化学科 (陸上自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
訓練検閲を行う第13化学防護隊の隊員
山形駅に急行する第6特殊武器防護隊の化学防護車。山形県国民保護共同実動訓練にて(2012年11月20日)
化学剤検知器で有毒化学剤の検知識別を行う第6特殊武器防護隊の隊員。第6師団の平成24年度師団化学練成訓練にて(2012年10月)
化学テロを想定した訓練で要救助者の除染を行う第2化学防護隊の隊員(2011年10月26日)
除染車の訓練を行う第1特殊武器防護隊の隊員

化学科(かがくか、: Chemical)は、陸上自衛隊職種の一つ。化学防護戦を担当する。職種標識の色は金茶

概要[編集]

NBC兵器(N:Nuclear weapon=核兵器、B:Biological weapon=生物兵器、C:Chemical weapon=化学兵器)の検知・除去を行い、特殊武器攻撃による被害の拡大を防ぐ。地下鉄サリン事件が起きるまでは化学兵器の製造を行う危険部隊である[1]として当時の社会党や共産党及び関係団体や地域住民の一部[2]などから部隊の解体・廃止を迫られていたが、同サリン事件の発生や東海村JCO臨界事故などでの活動で重要性や注目を浴び、今日では戦闘様相の変化(テロゲリラ活動の台頭)もあり全国規模で化学科部隊の強化が進められている[3]

化学科部隊[編集]

陸上総隊直轄部隊

  • 中央特殊武器防護隊大宮駐屯地):陸上総隊
    • 第101化学防護隊を母体とし2007年3月第101特殊武器防護隊に改編、翌2008年3月に増強改編し現在の名称となる。第102特殊武器防護隊及び第103特殊武器防護隊を主力としている。

師団直轄部隊

師団には直轄の特殊武器防護隊または、化学防護隊が編制されている。政経中枢型師団及び重要視される師団から逐次改編されている。(隊長の補職階級は2等陸佐)。

  • 第1特殊武器防護隊(練馬駐屯地):第1師団
  • 第2特殊武器防護隊(旭川駐屯地):第2師団
    • 師団隷下の化学科部隊においては全国に先駆けて司令部付隊内に化学防護小隊として編成、隊編成へ拡充し同様に全国に先駆けて司令部付隊から独立し師団長直轄部隊として編成された部隊。生物兵器にも対応できる装備を得て第2化学防護隊から改編。
  • 第3特殊武器防護隊(千僧駐屯地):第3師団
  • 第4特殊武器防護隊(福岡駐屯地):第4師団
  • 第6特殊武器防護隊(神町駐屯地):第6師団
  • 第7化学防護隊(東千歳駐屯地):第7師団
  • 第8特殊武器防護隊(北熊本駐屯地):第8師団
  • 第9化学防護隊(青森駐屯地):第9師団
  • 第10特殊武器防護隊(守山駐屯地):第10師団

旅団直轄部隊

旅団には旅団司令部付隊内に「化学防護小隊」が編成されていたが、順次司令部付隊隷下の化学防護隊として増強改編し、旅団の体制変換後は旅団司令部付隊隷下から旅団直轄部隊として独立、改編され2013年3月をもって全ての旅団において独立部隊として編制を完結した。また、独立前に改編された部隊もあるが逐次、装備を増強して特殊武器防護隊に改編されている。

  • 第5化学防護隊(帯広駐屯地):第5旅団
  • 第11特殊武器防護隊(真駒内駐屯地):第11旅団
  • 第12化学防護隊(相馬原駐屯地):第12旅団
  • 第13特殊武器防護隊(海田市駐屯地):第13旅団
  • 第14特殊武器防護隊(善通寺駐屯地):第14旅団
  • 第15特殊武器防護隊(那覇駐屯地):第15旅団

職種学校

教育支援部隊

部隊詳細

師団司令部付隊化学防護小隊(編成順)

