陸上自衛隊高等工科学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第56期生徒入校式(2010/4/8)

陸上自衛隊高等工科学校(りくじょうじえいたいこうとうこうかがっこう、英語JGSDF High Technical School; HTS)は、陸上自衛隊武山駐屯地神奈川県横須賀市御幸浜2番1号)に所在する防衛大臣直轄の教育機関の一つ。将来、陸曹となるべき者の養成を目的とする[1]「自衛隊版の高校[2][注釈 1]」。全寮制の男子校。略称は「高工校」。

概要[編集]

校風の碑

高等工科学校生徒(旧 陸上自衛隊生徒)の教育を行なう施設として、2010年(平成22年)3月26日陸上自衛隊少年工科学校から改編された。施設の位置づけ(陸上幕僚長の指揮監督を受ける防衛大臣直轄の機関)及び所在地は旧校と変わらない。

中学校を卒業し、採用試験を経て高等工科学校生徒に任命された者が入校する。一条校ではないので、生徒が高等学校卒業資格を得るために通信制高等学校である神奈川県立横浜修悠館高等学校と技能提携している[2]

学費や寮費は無償であり、所定の給与が生徒に支給される[2]

原則的に、本校卒業後の4月1日に陸上自衛官となり、陸士長の階級を与えられ、約1年間の教育を経た後に3等陸曹に昇任する[1]。本校に在校中の身分は自衛隊員であるが自衛官ではなく、「定員外の防衛省職員」である[1][注釈 2]

生徒制度の改編に際しては生徒の募集を停止しなかったため、当初は旧制度の生徒と新制度の生徒が混在していた(学校改編時点での生徒は3学年(54期)及び2学年(55期)が旧生徒、1学年(56期)が新生徒)。旧生徒の身分は自衛官であった[3]

少年期から専門的な軍事教育を施し、卒業後は早々に下士官に任官して職業軍人となり、また多くの出身者が少尉候補者制度を通し将校を目指すなど共通点が多いことから、本校は帝国陸軍における陸軍少年飛行兵学校陸軍少年戦車兵学校陸軍少年通信兵学校陸軍少年飛行兵・陸軍少年戦車兵・陸軍少年通信兵)に類似する。

教育内容[編集]

本校の教育内容は、一般高校生(普通科)に相当する「一般教育」、専門分野を教育する「専門教育」、自衛官としての素地を作る「防衛基礎学」の3分野に分けられ、それぞれの専門教官が授業を行う[1]

一般教育
高等学校学習指導要領に準拠した内容で、普通科高等学校と同様のカリキュラムのもとで教育を行う。この一般教育とレポート作成など通信制の教育により、生徒は本校卒業と同時に横浜修悠館高等学校卒業の資格を得る。
専門教育
現在の陸上自衛隊で使用される高度に高機能化・システム化された装備品の能力を発揮させるため、その素地を養う。内容は「電子機械(メカトロ)工学」「情報工学」および「ロボット制作等を通じての教育」に大別される。
防衛基礎学
陸上自衛官として必要な基礎的事項の教育。法令等を学ぶ「服務及び防衛教養」と野外における基礎的な行動を学ぶ「戦闘及び戦技訓練」に大別される。射撃訓練と戦闘訓練は2学年・3学年で行う。

学生生活[編集]

週休二日制[2]。外出は原則的に休日のみであり、定められた時間や行動範囲内に限り許可される[1]

すべての生徒が銃剣道等の体力練成に加えて活発なクラブ活動を実践しており、「横浜修悠館」の名義で神奈川県内の高校と対戦していることも特色の一つである。全国大会等で著名な成績をのこした生徒も大勢いる。各生徒は特定クラブ(ドリル部・吹奏楽部・和太鼓部)もしくは体育クラブと文化クラブの両方に所属しなければならない。ただし、ロボット研究部は63期から文化クラブの扱いになった。

携帯電話は2学年から持てるが[注釈 3]、1学年は禁止。

教育理念・校風・制服[編集]

