岐阜分屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岐阜分屯地(ぎふぶんとんち、JGSDF Vice-Camp Gifu)は、岐阜県各務原市那加官有無番地に所在し、陸上自衛隊第6施設群第402施設中隊等が駐屯する、守山駐屯地の分屯地である。

航空自衛隊岐阜基地に併設されている。同分屯地北西部の岐阜市に日野基本射場がある。

分屯地司令は第402施設中隊長が兼務する。駐屯地業務隊及び会計隊は有しておらず、守山駐屯地から人員が派遣されている。

なお、岐阜分屯地以前は、岐阜駐屯地として、岐阜市加納城跡(現在は国史跡)に存在していた。

沿革[編集]

  • 1955年(昭和30年)1月10日:岐阜駐屯地開設[1]
  • 1960年(昭和35年)3月25日:第313地区施設隊、豊川駐屯地にて新編。
  • 1964年(昭和39年)3月24日:第313地区施設隊、豊川駐屯地より移駐。
  • 1975年(昭和50年)3月1日:岐阜駐屯地を廃止[2]し、航空自衛隊岐阜基地の隣に守山駐屯地岐阜分屯地を新設。第313地区施設隊を岐阜分屯地に。
    なお旧岐阜駐屯地に駐屯していた、第10対戦車隊は春日井駐屯地に移駐。第309基地通信隊および第385会計隊は廃止となる。
  • 1990年(平成3年)3月:第313地区施設隊を廃止し、第6施設群第348施設中隊を新設。
  • 2004年(平成16年)3月:第6施設群第348施設中隊を廃止。第6施設群第369施設中隊に改編。
  • 2019年3月:第6施設群第369施設中隊を廃止し、第402施設中隊を新編。

駐屯部隊[編集]

中部方面隊隷下部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和29年12月28日政令第330号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2017年1月6日閲覧。
  2. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和50年2月12日政令第16号)”. 法庫. 2017年1月6日閲覧。