  • 第2師団司令部付隊化学防護小隊1988年(昭和63年)3月25日新編。
  • 第7師団司令部付隊化学防護小隊1988年(昭和63年)3月25日新編。
  • 第5師団司令部付隊化学防護小隊1989年(平成元年)3月24日新編。
  • 第11師団司令部付隊化学防護小隊1989年(平成元年)3月24日新編。
  • 第4師団司令部付隊化学防護小隊1990年平成2年)3月26日新編。
  • 第6師団司令部付隊化学防護小隊1990年平成2年)3月26日新編。
  • 第8師団司令部付隊化学防護小隊1990年平成2年)3月26日新編。
  • 第9師団司令部付隊化学防護小隊1990年平成2年)3月26日新編。
  • 第10師団司令部付隊化学防護小隊1991年(平成3年)3月29日新編。
  • 第12師団司令部付隊化学防護小隊1991年(平成3年)3月29日新編。
  • 第13師団司令部付隊化学防護小隊1991年(平成3年)3月29日新編。
  • 第1師団司令部付隊化学防護小隊1992年(平成4年)3月27日新編。
  • 第3師団司令部付隊化学防護小隊1992年(平成4年)3月27日新編。

混成団本部中隊化学防護小隊

  • 第2混成団本部中隊化学防護小隊1993年(平成05年)8月新編[4]

師団司令部付隊化学防護隊

  • 第7師団司令部付隊化学防護隊1994年(平成06年)3月28日新編。
  • 第6師団司令部付隊化学防護隊1999年(平成11年)3月29日新編。

旅団司令部付隊化学防護隊

  • 第14旅団司令部付隊化学防護隊2006年(平成18年)3月25日新編[4]
  • 第15旅団司令部付隊化学防護隊2010年(平成22年)3月26日新編。
  • 第5旅団司令部付隊第5化学防護隊2011年(平成23年)4月22日新編。
  • 第13旅団司令部付隊第13化学防護隊2013年(平成25年)3月26日新編。

師団化学防護隊

  • 第2化学防護隊2001年(平成13年)3月27日新編。
  • 第8化学防護隊2001年(平成13年)3月27日新編。
  • 第1化学防護隊2002年(平成14年)3月27日新編。
  • 第4化学防護隊2002年(平成14年)3月27日新編。
  • 第6化学防護隊2002年(平成14年)3月27日新編。
  • 第7化学防護隊2002年(平成14年)3月27日新編。
  • 第9化学防護隊2004年(平成16年)3月29日新編。
  • 第10化学防護隊2004年(平成16年)3月29日新編。
  • 第3化学防護隊2006年(平成18年)3月27日新編。

旅団化学防護隊

  • 第5化学防護隊2013年(平成25年)3月26日新編。
  • 第12化学防護隊2013年(平成25年)3月26日新編。
  • 第14化学防護隊2013年(平成25年)3月26日新編。

旅団司令部付隊特殊武器防護隊

  • 第11旅団司令部付隊第11特殊武器防護隊2011年(平成23年)4月22日新編。

師団特殊武器防護隊

  • 第4特殊武器防護隊2009年(平成21年)3月26日新編。
  • 第1特殊武器防護隊2010年(平成22年)3月26日新編。
  • 第6特殊武器防護隊2010年(平成22年)3月26日新編。
  • 第10特殊武器防護隊2013年(平成25年)3月26日新編。
  • 第3特殊武器防護隊2014年(平成26年)3月26日新編[5]
  • 第8特殊武器防護隊2014年(平成26年)3月26日新編。
  • 第2特殊武器防護隊2019年(平成31年)3月新編。

旅団特殊武器防護隊

  • 第15特殊武器防護隊2011年(平成23年)3月
  • 第11特殊武器防護隊2013年(平成25年)3月26日新編。
  • 第13特殊武器防護隊2014年(平成26年)3月26日新編。
  • 第14特殊武器防護隊:2016年(平成28年)3月26日新編。

