連動していた。健堂が出仕した「壮猶館」は、儒学を修める藩校ではなく、加賀藩が命運を賭して創設した軍事機関である。健堂は市井の漢学者ではなく、軍事拠点の中枢にあって、海防論を戦わせ、佐野鼎から洋式兵学を吸収する立場にあった。

学問所「壮猶館」[編集]

1853年(嘉永6年)、ペリー率いる黒船の来航は、人々に大きな衝撃を与えた。200余年に及ぶ幕府鎖国体制を崩壊させる外圧の始まりである。「日本全体が主戦状態にある」という現状認識から、幕府はもとより、各藩において海防政策が最重要課題となった。健堂のいた加賀藩も財政難に苦しみながら、海防強化に乗り出してゆく。1854年(安政元年)、上柿木畠火術方役所所管地(現在の知事公舎横)に「壮猶館」が整備される。施設は、加賀藩の軍制改革の中核的な存在として明治初年まで存続する。

「壮猶館」では、砲術馬術洋学医学洋算航海測量学などが研究され、訓練や武器の製造を行った。さらに加賀藩では、西洋流砲術の本格的な導入と軍制改革を図るため、洋式兵学者の招聘を検討する。村田蔵六佐野鼎斎藤弥九郎の3人が候補に上がり、1857年(安政4年)、西洋流砲術として名高い佐野鼎が出仕する。佐野は、西洋砲術師範棟取役に就任した[1]。「壮猶館」では、佐野を中心に海防が議論され、軍事研究の深化が図られた。

「壮猶館」は単なる研究機関ではなく、敷地内には、砲術のための棚場調練場が設けられるとともに、弾薬所や焔硝製造所、軍艦所が付設されるなど、一大軍事拠点を形成していた。「壮猶館」の資料として『歩兵稽古法』『稽古方留』『砲術稽古書』が残されている。これらは、橋健堂の曾孫・三島由紀夫陸上自衛隊富士学校で学んだテキストの先駆をなすものである[2]

系譜[編集]

橋家系図
 
 
 
 
 
往来
 
船次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋一巴
 
 
 
 
 
 
 
つね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
健堂
 
 
ふさ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋健行
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
瀬川健三
 
 
雪子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
橋正男
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トミ
 
 
橋健雄
 
 
平岡公威(三島由紀夫)
 
 
紀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
より
 
 
橋行蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ひな
 
 
倭文重
 
 
杉山瑤子
 
 
平岡威一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美津子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
平岡梓
 
 
平岡千之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重子
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連人物[編集]

参考文献[編集]

  • 岡山典弘「三島由紀夫と橋家 もう一つのルーツ」(『三島由紀夫と編集 三島由紀夫研究11』)(鼎書房、2011年)
  • 松本英治『加賀藩における洋式兵学者の招聘と佐野鼎の出仕』
  • 越次倶子『三島由紀夫 文学の軌跡』(広論社、1983年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この経緯は、松本英治教諭の『加賀藩における洋式兵学者の招聘と佐野鼎の出仕』に詳しい。
  2. ^ 岡山典弘「三島由紀夫と橋家 もう一つのルーツ」(『三島由紀夫と編集 三島由紀夫研究11』)(鼎書房、2011年)