コンテンツにスキップ

東北方面隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東北方面隊
JGSDF North Eastern Army
創設 1960年昭和35年)1月14日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 陸上自衛隊
部隊編制単位 方面隊
所在地 仙台宮城県仙台市
編成地 仙台
愛称 東北方、NEA
上級単位 防衛大臣直轄(有事 陸上総隊
担当地域 東北地方
テンプレートを表示

東北方面隊(とうほくほうめんたい、英語:JGSDF North Eastern Army)は陸上自衛隊方面隊の一つである。防衛大臣直轄(有事の際は陸上総隊直轄)にあり、東北地方の防衛警備や災害派遣等を担任。方面総監部は仙台駐屯地に置かれている。

概要

[編集]
半旗を掲げた災統合任務部隊司令部(仙台駐屯地・東北方面総監部庁舎)

東北方面隊は、2個師団を基幹兵力としており、管内には13個の駐屯地、1個の分屯地、6個の地方協力本部が配置されている。

東北方面隊の部隊章(師団等標識)は以前はこけしと「東北」の文字を図案化したものであったが、2020年(令和2年)3月26日に部隊章のデザインが改正された[1]

新部隊章は「伝統飛躍」をコンセプトに、朱色の日輪は東北の護りを担う「伝統」を表し、東北地方の白地図は東北6県の「絆」を表し、東北6県に見立てた6枚羽の青い翼は体制移行や任務の多様化に対応する方面隊の「飛躍」を表している。また、背景色の空色は「任務を完遂する決意」を表現している[1]。 

沿革

[編集]
  • 1959年(昭和34年)8月1日:東北方面隊準備本部が臨時編成[2]

東北方面隊

  1. 第6師団を即応近代化師団に改編。
  2. 第1教育連隊(多賀城駐屯地)を廃止。東北方面混成団を新編[4]
  3. 東北方面武器隊(仙台駐屯地)を廃止。東北方面後方支援隊及び東北方面衛生隊を仙台駐屯地に新編[4]
  1. 師団等標識が新型に移行。
  2. 第6師団第6特科連隊及び第9師団第9特科連隊を廃止し、東北方面特科連隊を新編。
  • 2022年(令和04年)3月17日:方面総監部、部隊の改編。
  1. 方面総監部防衛部にシステム通信課が設置[7]
  2. 東北方面通信群を東北方面システム通信群に改編[8]
  • 2024年(令和06年)3月21日:部隊改編。
  1. 第9師団を地域配備師団に改編。
  2. 第101高射特科隊を増強改編し、第5高射特科群を再編[9][10]
  3. 東北方面特科隊を廃止し[11]、第4地対艦ミサイル連隊が方面隊直轄部隊となる。

編成

[編集]
  • 東北方面総監部
  • 東北方面総監部付隊「東北方‐付」

方面総監部

[編集]

東北方面総監部は、仙台市宮城野区仙台駐屯地にある。

主要幹部

[編集]
官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
東北方面総監 陸将 梶原直樹 2021年10月14日 防衛大学校副校長
幕僚長
兼 仙台駐屯地司令
陸将補 大野真 2023年03月30日 陸上自衛隊小平学校
小平駐屯地司令
幕僚副長 陸将補 大久保克久 2023年12月22日 北部方面総監部人事部長
杉村繁実 2023年05月29日 第15旅団副旅団長
那覇駐屯地司令
参事官 事務官 嶋野元 2023年 04月01日 防衛監察本部
総務部長 1等陸佐 瀬田晃一郎 2023年05月29日 第4師団司令部幕僚長
人事部長 1等陸佐 小倉好文 2023年12月22日 第3師団司令部幕僚長
情報部長 1等陸佐 三浦彰 2023年08月01日 陸上自衛隊航空学校第1教育部長
防衛部長 1等陸佐 山田篤 2023年03月30日 陸上幕僚監部人事教育部人事教育計画課
教育室長
装備部長 1等陸佐 藤田悟 2022年08月01日 陸上幕僚監部装備計画部航空機課長
医務官 1等陸佐 梅田諭 2023年12月22日 自衛隊中央病院診療技術部
技術管理課長
監察官 1等陸佐 内野敏紀 2024年03月21日 東北方面特科隊副隊長
法務官 1等陸佐 古頭慎一 2023年03月23日 西部方面警務隊

