第5旅団 (陸上自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第5旅団
JGSDF 5th Brigade.svg
創設 2004年平成16年)3月29日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 旅団
兵種/任務/特性 自動車化歩兵
人員 約3,600名
所在地 北海道 帯広市
編成地 帯広
上級単位 北部方面隊
担当地域 道東
テンプレートを表示
東日本大震災で被災した石巻市立湊小学校で瓦礫の片付けをする陸上自衛隊第5旅団の隊員

第5旅団(だいごりょだん、JGSDF 5th Brigade)は、陸上自衛隊旅団のひとつ。北部方面隊隷下にあり、司令部を帯広市帯広駐屯地に置く。3個普通科連隊(軽)基幹であり、北海道道東の防衛警備、災害派遣を任務とするほか、民生協力及び国際貢献活動を行っている。ただし、外国の軍事常識の見地から見れば元々師団編制時代ですら旅団程度の規模であったものを更に縮小改編したため、その規模は連隊戦闘団程度にとどまる[1]

沿革[編集]

  1. 隷下の2個普通科連隊第4中隊を廃止。第4普通科連隊第4中隊を北部方面混成団隷下の第52普通科連隊第3中隊に改編
  2. その他即応予備自衛官を主体として構成される中隊・小隊を廃止しフル化改編(5施設中隊・5通信中隊を隊編制へ、第5戦車隊を大隊編制に縮小)
  3. 第5対舟艇対戦車中隊を廃止(人員の一部と装備を後身の第2対舟艇対戦車中隊へ移動)
  4. 第5化学防護小隊が司令部付隊に隷属のまま、第5化学防護隊へ改称。
  • 2013年(平成25年) 3月26日:第5化学防護隊が司令部付隊より独立新編[2]

編成・駐屯地[編集]

編成
駐屯地


司令部[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第5旅団長 陸将補 堀井泰蔵 2017年08月01日 中部方面総監部幕僚副長
副旅団長
兼 帯広駐屯地司令
1等陸佐 笠松 誠 2018年03月23日 情報本部
幕僚長 1等陸佐 下本昭司 2017年03月23日 第33普通科連隊
久居駐屯地司令
歴代の第5旅団長
(陸将補)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
01 井岡久 2004年03月29日 - 2006年03月27日 防大17期 陸上自衛隊富士学校普通科部長 退職→2006年5月23日 逝去[3]
02 姉崎泰司 2006年03月27日 - 2007年03月27日 防大19期 第5施設団
小郡駐屯地司令
第11師団長(末代)
(陸将昇任)
03 寺﨑芳治 2007年03月28日 - 2008年11月30日 防大20期 陸上幕僚監部監理部長 陸上自衛隊関東補給処
霞ヶ浦駐屯地司令
(陸将昇任)
04 市田信行[4] 2008年12月01日 - 2010年07月25日 防大21期 陸上幕僚監部装備部副部長 技術研究本部技術開発官
(陸上担当)(陸将昇任)
05 田口義則 2010年07月26日 - 2012年07月25日 東京学芸大学[5] 防衛監察本部監察官 第9師団
(陸将昇任)
06 深津孔 2012年07月26日 - 2014年08月04日 防大26期 陸上幕僚監部監察官 第4師団
(陸将昇任)
07 德田秀久 2014年08月05日 - 2015年12月21日 防大27期 陸上自衛隊富士学校副校長 陸上自衛隊富士学校長
富士駐屯地司令
(陸将昇任)
08 正木幸夫 2015年12月22日 - 2017年08月01日 東京大学工学部[6] 北部方面総監部幕僚長
札幌駐屯地司令
退職
09 堀井泰蔵 2017年08月01日 - 二松学舎大学[7] 中部方面総監部幕僚副長

脚注[編集]

  1. ^ 軍事研究2018年9月号p55。
  2. ^ 第5旅団広報紙
  3. ^ 井岡久氏死去、元陸将補(47NEWS)
  4. ^ 工学博士(東京工業大学大学院)
  5. ^ 昭和56年卒(81幹候、防大25期相当)
  6. ^ 防大28期相当
  7. ^ 防大32期相当

出典[編集]

防衛省人事発令”. 2015年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]