新町駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新町駐屯地
所在地 群馬県高崎市新町1080
座標 北緯36度16分14秒
東経139度6分57秒
駐屯地司令 第12後方支援隊長 兼務
主要部隊 第12後方支援隊ほか
開設年 1951年
テンプレートを表示

新町駐屯地(しんまちちゅうとんち、JGSDF Camp Shinmachi)は、群馬県高崎市新町1080に所在し、第12後方支援隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。最寄の演習場は、相馬原演習場。駐屯地司令は、第12後方支援隊長が兼務。隷属する分屯地として吉井分屯地がある。

沿革[編集]

  • 1951年(昭和26年)8月20日:青柳製作所の跡地に駐屯地が開設され、警察予備隊が駐屯[1]
  • 1952年(昭和27年)
  • 1953年(昭和28年)
  • 1954年(昭和29年)
    • 1月19日:部隊改編により、第2連隊第3大隊が第1連隊第2大隊に改編、第2大隊長が駐屯地部隊長に職務指定。
    • 7月1日:陸上自衛隊へ移管[4]
    • 8月12日:第1偵察中隊が相馬原駐屯地へ移駐。
    • 10月10日:第1偵察中隊が相馬原駐屯地から移駐。
  • 1956年(昭和31年)1月25日:第13普通科連隊発足により、第1普通科連隊第2大隊が第13普通科連隊に第3大隊として編入。第3大隊長が駐屯地司令に職務指定。
  • 1959年(昭和34年)3月31日:第1偵察中隊が相馬原駐屯地へ移駐。
  • 1962年(昭和37年)1月18日:第1管区隊の師団制移行への改編。
  1. 第13普通科連隊第3大隊を基幹として第34普通科連隊が編成完結、第34普通科連隊は板妻分屯地へ移駐。
  2. 第12師団新編により隷下に第12施設大隊、第12対戦車隊、第12補給隊、第12衛生隊が編成され駐屯。第12施設大隊長が駐屯地司令に職務指定。
  • 2001年(平成13年)3月27日:第12師団の旅団への改編に伴い、隷下部隊をそれぞれ改編。第12後方支援隊長が駐屯地司令に職務指定。
  1. 第12後方支援連隊 → 第12後方支援隊(定員は変化無し)
  2. 第12対戦車隊 → 第12対戦車中隊(定員は変化無し)
  3. 第12施設大隊 → 第12施設中隊(中隊への改編に伴い定員は若干減少したものの部隊の充足率は向上)
  • 2013年(平成25年)3月26日:第12施設中隊が第12施設隊に改編された。

駐屯部隊[編集]

第12旅団隷下部隊[編集]

東部方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝雲新聞社編集局 (2000, p. 249)
  2. ^ 保安庁法施行令及び保安庁職員給与法施行令の一部を改正する政令(昭和27年政令第437号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1952年10月15日). 2018年4月2日閲覧。
  3. ^ a b 朝雲新聞社編集局 (2000, p. 250)
  4. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1954年6月30日). 2016年5月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 朝雲新聞社編集局、(2000)、『波乱の半世紀 陸上自衛隊の50年』、朝雲新聞社

外部リンク[編集]