和歌山駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
和歌山駐屯地
所在地 和歌山県日高郡美浜町和田1138
座標 北緯33度53分39秒
東経135度07分28秒
駐屯地司令 第304水際障害中隊長 兼務
主要部隊 第304水際障害中隊
ほか
開設年 1962年
テンプレートを表示

和歌山駐屯地(わかやまちゅうとんち、JGSDF Camp Wakayama)は和歌山県日高郡美浜町和田1138に所在し、第304水際障害中隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。北には海上自衛隊由良基地が、美浜町内には同紀伊警備所呉地方隊 阪神基地隊 )が所在しており、更に南には串本分屯基地(第5警戒隊)があり、各部隊の規模は小さいが紀伊半島における防衛の要衝でもある。

和歌山駐屯地は東西約200メートル、南北約80メートル、面積約16,000平方メートルの日本一小さい陸上自衛隊駐屯地である[1]駐屯地司令は、第304水際障害中隊長が兼務。

沿革[編集]

  • 1953年(昭和28年)の紀州大水害(7.18水害)に端を発し、1961年(昭和36年)5月に地元は災害多発地帯である和歌山県下に自衛隊の誘致を表明し、同年6月には美浜町和田地内煙樹ヶ浜の松林を候補地として調整が進められる[1]
  • 1961年(昭和36年)10月10日、大久保駐屯地で編成された第323地区施設隊と第418会計隊は列車で移動し御坊駅に到着、地元民に歓迎される中到着する。同年12月1日に開庁式が挙行された。[1]
  • 1962年(昭和37年)10月10日:和歌山分屯地として設置された[2]
  • 1966年(昭和41年)2月21日に和歌山駐屯地に昇格[3]する。
  • 1968年(昭和43年)2月22日に中部方面調査隊和歌山分遣隊が、3月1日に第412基地通信隊がそれぞれ移駐している。
  • 1972年(昭和47年)3月に第323地区施設隊が第7施設群に編合される。
  • 1975年(昭和50年)3月26日に第412基地通信隊は第318基地通信中隊和歌山派遣隊に改編される。
  • 1990年(平成2年)3月26日に第4施設団隷下に編入され、1993年(平成5年)3月30日に第303施設隊に改編される。
  • 2004年(平成16年)3月29日に第304水際障害中隊に改編、同じ日に第104施設直接支援大隊第2直接支援中隊和歌山派遣隊が新設され、2008年(平成20年)3月29日第131警務隊和歌山連絡班が新設される[1]

駐屯部隊[編集]

  • 第7施設群)第304水際障害中隊
  • 中部方面後方支援隊第104施設直接支援大隊)
    • 第2直接支援中隊和歌山派遣隊
  • 第398会計隊和歌山派遣隊
  • 第318基地通信中隊和歌山派遣隊
  • 第131地区警務隊和歌山連絡班

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 陸上自衛隊 第3師団広報紙 3師団だより 6月号(広報紙第13号) (PDF)”. 防衛省・自衛隊. p. 10 (2010年6月). 2017年3月22日閲覧。
  2. ^ 『陸上自衛隊20年年表』 朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、1971年9月20日、113頁。
  3. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和40年12月27日政令第381号)
  4. ^ 「表10-37 関西電力の50万V送電線の概要(昭和61年3月末)」『関西地方電気事業百年史』 関西地方電気事業百年史編纂委員会(関西電力株式会社内)、1987年10月25日、865頁。
  5. ^ 「表II-3-33 関西電力の50万V送電線路の拡大(昭和49-55年)」『関西電力五十年史』 関西電力株式会社、2002年3月、552頁。