第301化学発煙中隊

第301化学発煙中隊(だいさんまるいちかがくはつえんちゅうたい)は、1970年(昭和45年)8月に廃止された大宮駐屯地に駐屯していた陸上自衛隊化学学校隷下の化学科部隊である。

煙幕を構成することを目的とした部隊で1956年(昭和31年)1月に富士駐屯地で新編された。1957年(昭和32年)10月に富士駐屯地から大宮駐屯地へ移駐し、陸上自衛隊化学学校の隷下となったが1970年(昭和45年)8月に第101化学防護隊に改編された。

  • 編成(地):1956年(昭和31年)1月(富士駐屯地)
  • 上級部隊 :陸上自衛隊化学学校(1957年(昭和32年)10月15日編合)
  • 廃止(地):1970年(昭和45年)8月4日(大宮駐屯地)
  • 後継部隊 :第101化学防護隊

第2特殊武器防護隊

第2特殊武器防護隊(だいにとくしゅぶきぼうごたい)は、旭川市旭川駐屯地に駐屯する陸上自衛隊第2師団隷下の化学科部隊である。

1988年(昭和63年)3月に第2師団司令部付隊の隷下に化学防護小隊が陸上自衛隊の師団内の化学科部隊として初めて編成された。小隊本部、偵察班及び3個の除染班からなっていた。2001年(平成13年)3月に廃止され、師団司令部付隊から独立して師団直轄の第2化学防護隊に改編された。2019年(平成31年)3月に生物兵器に対する器材を装備されて第2特殊武器防護隊となった。

第2師団司令部付隊化学防護小隊

  • 編成(地):1988年(昭和63年)3月25日(旭川駐屯地)
  • 上級部隊 :第2師団司令部付隊
  • 廃止(地):2001年(平成13年)3月26日(旭川駐屯地)
  • 後継部隊 :第2化学防護隊

第2化学防護隊

  • 編成(地):2001年(平成13年)3月27日(旭川駐屯地)
  • 上級部隊 :第2師団
  • 廃止(地):2019年(平成31年)3月(旭川駐屯地)
  • 後継部隊 :第2特殊武器防護隊

第2特殊武器防護隊

  • 編成(地):2019年(平成31年)3月(旭川駐屯地)
  • 上級部隊 :第2師団

第3特殊武器防護隊

第3特殊武器防護隊(だいさんとくしゅぶきぼうごたい)は、千僧駐屯地に駐屯する陸上自衛隊第3師団隷下の化学科部隊である。

1992年(平成4年)3月に第3師団司令部付隊の隷下に化学防護小隊(定員約20名)が編成された。2006年(平成18年)3月に装備を化学防護車や除染車などを増強して師団司令部付隊から独立して師団直轄の第3化学防護隊(定員約50名)となった。2014年(平成26年)3月にNBC偵察車導入に伴い第3特殊武器防護隊に改編された。2等陸佐を隊長として隊本部、3個のCBRN小隊からなる。人員は約60名で、各小隊の装備はNBC偵察車、除染車等が配備され、小隊単位でCBRN対処ができるようになっている。

第3師団司令部付隊化学防護小隊

  • 編成(地):1992年(平成4年)3月27日(千僧駐屯地)
  • 上級部隊 :第3師団司令部付隊
  • 廃止(地):2006年(平成18年)3月26日(千僧駐屯地)
  • 後継部隊 :第3化学防護隊

第3化学防護隊

  • 編成(地):2006年(平成18年)3月27日
  • 上級部隊 :第3師団
  • 廃止(地):2014年(平成26年)3月25日(千僧駐屯地)
  • 後継部隊 :第3特殊武器防護隊

第3特殊武器防護隊

  • 編成(地):2014年(平成26年)3月26日(千僧駐屯地)
  • 上級部隊 :第3師団

沿革[編集]

