陸上自衛隊富士学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

陸上自衛隊富士学校(りくじょうじえいたいふじがっこう、JGSDF Fuji School)は、静岡県駿東郡小山町須走481-27 (富士駐屯地内)に所在する陸上自衛隊防衛大臣直轄機関の一つ。なお名前が「学校」となっているが、学校教育法に規定される専修学校各種学校ではない。

概要・任務[編集]

普通科野戦特科機甲科戦車偵察)及びその3職種の相互協同に関わる教育訓練を行う。富士学校長は師団長の経験を有する陸将が務める。富士学校は陸上自衛隊の主として普通科、野戦特科及び機甲科の幹部自衛官陸曹の特技教育を実施する。当該職種の一般幹部候補生課程出身の幹部は任官後幹部初級課程で学び、小隊長等として必要な識能と資質を習得する。じ後、数年の部隊勤務を経て更に幹部上級課程に進み中隊長等として必要な識能と資質を付与する。これらの課程の他、各職種に必要な特技課程が設置されている。

なお、過酷な訓練で有名な「幹部レンジャー課程」も当校に設置されており、各部隊から選抜された隊員がレンジャー教官となるための訓練を受けている。

沿革[編集]

  • 1954年(昭和29年)08月20日:普通科学校(前川原)、特科学校(習志野)、特車教導隊(相馬原)が統合して発足
  • 2000年(平成12年)03月:部隊訓練評価隊(FTC)の新編
  • 2001年(平成13年)03月:総合開発研究部及び装備開発実験隊(現在の開発実験団)を廃止。
  • 2017年(平成29年)10月12日:「統合火力教育訓練センター」を開設[1][2](敵の占拠地近くに潜入し、海自護衛艦による艦砲射撃や空自戦闘機の対地攻撃などを支援する「火力誘導班要員」を養成する)

