西部方面航空隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
西部方面航空隊
創設 1956年(昭和31年)1月25日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 航空科
所在地 熊本県 上益城郡益城町
編成地 小月
上級単位 西部方面隊
担当地域 九州南西諸島
テンプレートを表示

西部方面航空隊(せいぶほうめんこうくうたい、JGSDF Western Army Aviation Group)は、熊本県上益城郡益城町高遊原分屯地に駐屯する、陸上自衛隊西部方面隊直轄の航空科部隊。対戦車ヘリコプターによる戦闘及び方面隷下の各部隊に対する航空偵察・空中機動・航空輸送・指揮連絡等を主任務とする。主力は高遊原分屯地に、第3対戦車ヘリコプター隊は目達原駐屯地にそれぞれ駐屯している。飛行場運用を担当する管制気象隊のみ管内各飛行場単位で配置されている。

沿革[編集]

  • 1956年(昭和31年)1月25日 - 小月航空基地にて「西部方面航空隊」が新編。
  • 1957年(昭和32年)8月20日 - 小月航空基地から託麻原分屯地(旧熊本空港所在地)に移駐。
  • 1962年(昭和37年)1月18日 - 目達原駐屯地の第4管区第4航空隊を隷下に編入し、第4飛行隊に改編。第8飛行隊と西部方面飛行隊を新編。
  • 1968年(昭和43年)3月1日 - 西部方面ヘリコプター隊を新編。
  • 1971年(昭和46年)4月20日 - 熊本空港移転に伴い、託麻原分屯地を廃止し、高遊原分屯地開設。西部方面航空隊は託麻原分屯地ら高遊原駐屯地に移駐。第8飛行隊と西部方面飛行隊が目達原駐屯地から高遊原分屯地に移駐。
  • 1990年(平成02年)3月26日 - 第3対戦車ヘリコプター隊を新編。
  • 1994年(平成06年)3月28日 - 第4飛行隊が第4師団の隷下に、第8飛行隊が第8師団の隷下に編入。西部方面飛行隊を西部方面航空隊本部付隊に改編。
  • 2002年(平成14年)3月25日 - 西部方面ヘリコプター隊第3飛行隊のKV-107IIA-4がラストフライト。陸上自衛隊でのKV-107II運用終了[1]
  • 2010年(平成22年)3月12日 - 第3対戦車ヘリコプター隊にAH-64Dが配備。
  • 2018年(平成30年)2月5日 - 第3対戦車ヘリコプター隊に所属しているAH-64Dが神埼市の住宅に墜落し、機長と副操縦士の2名が殉職、住宅にいた女子小学生が膝を打撲する事故が起きた。

部隊編成[編集]

特記無いものは高遊原分屯地内に所在している。

  • 西部方面航空隊
    • 西部方面航空隊本部付隊
    • 第3対戦車ヘリコプター隊(目達原駐屯地)
      • 本部付隊
      • 第1飛行隊
      • 第2飛行隊
    • 西部方面ヘリコプター隊(目達原駐屯地、第3飛行隊のみ高遊原分屯地)
      • 本部付隊
      • 第1飛行隊
      • 第2飛行隊
      • 第3飛行隊
    • 西部方面管制気象隊
      • 基地隊
      • 第1派遣隊(目達原駐屯地)
    • 西部方面航空野整備隊
      • 整備隊
      • 補給隊

