飯塚駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飯塚駐屯地
所在地 福岡県飯塚市津島282
座標 北緯33度40分42秒
東経130度40分37秒
駐屯地司令 第2高射特科団長 兼務
主要部隊 第2高射特科団本部
第3高射特科群
第2施設群 ほか
開設年 1966年2月
テンプレートを表示

飯塚駐屯地(いいづかちゅうとんち、JGSDF Camp Iiduka)とは、福岡県飯塚市津島282に所在し、第2高射特科団等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。最寄の演習場は、西山訓練場駐屯地司令は、第2高射特科団長が兼務。

沿革[編集]

  • 1966年(昭和41年)2月21日:飯塚駐屯地開設[1]
  1. 第5施設団により建設された新駐屯地に第5施設団隷下の第2施設群本部が小郡から移駐。第2施設群長が駐屯地司令に職務指定[2]
  2. 第108施設大隊・第422会計隊・第394基地通信隊が小倉から移駐[2]
  3. 第3特科群第114特科大隊が玖珠から移駐[2]
  • 3月1日:隊区担当部隊長として筑豊警備隊区(4市20町1村)を第19普通科連隊長から申し受け、第4師団長の指揮を受けることとなる[2]
  1. 第2高射団新編。団本部、本部付隊を駐屯地に新編。第2高射団長が駐屯地司令に職務指定[2]
  2. 第9施設群新編に伴い、第106施設大隊が第9施設群に改称。残存した第108施設大隊は第2施設群に改称。
  • 9月10日:第304無線誘導機隊(北熊本)を編合[2]
  • 1976年(昭和51年)8月20日:称号統一のため、第2高射団から第2高射特科団に改称[2]
  • 1978年(昭和53年):第304無線誘導機隊が北熊本より移駐[2]
  • 1981年(昭和56年)8月:第2施設群第306ダンプ中隊が廃止[2]
  • 2000年(平成12年)3月28日:第2施設群に第304坑道中隊を編成。
  • 2003年(平成15年)3月27日:第2施設群を機能別中隊に改編。第320~第322、第344施設中隊、第310施設機材中隊を廃止。第365~第368施設中隊を新設。
  • 2010年(平成22年)3月26日:西部方面情報隊新編により、同隊隷下に西部方面無人偵察機隊が新編。
  • 2019年(平成31年)3月26日:奄美駐屯地発足により、第3高射特科群第344高射中隊が同駐屯地に移駐。

駐屯部隊[編集]

西部方面隊隷下部隊・機関[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]