米子駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
米子駐屯地
所在地 鳥取県米子市両三柳2603
座標 北緯35度27分23秒 東経133度19分34秒 / 北緯35.45639度 東経133.32611度 / 35.45639; 133.32611座標: 北緯35度27分23秒 東経133度19分34秒 / 北緯35.45639度 東経133.32611度 / 35.45639; 133.32611
駐屯地司令 第8普通科連隊長
開設年 1950年
テンプレートを表示

米子駐屯地(よなごちゅうとんち、JGSDF Camp Yonago)は、鳥取県米子市両三柳2603に所在し、第8普通科連隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地。駐屯地北側に接する国道431号を越えた場所に野外訓練場がある。

最寄の演習場は、日光演習場。駐屯地司令は、第8普通科連隊長が兼務。

沿革[編集]

米子駐屯地納涼祭
  • 1950年(昭和25年)8月:米子市議会が警察予備隊の駐屯を要請
    • 11月:広島県海田市駐屯地から36名の設営隊到着
    • 12月:舞鶴市(松ヶ崎キャンプ)から989名、呉市(広キャンプ)から15名移駐、逓信省航空機乗員養成所跡地に警察予備隊米子駐屯部隊新編
  • 1951年(昭和26年)12月:米子駐屯部隊は、第8連隊第3大隊と改称
  • 1952年(昭和27年)1月:広島県福山駐屯地からの移駐に伴い、第8連隊第3大隊は、第7連隊第2大隊と改称
  • 1954年(昭和29年)7月1日:陸上自衛隊へ移管[1]
  • 1955年(昭和30年)10月:第7連隊第2大隊の兵庫県伊丹駐屯地への移駐に伴い、再び第8連隊第2大隊に改称
  • 1962年(昭和37年)1月:第13師団創設に伴い、第8連隊3大隊を基幹部隊として連隊本部が海田市から、第1大隊が出雲から移駐し、現在の名称「第8普通科連隊」として新編
  • 1975年(昭和50年)3月:第8普通科連隊本部及び本部管理中隊改編
  • 1999年(平成11年)3月:師団から旅団への改編により軽普通科連隊化
  • 2008年(平成20年)3月:第13旅団改編(即応近代化旅団)
  • 2010年(平成22年)10月:米子駐屯地創設60周年
  • 2018年(平成30年)3月:航空自衛隊美保基地内に美保分屯地を開設。

駐屯部隊[編集]

第13旅団隷下部隊[編集]

中部方面総監隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2016年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]