大村駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大村駐屯地
所在地 長崎県大村市西乾馬場町416
座標 北緯32度55分31秒 東経129度57分20秒 / 北緯32.92528度 東経129.95556度 / 32.92528; 129.95556座標: 北緯32度55分31秒 東経129度57分20秒 / 北緯32.92528度 東経129.95556度 / 32.92528; 129.95556
駐屯地司令 第16普通科連隊長
開設年 1952年
テンプレートを表示

大村駐屯地(おおむらちゅうとんち、JGSDF Camp Omura)とは、長崎県大村市西乾馬場町416に所在し、第16普通科連隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。駐屯地北側に屋内射場がある。

最寄の演習場は、大多武演習場大野原演習場駐屯地司令は、第16普通科連隊長が兼務。

沿革[編集]

  • 1896年(明治29年):熊本に旧陸軍歩兵第46連隊が設置、翌年に大村に移駐。
  • 1947年(昭和22年):米海兵隊第3大隊が移駐。翌年には長崎大学学芸学部校舎に転用される。
  • 1952年(昭和27年)7月1日:警察予備隊の大村駐屯地として新設。
  • 1954年(昭和29年)7月1日:1952年(昭和27年)10月保安隊を経て、陸上自衛隊へ移管[1]
  • 1963年(昭和38年):第5陸曹教育隊が移駐する。
  • 1974年(昭和49年):第5陸曹教育隊が相浦駐屯地へ戻り、竹松駐屯地から第4施設大隊が移駐。

駐屯部隊[編集]

第4師団隷下部隊[編集]

西部方面総監直轄部隊・機関[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1954年6月30日). 2016年5月4日閲覧。

外部リンク[編集]