歴代主要幹部

[編集]
歴代の東北方面総監
(陸将・指定職5号)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
東北方面隊準備本部長
- 新宮陽太 1959年08月01日 - 1960年01月13日 陸士38期・
陸大47期
第6管区総監 東北方面総監
東北方面総監
01 新宮陽太 1960年01月14日 - 1961年07月31日 陸士38期・
陸大47期
東北方面隊準備本部長 陸上自衛隊幹部学校
02 加納富夫 1961年08月01日 - 1963年03月15日 東京帝国大学 陸上幕僚監部第5部長 中部方面総監
03 安崎操 1963年03月16日 - 1964年03月15日 陸士40期・
陸大50期
第1師団長 陸上幕僚監部付
→1964年4月21日 退職
04 長谷部清 1964年03月16日 - 1965年07月15日 陸士40期・
陸大47期
陸上幕僚監部第5部長 退職
05 太田庄次 1965年07月16日 - 1966年06月30日 陸士42期・
陸大54期
第10師団長 退職
06 島貫重節 1966年07月01日 - 1968年06月30日 陸士45期・
陸大53期
第9師団長 退職
07 田中光祐 1968年07月01日 - 1970年06月30日 陸士46期・
陸大52期
防衛大学校幹事 退職
08 濤川馨一 1970年07月01日 - 1972年03月15日 東京帝国大学 陸上幕僚監部第5部長 退職
09 高杉恭自 1972年03月16日 - 1973年06月30日 陸士49期・
陸大58期
第4師団長 退職
10 田中登一 1973年07月01日 - 1975年03月16日 陸士51期・
陸大59期
第8師団長 退職
11 松金久知 1975年03月17日 - 1977年03月15日 陸士53期 第2師団長 退職
12 田中潔 1977年03月16日 - 1978年06月30日 陸士55期 第3師団長 退職
13 柏葉祐幸 1978年07月01日 - 1979年06月30日 陸士56期 第4師団長 退職
14 渡邉勉 1979年07月01日 - 1981年03月30日 陸士57期 第7師団長 退職
15 林榮一郎 1981年03月31日 - 1983年03月15日 海兵74期 防衛大学校幹事 退職
16 松浦昇 1983年03月16日 - 1984年06月30日 陸士60期 第9師団長 退職
17 横地光明 1984年07月01日 - 1985年06月30日 陸航士60期・
東京理科大学
昭和27年卒
陸上自衛隊富士学校
兼 富士駐屯地司令
退職
18 若月勲 1985年07月01日 - 1986年06月16日 名幼47期・
中央大学
昭和28年卒
第10師団長 退職
19 大塚瑞夫 1986年06月17日 - 1987年07月06日 早稲田大学
昭和29年卒
第6師団長 退職
20 太田隆 1987年07月07日 - 1988年07月06日 中央大学
昭和30年卒
陸上自衛隊富士学校長
兼 富士駐屯地司令
退職
21 源川幸夫 1988年07月07日 - 1989年06月29日 防大1期 第7師団長 東部方面総監
22 森野安弘 1989年06月30日 - 1991年03月15日 防大1期 第8師団長 退職
23 吉崎格 1991年03月16日 - 1992年06月15日 防大2期 陸上自衛隊富士学校長
兼 富士駐屯地司令
退職
24 君嶋信 1992年06月16日 - 1993年06月30日 防大3期 陸上自衛隊幹部学校長 退職
25 隈部正則 1993年07月01日 - 1995年06月29日 防大5期 第3師団長 退職
26 長谷川重孝 1995年06月30日 - 1996年06月30日 防大6期 陸上自衛隊富士学校長
兼 富士駐屯地司令
退職
27 竹田仁宏 1996年07月01日 - 1998年06月30日 防大8期 第11師団長 退職
28 藤原利將 1998年07月01日 - 1999年12月09日 防大9期 防衛大学校幹事 退職
29 洗堯 1999年12月10日 - 2001年12月02日 防大11期 第12師団長 退職
30 野中光男 2001年12月03日 - 2002年12月01日 防大12期 情報本部 退職
31 奥村快也 2002年12月02日 - 2005年07月27日 防大14期 防衛大学校幹事 退職
32 井上廣司 2005年07月28日 - 2007年07月02日 防大16期 防衛大学校幹事 退職
33 宗像久男 2007年07月03日 - 2009年07月20日 防大18期 陸上幕僚副長 退職
34 君塚栄治 2009年07月21日 - 2011年08月04日 防大20期 防衛大学校幹事 陸上幕僚長
35 渡邊隆 2011年08月05日 - 2012年07月25日 防大21期 統合幕僚学校長 退職
36 田中敏明 2012年07月26日 - 2014年08月04日 防大23期 防衛大学校幹事 退職
37 松村五郎 2014年08月05日 - 2016年06月30日 東京大学[12] 統合幕僚副長 退職
38 山之上哲郎 2016年07月01日 - 2018年07月31日 防大27期 陸上幕僚副長 退職
39 上尾秀樹 2018年08月01日 - 2020年08月24日 防大29期 防衛大学校幹事 退職
40 原田智総 2020年08月25日 - 2021年10月13日 防大31期 防衛大学校幹事 退職
41 梶原直樹 2021年10月14日 - 防大32期 防衛大学校副校長
歴代の東北方面総監部幕僚長
(陸将補・仙台駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
01 太田庄次 1960年01月14日 - 1960年07月31日 陸士42期・
陸大54期
東北方面隊準備本部幕僚長 第7混成団長
02 濤川馨一 1960年08月01日 - 1961年07月31日 東京帝国大学 陸上幕僚監部第1部長 陸上自衛隊北海道地区補給処長
兼 島松駐とん地司令
03 厚東隆男 1961年08月01日 - 1963年07月31日 陸士43期・
陸大51期
第6管区副総監