  • 1953年(昭和28年)
  • 1954年(昭和29年)8月5日:化学教育隊が富士駐屯地に移駐。
  • 1956年(昭和31年)1月:第301化学発煙中隊富士駐屯地で新編。陸上自衛隊化学教育隊に隷属。
  • 1957年(昭和32年)
    • 10月1日:化学教育隊が大宮駐屯地に移駐。化学教育隊長が駐屯地司令に職務指定。
    • 10月15日:
      1. 化学教育隊が廃止、陸上自衛隊化学学校(大宮駐屯地)が新編。化学学校長が駐屯地司令に職務指定。
      2. 第301化学発煙中隊が富士駐屯地から大宮駐屯地へ移駐。陸上自衛隊化学学校の隷下に編合。
  • 1970年(昭和45年)8月5日:第301化学発煙中隊を改編し第101化学防護隊に称号変更。
  • 1988年(昭和63年)3月25日:
    1. 第2師団司令部付隊化学防護小隊を新編。
    2. 第7師団司令部付隊化学防護小隊を新編。
  • 1989年(平成元年)3月24日:
    1. 第5師団司令部付隊化学防護小隊を新編。
    2. 第11師団司令部付隊化学防護小隊を新編。
  • 1990年平成2年)3月26日:
    1. 第4師団司令部付隊化学防護小隊を新編。
    2. 第6師団司令部付隊化学防護小隊を新編。
    3. 第8師団司令部付隊化学防護小隊を新編。
    4. 第9師団司令部付隊化学防護小隊を新編。
  • 1991年(平成3年)3月29日:
    1. 第10師団司令部付隊化学防護小隊を新編。
    2. 第12師団司令部付隊化学防護小隊を新編。
    3. 第13師団司令部付隊化学防護小隊を新編。
  • 1992年(平成4年)3月27日:
    1. 第1師団司令部付隊化学防護小隊を新編。
    2. 第3師団司令部付隊化学防護小隊を新編。
  • 1993年(平成05年)8月:第2混成団本部中隊化学防護小隊を新編[4]
  • 1994年(平成06年)3月28日:第7師団司令部付隊の化学防護小隊を第7師団司令部付隊化学防護隊に改編。
  • 1999年(平成11年)3月29日:第6師団司令部付隊の化学防護小隊を第6師団司令部付隊化学防護隊に改編。
  • 2000年(平成12年)3月28日:第7師団司令部付隊化学防護隊補給整備班が第7後方支援連隊に併合。1個除染班がコア化する[6]
  • 2001年(平成13年)3月27日:
    1. 化学教導隊を教育支援部隊として陸上自衛隊化学学校の隷下に新編。
    2. 第101化学防護隊が東部方面隊に編合され直轄部隊となる。
    3. 第2師団司令部付隊化学防護小隊を師団直轄部隊として、第2化学防護隊に改編。
    4. 第8師団司令部付隊化学防護小隊を師団直轄部隊として、第8化学防護隊に改編。
  • 2002年(平成14年)3月27日:
    1. 第1師団司令部付隊化学防護小隊を師団直轄部隊として、第1化学防護隊に改編。
    2. 第4師団司令部付隊化学防護隊を師団直轄部隊として、第4化学防護隊に改編。
    3. 第6師団司令部付隊化学防護隊を師団直轄部隊として、第6化学防護隊に改編。
    4. 第7師団司令部付隊化学防護隊を師団直轄部隊として、第7化学防護隊に改編。
  • 2004年(平成16年)3月29日:
    1. 第9師団司令部付隊化学防護小隊を師団直轄部隊として、第9化学防護隊に改編。
    2. 第10師団司令部付隊化学防護小隊を師団直轄部隊として、第10化学防護隊に改編。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月25日 :第14旅団司令部付隊化学防護隊を新編[4]
    • 3月27日:
      1. 第3師団司令部付隊化学防護小隊を師団直轄部隊として、第3化学防護隊に改編。
      2. 第1混成団本部 第3科に「改編準備班」編成(旅団化準備)。