組織編成[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
陸上自衛隊富士学校長
兼 富士駐屯地司令
陸将 德田秀久 2015年12月22日 第5旅団
副校長 陸将補 藤岡登志樹 2017年08月08日 第1師団副師団長
練馬駐屯地司令
企画室長 1等陸佐 三塚克也 2016年12月20日 対馬警備隊
対馬駐屯地司令
総務部長 1等陸佐 天本博文 2017年03月23日 第5旅団司令部幕僚長
管理部長 1等陸佐 寺西孝之 2017年08月01日 第1施設団副団長
普通科部長 陸将補 堺一夫 2017年08月21日 陸上幕僚監部運用支援・訓練部運用支援課長
(1等陸佐)
特科部長 陸将補 青木誠 2017年08月08日 陸上幕僚監部監理部総務課長
(1等陸佐)
機甲科部長 陸将補 武田敏裕 2017年08月01日 東部方面総監部防衛部長
(1等陸佐)
歴代の陸上自衛隊富士学校長
(陸将)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
1 杉田一次 1954年8月20日 - 1957年3月11日 陸士37期
陸大44期
北部方面副総監
兼 札幌駐屯地部隊長
→1954年7月1日 陸上幕僚監部
第3管区総監
2 新宮陽太 1957年3月12日 - 1959年3月16日 陸士38期
陸大47期
第5管区総監 第6管区総監
3 宮崎舜市 1959年3月17日 - 1960年3月15日 陸士40期
陸大51期
第8混成団長
→1959年8月1日 陸将昇任
陸上幕僚監部第5部長
4 安崎操 1960年3月16日 - 1962年3月15日 陸士40期
陸大50期
陸上幕僚監部第4部長 第1師団長
5 廣瀬榮一 1962年3月16日 - 1964年3月15日 陸士43期
陸大52期
陸上幕僚監部第2部長
→1963.7.1 陸将昇任
第12師団長
6 塚本政登士 1964年3月16日 - 1965年3月15日 陸士42期
陸大53期
第8師団長 北部方面総監
7 菅谷義夫 1965年3月16日 - 1966年3月15日 陸士43期
陸大52期
第5師団長 陸上幕僚監部付
→1966.7.1 退職
8 碇井準三 1966年3月16日 - 1969年3月17日 陸士44期
陸大54期
第8師団長 退職
9 山口立 1969年3月17日 - 1971年3月16日 陸士47期
陸大58期
第4師団長 退職
10 田畑良一 1971年3月16日 - 1972年7月1日 陸士48期
陸大57期
防衛大学校幹事 退職
11 山田積昭 1972年7月1日 - 1974年7月1日 陸士51期
陸大59期
第12師団長 退職
12 廣谷次夫 1974年7月1日 - 1977年3月16日 陸士53期
陸大60期
第12師団長 退職
13 竹中義男 1977年3月16日 - 1978年6月30日 陸士56期 第6師団長 陸上自衛隊幹部学校
14 伊藤正康 1978年7月1日 - 1979年7月1日 陸士56期 第6師団長 退職
15 河津幸三郎 1979年7月1日 - 1980年3月16日 陸航士58期 第10師団長 西部方面総監
16 梅野文則 1980年3月17日 - 1981年7月1日 陸士58期 第13師団長 退職
17 柏木明 1981年7月1日 - 1983年3月16日 陸士59期 第13師団長 退職
18 横地光明 1983年3月16日 - 1984年6月30日 東京理科大学 第3師団長 東北方面総監
19 亀井輝 1984年7月1日 - 1985年7月1日 海兵75期 第1師団長 退職
20 平塚宏 1985年7月1日 - 1986年3月16日 愛媛大学 第5師団長 東部方面総監
21 太田隆 1986年3月17日 - 1987年7月6日 中央大学 第2師団長 東北方面総監
22 山本英一 1987年7月7日 - 1988年7月7日 早稲田大学 第1師団長 退職
23 奥山丈夫 1988年7月7日 - 1990年3月16日 中央大学 第12師団長 退職
24 吉崎格 1990年3月16日 - 1991年3月15日 防大2期 第2師団長 東北方面総監
25 久保正佳 1991年3月16日 - 1993年3月24日 防大3期 第8師団長 退職
26 新井均 1993年3月24日 - 1994年3月22日 防大5期 第5師団長 西部方面総監
27 長谷川重孝 1994年3月23日 - 1995年6月29日 防大6期 第10師団長 東北方面総監
28 石田潔 1995年6月30日 - 1997年3月26日 防大7期 第6師団長 退職
日本国防協会理事長
29 古川浩 1997年3月26日 - 1998年7月1日 防大8期 第8師団長 退職
30 石飛勇次 1998年7月1日 - 2001年1月11日 防大10期 第1師団長 退職
31 福田忠典 2001年1月11日 - 2002年3月22日 防大11期 第1師団長 退職
32 田原克芳 2002年3月22日 - 2003年3月27日 防大12期 防衛大学校幹事 退職
33 栁澤壽昭 2003年3月27日 - 2004年8月30日 防大13期 第12旅団長 退職
34 吉川洋利 2004年8月30日 - 2005年7月28日 防大14期 防衛大学校幹事 退職
35 直海康寛 2005年7月28日 - 2007年7月3日 防大16期 第11師団長 退職
36 内田益次郎 2007年7月3日 - 2009年3月24日 防大18期 第4師団長 退職
37 三本明世 2009年3月24日 - 2010年7月26日 防大19期 第9師団長 退職
38 山本洋 2010年7月26日 - 2012年1月30日 防大21期 第7師団長 中央即応集団司令官
39 井上武 2012年2月9日 - 2013年3月28日[3] 生徒16期・
防大22期
第14旅団長 退職
40 武内誠一 2013年3月28日 - 2015年8月4日 防大24期 第4師団長 退職
41 渡部博幸 2015年8月4日 - 2015年12月4日 生徒19期・
國學院大學[4]
第11旅団長 陸上幕僚監部付[5][6]
→2015年12月22日辞職[7]
42 德田秀久 2015年12月22日[8] - 防大27期 第5旅団長

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 統合火力教育訓練センター 富士学校に完成(朝雲新聞社ウェブサイト)”. 2017年10月23日閲覧。
  2. ^ 統合火力教育訓練センター落成式 10月12日(木)(静岡県小山町ウェブサイト)”. 2017年10月23日閲覧。
  3. ^ 2012年1月31日~2月8日の間空席(職務代理発令なし)
  4. ^ 昭和56年卒(防大25期相当)
  5. ^ 元陸自幹部ら書類送検、ロシア側に情報漏洩容疑(産経ニュース:2015/12/4)
  6. ^ 防衛省人事発令(2015/12/4:将及び将補人事)
  7. ^ 防衛省人事発令”. 2015年12月22日閲覧。
  8. ^ 2015年12月4日~同21日の間空席(副校長が職務代理)

外部リンク[編集]