千僧駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千僧駐屯地
駐屯地正門
駐屯地正門
所在地 兵庫県伊丹市広畑1-1
座標 北緯34度47分21秒 東経135度24分15秒 / 北緯34.78917度 東経135.40417度 / 34.78917; 135.40417座標: 北緯34度47分21秒 東経135度24分15秒 / 北緯34.78917度 東経135.40417度 / 34.78917; 135.40417
駐屯地司令 第3師団副師団長 兼任
主要部隊 第3師団司令部
第3後方支援連隊ほか
開設年 1952年
テンプレートを表示

千僧駐屯地(せんぞちゅうとんち、JGSDF Camp Senzo)は日本近畿地方兵庫県伊丹市広畑1-1に所在し、第3師団司令部等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。最寄の演習場は、長尾山演習場。駐屯地司令は、第3師団副師団長が兼務。至近距離に伊丹駐屯地川西駐屯地がある。「千僧」という語は地元の千僧と同じく、「せんぞ」と読むが、かつての陸上自衛隊のウェブサイトでは「せんぞう」と振り仮名がついていた[1]。この誤りは2014年から残り続け、2016年7月29日に訂正された[1]

沿革[編集]

  • 1952年昭和27年)1月:千僧駐屯地開設により、第3施設大隊及び第3武器中隊が善通寺駐屯地から移駐。
  • 1954年(昭和29年)7月1日:陸上自衛隊へ移管[2]
  • 1959年(昭和34年)12月20日:第3管区総監部が伊丹駐屯地から移駐。
  • 1962年(昭和37年)
  • 1970年(昭和45年)3月10日:第3師団が甲師団に改編。
  • 1975年(昭和50年)8月1日:師団改編に伴い、第3師団音楽隊が正規編成となり第3音楽隊が新編。
  • 1992年(平成04年)3月27日:第3武器隊・第3補給隊・第3輸送隊・第3衛生隊を統合し、第3後方支援連隊が新編。衛生隊が大津駐屯地から移駐。
  • 1994年(平成06年)3月28日:第3師団の乙師団への改編に伴い、第3施設大隊が大久保駐屯地へ移駐。
  • 2006年(平成18年)3月27日:即応近代化師団(政経中枢型)への改編に伴い、師団司令部付隊化学防護小隊が第3特殊武器防護隊として新編。

駐屯部隊[編集]

第3師団隷下部隊[編集]

中部方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

災害派遣等[編集]

平成7年の阪神淡路大震災、平成9年のナホトカ号重油流出事故、平成16年の鳥インフルエンザ防疫作業、新潟県中越地震、平成17年のJR福知山線脱線事故などの災害派遣UNDOF派遣、イラク人道復興支援などの国際貢献に積極的に参加した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “(Re : お答えします@兵庫)陸自「千僧」駐屯地の読みは「せんぞう」?”. 朝日新聞 朝刊 兵庫県面 (朝日新聞社). (2016年8月14日) 
  2. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2016年5月9日閲覧。