情報科 (陸上自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

情報科(じょうほうか、: Intelligence)は、陸上自衛隊職種の一つ。他国軍隊における情報兵に相当し、各種情報の収集および処理を専門的に行い、適切な情報の配布・配信を行う。職種標識の色は水色

概要[編集]

陸上自衛隊情報科職種徽章

従来の情報職域は諸職種の隊員によって編成されていた混成部隊であったが、中期防衛力整備計画 (2005)に基づき2010年3月26日、職種化された。陸上自衛隊創設以降、職種の新設はこれが初めてである[1]。教育機関は静岡県駿東郡陸上自衛隊情報学校(旧陸上自衛隊小平学校情報教育部)、教育部隊は情報教導隊が担当する。

職種徽章は左右対称であり、日本神話に登場する金烏(きんう)と望遠鏡日本刀を組み合わせた物。隊旗及び部隊章の職種色は水色(アクアブルー)である。それぞれ、金烏は緊要な時期に天皇を先導した天の使い(情報の速達性)、望遠鏡は僅かな情報も見逃さない(収集の努力)、鍵は情報の分析及び保全の確行を、日本刀は戦闘力としての情報を象徴している。[1][2]なお、CIAをはじめとして、情報部隊・機関のシンボルマークには鳥が多用されるが、これはエジプト神話に登場する天空と太陽を司る神であるホルス・タカの目)に由来している。(情報本部は雉子(きぎす)、陸自中央情報隊及びかつて存在した陸幕調査部調査2課調査別室(情報本部の前身)は八咫烏をシンボルマークのモチーフに使用)

配属部隊等[編集]

情報科職種の対象となっている主な部隊・機関等は以下のとおり。「情報」と訳される語は「Information」、「Intelligence」等複数あるが、陸上自衛隊で情報科職種の対象となっているのは後者である(通信科職種も観点によっては情報職域の一つとしてとらえることもできるが、情報科職種の範疇には含まれていない。諸外国でも軍事情報科と信号科は別の兵科である)

情報科部隊[編集]

方面情報隊等[編集]

方面情報(処理隊)隊の一覧

沿岸監視隊等の一覧

方面移動監視隊の一覧

  • 北部方面移動監視隊(倶知安駐屯地
  • 中部方面移動監視隊(今津駐屯地)

方面無人偵察機隊の一覧

  • 北部方面無人偵察機隊(静内駐屯地)
  • 中部方面無人偵察機隊(今津駐屯地)
  • 西部方面無人偵察機隊(飯塚駐屯地

方面情報(処理隊)隊の沿革

  • 1955年(昭和30年)12月1日:第301沿岸監視隊が北部方面隊直轄部隊として札幌駐屯地で編成完結。
  • 1956年(昭和31年)
    • 7月10日:第302沿岸監視隊が北部方面隊直轄部隊として標津分屯地で編成完結。
    • 10月15日:第301沿岸監視隊が稚内分屯地に移駐[3]
  • 1968年(昭和43年)3月1日:礼文分屯地に第301沿岸監視隊派遣隊が編成完結。
  • 1972年(昭和47年):第302沿岸監視隊羅臼分室を設置。
  • 2005年(平成17年)3月28日:西部方面情報処理隊及び西部方面通信情報隊を健軍駐屯地で新編。
  • 2006年(平成18年)3月27日:北部方面情報処理隊札幌駐屯地で新編。
  • 2007年(平成19年)3月28日:中部方面情報処理隊伊丹駐屯地で新編。
  • 2008年(平成20年)3月26日:
    1. 東部方面情報処理隊朝霞駐屯地で新編。
    2. 中部方面移動監視隊を今津駐屯地で新編。
  • 2010年(平成22年)3月26日:
    • 中部方面情報隊が中部方面情報処理隊を母体に中部方面移動監視隊、新編した中部方面無人偵察機隊(今津駐屯地)を隷下に伊丹駐屯地で新編[4]
    • 西部方面情報隊が西部方面情報処理隊、西部方面通信情報隊と新編した西部方面無人偵察機隊飯塚駐屯地)を隷下に健軍駐屯地で新編。
  • 2013年(平成25年)3月26日:北部方面情報隊が北部方面情報処理隊を母体に2個沿岸監視隊と新編した北部方面無人偵察機隊(静内駐屯地)を隷下に札幌駐屯地で新編[5]
  • 2016年(平成28年)3月28日:与那国沿岸監視隊与那国駐屯地で新編。
  • 2017年(平成29年)3月27日:北部方面移動監視隊倶知安駐屯地で新編。
  • (時期未定):西部方面通信情報隊が第2電子隊に改編予定。

師団情報隊[編集]

師団情報隊の一覧

  • 第6情報隊
  • 第8情報隊
  • 第15情報隊

師団情報隊の沿革

  • 2019年(平成31年)3月26日:第8情報隊が北熊本駐屯地で新編。
  • 2020年(令和2年)3月26日:第6情報隊が神町駐屯地で新編[6]
  • 2020年(令和2年)3月26日:第15情報隊が那覇駐屯地で新編[7]

師団情報隊の詳細

第6情報隊

第6情報隊(だいろくじょうほうたい)は、神町駐屯地に駐屯する第6師団の隷下部隊の情報科部隊である。

作戦基本部隊である師団の作戦地域全般にわたり、新たに装備された無人偵察機(UAV)により、監視・偵察活動を行う部隊であり、師団司令部の情報業務の支援を任務とする。

第8情報隊

第8情報隊(だいはちじょうほうたい)は、北熊本駐屯地に駐屯する第8師団隷下部隊の情報科部隊である。師団隷下部隊として最初に編成された。

作戦基本部隊である師団のためのUAVによる監視及び偵察、並びに師団司令部 の情報業務の支援を任務とし、新たに装備された中域用UAVをもって、師団長の迅速な 状況判断、遠距離・早期からの火力発揮に資するため、洋上から作戦地域全般にわたり 監視・偵察を実施する。また、司令部第2部の情報業務を支援するため、情報処理班による収集・処理を実施し、多様な情報ニーズを迅速・確実に処理して、師団長の状況判断に資する情報資料を提供する。

部隊のシンボルは、熊本市の鳥「四十雀」で、鳴き声を組合せて仲間に伝える能力(情報処理)、飛翔(UAV)、金色の姿は、情報全般の象徴(金鳥=きんう)をイメージしている。

第15情報隊

第15情報隊(だいじゅうごじょうほうたい)は、那覇駐屯地に駐屯する第15旅団隷下部隊の情報科部隊である。

無人偵察機(UAV)スキャンイーグル」を運用し、沖縄県の離島への不審船接近などを監視・偵察活動を行い、南西防衛の第一線部隊である旅団の任務達成に必要な情報収集と関係部隊に対し迅速な情報提供を任務とする[7][8]

情報科に関連する特技[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 陸上自衛隊「情報科職種」の創設
  2. ^ 朝雲新聞、2010年4月1日号。
  3. ^ 『稚内百年史』稚内市百年史編さん委員会、1978年10月30日、453頁。
  4. ^ MAMOR2010年9月号の記事より
  5. ^ 防衛省人事発令(1佐職:2013/3/26付、2013/3/25閲覧)
  6. ^ 第6師団改編行事その2~第6情報隊新編~”. 陸上自衛隊第6師団. 2020年3月26日閲覧。
  7. ^ a b 第15情報隊長の紹介”. 陸上自衛隊第15旅団. 2020年4月11日閲覧。
  8. ^ 「沖縄にUAV部隊新編」朝雲新聞(2020年4月23日付)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]