自衛隊記念日観閲式平成30年度総合予行)で行進する生徒隊
  • 教育理念:「技術的識能を有し、知徳体を兼ね備えた伸展性ある陸上自衛官としてふさわしい人材を育成する」
  • 校風:明朗闊達・質実剛健・科学精神
  • 制服:防衛大学校の制服に酷似した、詰め襟の短ジャケット型の制服に一新された。陸上自衛隊91式制服以前にあった赤ラインが復活し、伝統を継承する形となっている。生徒の服制の詳細は、自衛隊法施行規則(防衛省令)によるが冬服は濃灰色でえんじ色の飾線を入れた二つポケット、前面ファスナー留めの詰め襟短ジャケットの上下。ズボンはサスペンダー使用。夏服1種上衣は冬服同様、2種上衣は白のスタンドカラーで襟にえんじ色の飾線のシャツ。帽章は、飛桜馬及び若葉の組み合わせたものと独自のデザインのものになる。制服着用時の靴下は黒。それ以外は白。

組織編成[編集]

  • 企画室
  • 総務部
  • 教育部
    • 教務課
    • 第1教官室(一般教育を担当、旧第2教育部)
    • 第2教官室(専門教育を担当、旧第1教育部)
  • 生徒隊(防衛基礎学を担当)

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
陸上自衛隊高等工科学校長
兼 武山駐屯地司令
陸将補 堀江祐一 2018年03月27日 第8師団副師団長
北熊本駐屯地司令
副校長
兼 企画室長
1等陸佐 渡邉俊明 2019年03月23日 陸上自衛隊教育訓練研究本部主任教官
副校長
兼 防衛教官
防衛教官 山田高明 2014年04月01日
総務部長 1等陸佐 丸田洋司 2018年03月23日 陸上自衛隊幹部候補生学校総務部総務課長
教育部長 2等陸佐 湯浅征幸 2017年08月01日 東部方面総監部人事部勤務
生徒隊長 1等陸佐 湯浅智文 2018年12月20日 善通寺駐屯地業務隊長
歴代の陸上自衛隊高等工科学校長
(陸将補(二)・武山駐屯地司令兼補)
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職
01 山形克己 2010年03月26日 - 2010年03月29日 生徒15期・
防大20期
陸上自衛隊少年工科学校
武山駐屯地司令
退職
02 市野保己 2010年03月29日 - 2012年03月29日 生徒19期・
防大24期
中部方面総監部幕僚副長 富士教導団
03 菊池哲也 2012年03月30日 - 2014年03月25日 中央大学法学部[注釈 4] 陸上幕僚監部法務官 第4師団副師団長
福岡駐屯地司令
04 小和瀬一 2014年03月26日 - 2016年03月22日 生徒24期・
東京理科大学[注釈 5]
第4師団司令部幕僚長 陸上幕僚監部監察官
05 滝澤博文 2016年03月23日 - 2018年03月26日 生徒24期・
防大29期
中部方面総監部防衛部長 第6師団副師団長
神町駐屯地司令
06 堀江祐一 2018年03月27日 - 生徒26期[4]
日本大学[注釈 6]
第8師団副師団長
北熊本駐屯地司令


陸上自衛隊生徒出身の著名人[編集]

高級幹部自衛官(将官)のほか実業家や作家なども輩出している。陸上自衛隊生徒を参照。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 文部科学省が所轄する「高等学校」には該当しないが、後述のように高等学校卒業資格の取得が可能。
  2. ^ 少年兵を禁止する国際条約との関係。高等工科学校生徒#制度改編の経緯を参照。
  3. ^ 校則としてではなく、生徒会による自主規制として実施されているルール
  4. ^ 昭和57年卒(防大26期相当)
  5. ^ 防大31期相当
  6. ^ 防大33期相当

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 高等工科学校Q&A”. 陸上自衛隊高等工科学校. 2019年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月27日閲覧。
  2. ^ a b c d 15歳からの国家公務員”. 防衛省. 2019年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月27日閲覧。
  3. ^ 防衛省設置法等の一部を改正する法律(平成21年6月3日法律第44号)附則第2条
  4. ^ 高等工科学校 学校長あいさつ”. 陸上自衛隊高等工科学校. 2019年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度12分34.3秒 東経139度37分43.8秒 / 北緯35.209528度 東経139.628833度 / 35.209528; 139.628833