兼 多賀城駐とん地司令
陸上自衛隊業務学校長
兼 小平駐とん地司令
04 平野斗作 1963年08月01日 - 1964年08月13日 陸士46期・
陸大54期
第1師団副師団長
兼 練馬駐とん地司令
東部方面総監部幕僚長
兼 市ケ谷駐とん地司令 
05 四戸陸三 1964年08月14日 - 1966年03月15日 東北帝国大学 東北方面総監部幕僚副長 陸上自衛隊関西地区補給処長
兼 宇治駐とん地司令
06 沢田宗正 1966年03月16日 - 1967年07月16日 陸士46期・
陸大53期
第9師団副師団長
兼 青森駐とん地司令
兼 青函地区輸送連絡隊長
東北方面総監部付
→1967年11月4日 退職
07 溝口昌弘 1967年07月17日 - 1969年06月30日 陸士49期・
陸大57期
陸上幕僚監部第5部副部長 第7師団長
08 市来陸紀 1969年07月01日 - 1970年01月30日 陸士51期・
陸大60期
統合幕僚会議事務局第3幕僚室長 東北方面総監部付
→1970年7月16日
陸上自衛隊幹部学校勤務
09 田中登一 1970年01月31日 - 1971年06月30日 陸士51期・
陸大59期
陸上幕僚監部第5部副部長 第8師団長
10 木村元岳 1971年07月01日 - 1973年03月15日 陸士52期 富士学校機甲科教育部長 第5師団長
11 武岡淳彦 1973年03月16日 - 1975年03月15日 陸士55期 中部方面総監部幕僚副長 陸上自衛隊幹部学校副校長
兼 企画室長   
12 登張史郎 1975年03月16日 - 1977年03月15日 陸士57期 東部方面総監部幕僚副長 第5師団長
13 佐藤久美 1977年03月16日 - 1979年07月31日 陸士58期 陸上幕僚監部厚生課長
→1978年12月1日 陸将昇任
第3師団長
14 渡部明恭 1979年08月01日 - 1980年07月31日 陸士60期・
東京大学
昭和25年卒
統合幕僚会議事務局第1幕僚室長
→1980年3月17日 陸将昇任
退職     
15 近藤俊彦 1980年08月01日 - 1982年03月15日 陸士60期 第1特科団
兼 北千歳駐とん地司令
第12師団長
16 水澤博 1982年03月16日 - 1983年03月15日 長岡工専
昭和25年卒
北部方面総監部幕僚副長 第2師団長
17 白井明雄 1983年03月16日 - 1984年03月15日 幹候4期 陸上自衛隊富士学校副校長 陸上自衛隊東北地区補給処長
18 大塚瑞夫 1984年03月16日 - 1984年06月30日 早稲田大学
昭和29年卒
第2混成団
兼 善通寺駐屯地司令
第6師団長
19 多田利雄 1984年07月01日 - 1986年03月16日 大阪府立大学
昭和31年卒
第6師団副師団長
兼 神町駐屯地司令
→1985年7月1日 陸将昇任
第3師団長
20 遠山久人 1986年03月17日 - 1988年07月06日 防大1期 第2高射特科団
兼 飯塚駐屯地司令
第4師団長
21 渡邊滋 1988年07月07日 - 1990年07月08日 防大3期 第1高射特科団 第12師団長
22 北井上一則 1990年07月09日 - 1991年06月30日 防大5期 第2高射特科団長
兼 飯塚駐屯地司令
陸上自衛隊高射学校
兼 下志津駐屯地司令
23 杉田明傑 1991年07月01日 - 1994年06月30日 防大7期 東部方面総監部幕僚副長 第1師団長
24 新井宏 1994年07月01日 - 1996年06月30日 防大9期 西部方面総監部幕僚副長 第6師団長
25 土橋健二 1996年07月01日 - 1997年06月30日 防大10期 陸上幕僚監部調査部長 第13師団長
26 川井武彦 1997年07月01日 - 1999年07月08日 防大11期 陸上自衛隊富士学校普通科部長 第10師団長
27 柳澤壽昭 1999年07月09日 - 2001年03月26日 防大13期 自衛隊東京地方連絡部長 第12旅団長
28 佐伯義則 2001年03月27日 - 2003年03月26日 防大15期 陸上自衛隊通信学校
兼 久里浜駐屯地司令
第8師団長
29 庄田豊 2003年03月27日 - 2004年03月28日 防大16期 第4師団副師団長
兼 福岡駐屯地司令
第7師団長
30 三田克巳 2004年03月29日 - 2006年03月26日 防大18期 陸上幕僚監部調査部長 第1師団長
31 宮島俊信 2006年03月27日 - 2007年07月02日 防大20期 陸上自衛隊小平学校
兼 小平駐屯地司令
第4師団長
32 山本洋 2007年07月03日 - 2009年07月20日 防大21期 陸上幕僚監部監察官 第7師団長
33 吉田明生 2009年07月21日 - 2010年11月30日 防大21期 陸上自衛隊富士学校普通科部長 第11旅団長
34 武内誠一 2010年12月01日 - 2012年01月30日 防大24期 防衛研究所副所長 第4師団長
35 高橋勝夫 2012年01月31日 - 2013年08月21日 防大25期 防衛監察本部監察官 第9師団長
36 赤松雅文 2013年08月22日 - 2014年08月04日 防大26期 陸上自衛隊施設学校
兼 勝田駐屯地司令
第12旅団長
37 納富中[13] 2014年08月05日 - 2016年06月30日 防大29期 陸上幕僚監部運用支援・情報部長 第9師団長
38 権藤三千蔵
[14]
2016年07月01日 - 2018年07月31日 防大29期 防衛監察本部監察官 陸上自衛隊関東補給処長
兼 霞ヶ浦駐屯地司令
39 牛嶋築 2018年08月01日 - 2020年12月21日 防大33期 陸上幕僚監部
指揮通信システム・情報部長
陸上総隊司令部幕僚長
40 腰塚浩貴 2020年12月22日 - 2021年10月13日 防大32期 第9師団副師団長
兼 青森駐屯地司令
第4師団長
41 大場剛 2021年10月14日 - 2023年03月29日 防大34期 第1特科団長
兼 北千歳駐屯地司令
第14旅団
42 大野真 2023年03月30日 - 防大36期 陸上自衛隊小平学校長
兼 小平駐屯地司令

