情報科 (陸上自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

情報科(じょうほうか、: Intelligence)は、陸上自衛隊職種の一つ。他国軍隊における情報兵に相当し、各種情報の収集および処理を専門的に行い、適切な情報の配布・配信を行う。職種標識の色は水色

概要[編集]

陸上自衛隊情報科職種徽章

従来の情報職域は諸職種の隊員によって編成されていた混成部隊であったが、中期防衛力整備計画 (2005)に基づき2010年3月26日、職種化された。陸上自衛隊創設以降、職種の新設はこれが初めてである[1]。教育機関は静岡県駿東郡陸上自衛隊情報学校(旧陸上自衛隊小平学校情報教育部)が担当する。

職種徽章は左右対称であり、日本神話に登場する金烏(きんう)と望遠鏡日本刀を組み合わせた物。隊旗及び部隊章の職種色は水色(アクアブルー)である。それぞれ、金烏は緊要な時期に天皇を先導した天の使い(情報の速達性)、望遠鏡は僅かな情報も見逃さない(収集の努力)、鍵は情報の分析及び保全の確行を、日本刀は戦闘力としての情報を象徴している。[1][2]なお、CIAをはじめとして、情報部隊・機関のシンボルマークには鳥が多用されるが、これはエジプト神話に登場する天空と太陽を司る神であるホルス・タカの目)に由来している。(情報本部は雉子(きぎす)、陸自中央情報隊及びかつて存在した陸幕調査部調査2課調査別室(情報本部の前身)は八咫烏をシンボルマークのモチーフに使用)

配属部隊等[編集]

情報科職種の対象となっている主な部隊・機関等は以下のとおり。「情報」と訳される語は「Information」、「Intelligence」等複数あるが、陸上自衛隊で情報科職種の対象となっているのは後者である(通信科職種も観点によっては情報職域の一つとしてとらえることもできるが、情報科職種の範疇には含まれていない。諸外国でも軍事情報科と信号科は別の兵科である)

情報科に関連する特技[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 陸上自衛隊「情報科職種」の創設
  2. ^ 朝雲新聞、2010年4月1日号。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]