  • 2007年(平成19年)3月28日:
    1. 第101化学防護隊が第101特殊武器防護隊へ改称し、東部方面隊隷下から中央即応集団隷下に編合。
    2. 第1混成団「旅団化改編準備室」編成(第3科から独立)。
  • 2008年(平成20年)3月26日:
    1. 第101特殊武器防護隊を廃止し中央特殊武器防護隊に改編。隷下に第102特殊武器防護隊及び第103特殊武器防護隊を新編。
    2. 第1混成団旅団 化改編準備室の下に「化学防護隊準備班」編成。
  • 2009年(平成21年)3月26日:
    1. 第4化学防護隊を第4特殊武器防護隊に改編。
    2. 第1混成団「化学防護隊準備班」から「化学防護隊準備隊」へ改編。除染車を装備。
  • 2010年(平成22年)3月26日:
    1. 第1化学防護隊を第1特殊武器防護隊に改編。
    2. 第6化学防護隊を第6特殊武器防護隊に改編。
    3. 第15旅団新編。第15旅団司令部付隊化学防護隊新編。化学防護車、除染装置を装備。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月:第15旅団司令部付隊化学防護隊を廃止。第15特殊武器防護隊が新編。生物剤警報器を装備。
    • 4月22日:
      1. 第5化学防護小隊が旅団司令部付隊に隷属のまま、第5化学防護隊へ改称。
      2. 第11旅団司令部付隊第11化学防護隊を改編し、第11旅団司令部付隊第11特殊武器防護隊が編成完結。
  • 2012年(平成24年)3月:第15特殊武器防護隊を改編。生物偵察車を装備。
  • 2013年(平成25年)3月26日:
    1. 第10化学防護隊を第10特殊武器防護隊へ改編。
    2. 第5化学防護隊を第5旅団司令部付隊より独立新編。
    3. 第11特殊武器防護隊を第11旅団司令部付隊より独立新編。
    4. 第12化学防護隊を第12旅団司令部付隊より独立新編。
    5. 第13旅団司令部付隊化学防護小隊を司令部付隊に隷属のまま、第13化学防護隊に改組。
    6. 第14化学防護隊を第14旅団司令部付隊より独立新編。
  • 2014年(平成26年)3月26日:
    1. 第3化学防護隊をNBC偵察車導入に伴い第3特殊武器防護隊に改編[5]8
    2. 第8化学防護隊を第8特殊武器防護隊に改編。
    3. 第13化学防護隊が第13旅団司令部付隊から独立し第13特殊武器防護隊に改編。
  • 2016年(平成28年)3月26日:第14化学防護隊を第14特殊武器防護隊に改編。
  • 2018年(平成30年)3月27日:中央特殊武器防護隊を中央即応集団廃止に伴い陸上総隊隷下に編合。
  • 2019年(平成31年)3月:第2化学防護隊を第2特殊武器防護隊に改編。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 政党や一部住民により行われていた反対運動であり、これに関しての出典は:第101化学防護隊の歴史及び地下鉄サリン事件へ出動した隊員による手記等
  2. ^ 住民は当該政党や団体などから世論誘導された住民等
  3. ^ 随時特殊武器防護隊へ改編
  4. ^ a b c d “[https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/14b/butaisyoukai/kakubutai/15_cml/01_history.htm 14NBC_���v]”. www.mod.go.jp. 2020年6月14日閲覧。
  5. ^ a b 任務・概要”. 第3特殊武器防護隊公式ホームページ. 2020年3月3日閲覧。
  6. ^ 化防隊の歴史”. 第7課防護隊公式ホームページ. 2020年3月3日閲覧。
  7. ^ 平成22年防衛白書 ISBN 9784324091487

外部リンク[編集]