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
西部方面航空隊長
兼 高遊原分屯地司令
1等陸佐 伊東佳哉 2017年03月23日 陸上幕僚監部運用支援・情報部情報課
地域情報班長
副隊長 1等陸佐 岩崎由樹 2017年12月01日 陸上自衛隊航空学校企画室長
歴代の西部方面航空隊長
(特記ない限り1等陸佐・高遊原分屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
  谷口正義
(2等陸佐)
00000000日 - 1959年11月05日 陸上自衛隊航空学校教育部長
  山口義輔
(2等陸佐)
1959年11月06日 - 1962年03月15日 陸上幕僚監部第5部勤務 東北方面航空隊
野村浩三
(2等陸佐)
1962年03月16日 - 1966年07月15日 西部航空方面隊 陸上自衛隊航空学校総務部長
高久久雄 1966年07月16日 - 1968年07月15日
※1967年01月01日 1等陸佐昇任
陸上幕僚監部航空課勤務 陸上自衛隊航空学校整備部長
能勢忠典 1968年07月16日 - 1970年07月15日 陸上幕僚監部付 陸上幕僚監部第3部研究班長
村上武 1970年07月16日 - 1973年07月15日 陸上自衛隊航空学校研究部長 東北方面総監部総務課勤務
高橋進 1973年07月16日 - 1975年07月15日 西部方面航空隊副隊長 第4師団司令部勤務
鈴木信之 1975年07月16日 - 1977年03月15日 陸上自衛隊航空学校研究部長 東部方面総監部総務課勤務
黒瀬多聞 1977年03月16日 - 1978年07月31日 西部方面航空隊副隊長 陸上自衛隊幹部学校勤務
中山公夫 1978年08月01日 - 1980年06月30日
※1980年04月01日 陸将補昇任
第1ヘリコプター団副団長 第1ヘリコプター団長
木更津駐とん地司令
前田榮滿 1980年07月01日 - 1981年03月06日 陸上自衛隊航空学校第1教育部長 西部方面総監部
中山榮男 1981年03月07日 - 1982年06月30日 陸上自衛隊航空学校研究部長 陸上幕僚監部装備部航空機課長
浅香正毅 1982年07月01日 - 1986年03月16日 陸上自衛隊航空学校総務部長 東部方面総監部勤務
大上正美 1986年03月17日 - 1988年07月31日 東北方面航空隊副隊長 陸上自衛隊航空学校第1教育部長
坂正興 1988年08月01日 - 1990年07月31日 東北方面航空隊副隊長 東北方面総監部勤務
釘宮初男 1990年08月01日 - 1992年03月15日 西部方面航空隊副隊長 東部方面総監部付
田島勝征 1992年03月16日 - 1994年07月31日 西部方面航空隊副隊長 第1ヘリコプター団副団長
岩崎修治 1994年08月01日 - 1996年11月30日 北部方面総監部調査部調査課長 陸上自衛隊武器補給処航空部長
矢崎良博 1996年12月01日 - 1998年07月31日 陸上幕僚監部人事部人事計画課
制度班長
陸上自衛隊補給統制本部航空部長
黒木信行 1998年08月01日 - 2000年07月31日 陸上自衛隊航空学校総務部長 東部方面総監部勤務
古本和彦 2000年08月01日 - 2002年12月01日 陸上幕僚監部教育訓練部教育課
学校第2班長
自衛隊旭川地方連絡部
下池賢一 2002年12月02日 - 2005年03月31日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 帯広駐屯地業務隊長
川口博司 2005年04月01日 - 2007年12月02日 自衛隊長野地方連絡部長 統合幕僚監部総務部総務課長
服部正 2007年12月03日 - 2009年07月31日 統合幕僚監部防衛計画部防衛課
防衛班長
陸上幕僚監部装備部航空機課長
沖邑佳彦 2009年08月01日 - 2010年11月30日 陸上幕僚監部防衛部防衛課
防衛班長
陸上幕僚監部教育訓練部
教育訓練計画課長
田尻祐介 2010年12月01日 - 2012年07月25日 陸上自衛隊研究本部研究員 統合幕僚監部防衛計画部計画課長
酒井秀典 2012年07月26日 - 2013年12月17日 陸上自衛隊研究本部研究員 陸上幕僚監部運用支援・情報部
情報課長
佐々木博茂 2013年12月18日 - 2015年11月30日 第1ヘリコプター団副団長 陸上自衛隊航空学校宇都宮分校長
北宇都宮駐屯地司令
吉浦健志 2015年12月01日 - 2017年03月22日 統合幕僚監部運用部運用第2課
国際地域調整官
陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
伊東佳哉 2017年03月23日 - 陸上幕僚監部運用支援・情報部
情報課地域情報班長

主要装備[編集]

過去の装備[編集]

出典[編集]

  1. ^ イカロス出版 Jwing No.46 2002年6月号 24頁-25頁 「陸上自衛隊・最後の「バートル」KV-107II引退!!」石原肇

防衛省人事発令”. 2015年12月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

西部方面ヘリコプター隊 第3対戦車ヘリコプター隊