脚注

[編集]
  1. ^ a b 陸上自衛隊東北方面隊HP 部隊章改正デザインの説明
  2. ^ a b c 朝雲新聞社編集局 監修・陸上幕僚監部『陸上自衛隊20年年表』朝雲新聞社、1971年。 
  3. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和34年政令第372号)『官報』本紙第9900号(昭和34年12月21日)
  4. ^ a b c d 仙台駐屯地の沿革
  5. ^ 東北方面フラッグ隊
  6. ^ 第101高射特科隊新編行事東北方面隊ホームページ
  7. ^ 陸上総隊司令部、方面総監部、師団司令部及び旅団司令部組織規則の一部を改正する省令(令和4年防衛省令第2号。令和4年3月17日施行)官報号外第54号、2022年3月16日
  8. ^ 防衛省発令(2022年3月17日付:1佐職人事)
  9. ^ 陸上自衛隊八戸駐屯地【公式】 [@hachinohe_camp] (2024年3月20日). "第101高射特科隊は、令和6年3月19日八戸駐屯地において、第101高射特科隊廃止行事を実施しました。". X(旧Twitter)より2024年3月22日閲覧
  10. ^ 陸上自衛隊八戸駐屯地【公式】 [@hachinohe_camp] (2024年3月22日). "第5高射特科群 は、令和6年3月21日、八戸駐屯地 において実施された新編行事において、新生第5高射特科群として東北方面総監 梶原陸将から群旗を授与され、新たな一歩を踏み出しました。". X(旧Twitter)より2024年3月22日閲覧
  11. ^ 機関紙 「杜都」25号 - 東北方面特科隊(2024年1月8日閲覧)
  12. ^ 昭和56年卒(防大25期相当)
  13. ^ ハーバード大学修士
  14. ^ 博士(工学)(熊本大学大学院)

出典

[編集]

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]