青森駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青森駐屯地
出入口付近
出入口付近
所在地 青森県青森市大字浪館字近野45
座標 北緯40度48分40秒
東経140度42分33秒
座標: 北緯40度48分40秒 東経140度42分33秒
駐屯地司令 第9師団副師団長 兼務
主要部隊 第9師団司令部
第5普通科連隊
第9化学防護隊 ほか
開設年 1951年
テンプレートを表示

青森駐屯地(あおもりちゅうとんち、JGSDF Camp Aomori)は、青森県青森市大字浪館字近野45に所在し、第9師団司令部等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。本州最北端の駐屯地にして、本州北部の交通結節終着点であり、国際海峡(特定海域)である津軽海峡を眼前に望む国家防衛の要衝である。また、国のエネルギー政策の一環として原子力事業の関連施設が下北半島一帯に存在しており、これらの有事に対する備えも重要である。

最寄の演習場は、小谷演習場と六ヶ所対空射撃場。駐屯地司令は、第9師団副師団長が兼務。

沿革[編集]

  • 1951年昭和26年)
  • 1952年(昭和27年)
    • 3月6日:第5連隊主力が移駐。
    • 10月15日:保安隊発足。
  • 1954年(昭和29年)6月30日陸上自衛隊へ移管[2]
  • 1956年(昭和31年)
    • 5月31日:第5普通科連隊が八戸駐屯地へ移駐。
    • 12月1日:第9混成団が新編され、当駐屯地に司令部を新設。
  • 1962年(昭和37年)
    • 8月14日:第5普通科連隊が再び移駐。
    • 8月15日:第9混成団が第9師団へ改編。
  • 1990年平成02年)3月26日:第9後方支援連隊が新編。
  • 2004年(平成16年)3月27日:第9化学防護隊が新設。
  • 2010年(平成22年)3月26日:第9後方支援連隊が八戸駐屯地へ移駐。輸送隊と衛生隊は残留した。

駐屯部隊[編集]

第9師団隷下部隊[編集]

東北方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第9師団創立52周年・青森駐屯地創立63周年記念行事”. 2016年5月1日閲覧。 “平成26年5月31日(土)及び6月1日(日)の2日間にわたり「第9師団創立52周年・青森駐屯地創立63周年記念行事」を挙行した。”
  2. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1954年6月30日). 2016年5月1日閲覧。

関連項目[編集]